誰にも内緒で借りたい!在籍確認と郵送物に注意すれば会社バレ、家族バレなし!

カードローンを利用する際に、借り手として心配になるのが在籍確認と郵送物です。

カードローン審査の在籍確認のために、自分の勤務先に電話連絡があれば、会社の上司や同僚、部下にバレる心配があります、郵送物としてカードや契約書類が送られてくれば、それはそれで、家族に郵送物を勝手に開封される恐れがあります。

誰にも内緒でお金を借りたい、という方は、カードローン契約における在籍確認と郵送物の自宅郵送は気になるところではないでしょうか。

なので、こちらの項目では誰にも内緒でお金を借りる方法についてレクチャーしたいかと思います。

まずは、カードローン審査の重要項目の一つである在籍確認から説明していきましょうか。

カードローンの在籍確認は、原則、電話連絡

自分以外の第三者に知られずにお金を借りるために、まず注目しておきたいのは、審査における在籍確認です。

在籍確認は、銀行カードローンであろうと、消費者金融のカードローンであろうと、原則的には、会社への電話連絡によって行います。

会社に電話連絡がある、と聞くと、職場の人間にお金を借りることがバレてしまいそうで不安になりますよね。

職場の人間に、お金に困っていることがバレてしまうと、今後の人間関係がギクシャクしてしまう恐れがありますし、場合によっては、今後の昇進に響く恐れもあるでしょう。

ちょっとお金を借りるだけなのに、そのことが噂として広まってしまうと、「あいつはたくさん借金があるらしいよ」とか「生活費にも苦労しているらしいよ」とか、噂に尾ひれはひれがついて面倒なことになってしまいかねません。

お金の問題というのは非常にデリケートな問題ですので、自分以外の関係のない誰かに、勝手な噂を立てられるのは不愉快な気分になりますよね。

このような顧客の事情については銀行や消費者金融は熟知していますので、担当者は顧客の勤務先へ電話連絡をするときは、個人名を名乗って電話連絡をすることになるので、会社バレを気にされている方は安心して電話連絡を受けても大丈夫ですよ。

個人名を名乗って電話連絡をしてもらえれば、電話を取り次いでくれた会社の人にも、知り合いからかかってきた電話だと思ってもらえますよね。

とはいえ、内勤の方や、まだ会社に勤めて日が浅い方など、会社に個人宛てで電話連絡があることが不自然な場合もあります。

このような方は、いくらカードローンの契約をするためとはいえ、在籍確認で会社に電話連絡をされるのが困るのではないでしょうか。

会社に電話連絡をされたくない方には、銀行カードローンよりは消費者金融のカードローンの方がおすすめです。

なぜなら、銀行カードローンの審査では、原則として、会社への電話連絡がありますが、消費者金融のカードローンの場合、在籍確認を会社への電話連絡ではなく、保険証や社員証、収入証明書類などの写しの提出によって行ってくれる場合があるからです。

たとえば、大手消費者金融の一つであるSMBCモビットは、WEB完結申込みという申込み方法があり、こちらを利用すれば、審査における会社への電話連絡がなし、カードや契約書類などの郵送物もなし、で借り入れ契約を結ぶことができますよ。

審査の際に会社への電話連絡がなし、また、カードなどの郵送物もなし、ならば、会社バレや家族バレを避けることが可能ですよね。

なので、もし、他人に知られることなくお金を借りたいという方がいらっしゃるならば、SMBCモビットの利用を検討するのも良いでしょう。

在籍確認なし、で契約ができるカードローンは?

会社にお金を借りることを内緒にしておきたい方は、在籍確認なしで契約できるカードローンをお探しのことかと思います。

しかしながら、前述したように、銀行や消費者金融のカードローン審査における在籍確認は、原則として、顧客の勤務先への電話連絡をすることによって行われます。

一部、SMBCモビットのようにWEB完結申込みを利用すれば、在籍確認を収入証明書類の写しで行ってくれる金融機関もありますが、やはり、他の銀行や消費者金融では、在籍確認は勤務先へ電話連絡をすることになるんですよね。

特に、銀行のカードローン審査における在籍確認は、ほぼ確実に顧客の勤務先へ電話連絡をすることになります。

また、銀行の場合、担当者が個人名ではなく、銀行名を名乗るところもありますので、「銀行名を名乗られるとマズイ」という方は注意しておいた方が良いでしょう。

とはいえ、銀行の場合は、銀行カードローン以外にもクレジットカードや投資信託、保険や定期預金など、別の金融商品も取り扱っていますので、仮に銀行から自分宛てに電話連絡がきたとしても、その電話一本でお金を借りることがバレるというようなことはないかと思います。

もし、銀行カードローンを利用するときに、会社への電話連絡で会社バレが心配だ、という方は、あらかじめ、電話を取り次ぐだろう人に、「今日、銀行から預金(ないしクレジットカード)契約のことで確認の電話がくるんだよ」と前もって話しておく、というのも良いでしょう。

このようなクッションを一つ入れておけば、銀行から電話連絡がきても、不安になることなく在籍確認の電話連絡を受けることができますよね。

在籍確認は書類でも可能か?

先ほど紹介させていただいたSMBCモビットは、WEB完結申込みを利用して申込みをすれば、審査の際に会社へ電話連絡がなし、となります。

なので、会社バレが気になる方はSMBCモビットの利用がおすすめと申し上げましたが、実は、SMBCモビット以外にも在籍確認を書類で行なってくれる消費者金融はあります。

在籍確認は、ほぼ確実に顧客の勤務先に電話連絡を行う銀行に対して、消費者金融の場合は、担当者に在籍確認を不安に感じている旨を相談すれば、書類による在籍確認を行ってくれる場合があるんです。

たとえば、消費者金融の大手であるアコム、アイフルなどは、SMBCモビットと同様に在籍確認を書類で行ってくれる可能性がある消費者金融です。

アコム、アイフルは、審査の際に担当者に相談することで、在籍確認を勤務先への電話連絡ではなく、保険証や直近の給与明細書の写しなどの提出などによって行ってもらえた、という報告も多数寄せられています。

なので、どうしても会社に電話連絡をしてもらいたくない、という方は、アコム、アイフルに申し込む際に、書類で在籍確認を行なってもらえないかどうかを頼んでみるのもおすすめです。

なぜ、WEB完結申込みが利用できるSMBCモビットだけでなく、アコムやアイフルのような消費者金融も紹介しておくのかといいますと、それは、アコムやアイフルの提供している金利優遇サービスにその理由の一端があります。

アコム、アイフルは、初回の申込みならば最大30日間の金利ゼロサービスが適用されるので、利息の返済の面で非常にお得なんですよね。

SMBCモビットはWEB完結申込みはとても頼りになりますが、無利息期間はありません。

よって、少しでも支払う利息を抑えたい、家計に優しいカードローンを利用したいのであれば、SMBCモビットよりもアコムやアイフルを利用した方が良いということになります。

銀行の場合、消費者金融のように在籍確認を書類で行ってもらうことは、基本的にはできませんので、少しでも会社バレの可能性を避けたいのであれば、消費者金融のカードローンを利用するのがおすすめです。

郵送物による家族バレが心配

SMBCモビットはWEB完結申込みなら、会社電話連絡なし、郵送物なし、となります。

ただし、SMBCモビットのWEB完結申込みでカードローン契約をするとカードレスになるので、郵送物による家族バレが心配な方は最適ですが、振込による借り入れオンリーとなるので、カードを使ってATMからお金を引き出したい人には向きません。(後で自動契約機でカードを発行することも可能ですが)

カードを自宅に郵送されるのは嫌だけれど、カード自体は受け取りたい、という方は自動契約機がある消費者金融や銀行を使うのもおすすめです。

たとえば、SMBCモビットの他に消費者金融アコム、アイフルも自動契約機があるので、こちらを申込みをした後、最寄りに自動契約機でカードを発行するのも良いかと思います。

自動契約機でカードを発行して受け取ることのメリットは、カードや契約書類が自宅に郵送されないことだけではありません。

銀行の振り込み融資受付時間帯が過ぎていても、自動契約機でカードを発行すれば、平日の夜や土日や祝日のような休日でも、提携ATMからお金を引き出すことも可能となります。

また、銀行にもローン契約機が備え付けられているところがあり、たとえば、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』ならば、テレビ窓口(自動契約機)でカードを発行すれば、申込みから契約、カード発行までが最短40分でできますよ。

バンクイックのカード発行スピードは、消費者金融のカードローンに負けず劣らずですので、こちらを利用してみるのもおすすめです。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です