横浜市でお金を借りるならどこのカードローンがベストか?

横浜市みなとみらい

生活するためにお金が必要なのは、日本中どこに住んでいても同じですが、自分が住んでいる地域によって、お金の借入先は異なるはずです。

今回は、横浜市という地域に絞って、お金の調達方法を解説します。
できるだけ色々な状態・環境に置かれた人が参考にできるように、ニーズ別で、お得なお金の借入先を網羅しました。

横浜市でカードローンでお金を借りるならどこがベストか、という記事タイトルにはなっていますが、カードローンにこだわらず、お得で役に立つ借入先について考えうる限りのほとんどを紹介しています。

それでは、横浜市でお金を借りるなら、どこがベストなのか、を解説していきます。
まず、横浜市でのお金の調達手段として考えられる手段を一通り挙げていきます。

安定した収入がある人だけでなく、無職だったり専業主婦だったりする人もお金を借りられる方法を紹介しているので、興味のある人は参考にしてみてくださいね!

横浜市のお金の借入先一覧

■神奈川県の銀行カードローン
■全国で申し込み可能なカードローン業者
■大手の消費者金融
■バンドルカード
■信用金庫・信用組合
■中堅の消費者金融
■闇金融
■貸付制度に頼る
■家族に頼る
■生活保護を頼る

うわあ……ズラリと並びましたね。
それでは、一つ一つ順番に解説していきますね。

一般的なものから紹介しているつもりですが、人によって事情はそれぞれ異なるので、自分に合ったものを利用してみてください。

神奈川県の銀行カードローンを利用する

人によるとは思いますが、横浜市でお金を借りようとするとき、神奈川県の銀行カードローンを使うことを最初に考える人も多いのではないでしょうか。
取引先の銀行のカードローンならば、お得なキャンペーンがあったり、金利優遇をしてくれたりする可能性もあります。

神奈川県の銀行としては、横浜銀行と神奈川銀行のカードローンがあるので、それぞれ順番にスペックを解説してみますね。

横浜銀行カードローン

まず、最初に検討したいのが横浜銀行カードローン。
横浜市にいる人が利用するなら、最も便利に借入できる低金利カードローンです。
横浜銀行カードローンは、専業主婦も借りられるところが強みとなっています。

低金利!横浜銀行カードローン!!
横浜銀行カードローンのメリット

■メガバンク並みの低金利! 金利(年)1.5%~14.6%
■限度額10万円~1000万円
パート・アルバイトも借りれる♪
専業主婦も借入OK♪
■使い道自由!(事業性資金以外)
■審査時間は最短翌日
横浜銀行ATM、提携コンビニATM利用手数料は無料
※一部のATMを除く
■忙しい人も便利!来店不要
■月々の返済額は2000円から
■横浜銀行と取引がなくても申込できる♪
■契約と同時に借入できる♪
※契約までには口座の開設が必要です

↓横浜銀行の公式サイトはこちら↓
http://www.boy.co.jp/index.html

※横浜銀行カードローンの契約には、神奈川県・東京都・群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)に住んでいる、あるいは勤めていることが必要となります。

神奈川銀行カードローン

神奈川銀行にはいくつかのカードローンがあります。
その中でも、一番ポピュラーなサービスが、
神奈川銀行カードローン『マイサポート』です。

神奈川銀行カードローン『マイサポート』
マイサポートのメリット

■安心固定の低金利! 7.30%~11.30%
■限度額10万円~100万円まで
神奈川銀行と取引があれば最大4.0%金利優遇される♪ ■返済額は1万円あるいは1万5千円
■使い道自由!(事業性資金以外)

↓神奈川銀行の公式サイトはこちら↓
http://www.boy.co.jp/index.html

※契約には、以下の条件を満たす必要があります。
・安定継続した収入を持っていること。
・前年税込年収が180万円以上であること。
・神奈川銀行の営業区域内に居住あるいは勤務している

横浜銀行、神奈川銀行、どちらも、それぞれにメリットがあります。
金利については、たくさん借りる場合は、横浜銀行カードローンの方が安くなりそうです。
100万円以内の借入の場合は、上限金利が低い分、神奈川銀行カードローン『マイサポート』の方が安い可能性が高そうです。

ただし、マイサポートは、前年度収入が180万円以上と年収の制限があるので、アルバイトやパートの方の借入には向いていません。

横浜銀行と神奈川銀行のカードローンを比較

横浜銀行と神奈川銀行のカードローンを比較してみました。
それぞれメリットが異なるので、金利が安い銀行カードローンを選びたい人は参考にしてみましょう。

【横浜銀行と神奈川銀行のカードローンのスペック比較表】

スペック\カードローン名横浜銀行カードローン神奈川銀行カードローン『マイサポート』
金利年1.5%~14.6%年7.30%~11.30%
融資スピード最短翌日2週間ほど
限度額10万円~1000万円10万円~100万円
月々の返済額2千円~1万円か
1万5千円
提携コンビニATM手数料無料無料
利用年齢満20歳以上69歳以下満20歳以上60歳以下
専業主婦契約可能不可
保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社株式会社かんそうしん
年収制限特になし前年度年収180万円以上
利用可能地域居住地か勤務先が横浜銀行の営業区域内
・神奈川県内全域
・東京都内全域
・群馬県の一部地域
居住地か勤務先が神奈川銀行の営業区域内
・神奈川県内全域

↑の比較表を見ると一見、横浜銀行カードローンが優勢に見えるのですが、そんなことはありません。

金利については、たくさん借りる予定がないのであれば、上限金利が低い神奈川銀行カードローン『マイサポート』の方が、横浜銀行カードローンよりも安くなる可能性があります。
神奈川銀行カードローン『マイサポート』は、前年度年収が180万円以上必要であったり、申し込み地域が神奈川県に限定されていたり、という制約はありますが、貸付条件に該当している人なら、こちらもとても便利なカードローンだと思います。

ただし、急ぎの融資を求めている人には、横浜銀行カードローンに分がありそうです。
神奈川銀行カードローン『マイサポート』は、最低でも融資に二週間ほどかかるので、急いでいる人は、あらかじめ、計画的に申し込みを済ませておくのが良いでしょう。

目次へ戻る

全国で申し込み可能なカードローン業者

では、次に紹介するのは『全国で申し込み可能なカードローン業者』です。

横浜市に住んでいるからといって、お金を借りれる場所は、横浜にある銀行だけではありません。
むしろ、CMなどでも分かるように、全国のどこにいても申し込みができる金融機関もたくさんあります。
その中でも、特に、便利に使える借入先を二つだけチョイスしてみました。
ぼく自身も、お世話になることがあるので、どれも安全に利用ができることは保証済みです。

全国どこにいても申し込みができるので、日本国内であれば場所を問いません。
自由に気軽に使えるのが、全国から申し込みができるキャッシングサービスの強みだと言えます。

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、2017年の秋頃から始まった新しい形のキャッシングサービスです。
一言でいうと、人ではなくAIの審査を導入しており、それによって低金利と融資スピードの早さを実現しています。
現在、トップクラスのサービス性能を誇るキャッシングサービスの一つと言えるでしょう。

金利(年)0.8%~12.0%を実現!
J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)の一押しポイント

年0.8%~12.0%!!
最短即日融資なので急いでいる人も大助かり♪
■平日の夜や休日も借りれる♪
■仮審査は最短30秒
■10万円~1000万円まで借りれる
■来店不要でスマホやPCがあれば契約できる
■振込なのでカードが自宅に送られてこない♪
■振込の手数料も無料!
■誰にも知られずに借りれるので安心♪
■最低返済額は毎月1000円からなので余裕をもって返していける!
※みずほ銀行・ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANへの情報提供に同意で、それぞれ金利が年0.1%(最大年0.3%)下がる

↓J.Score(ジェイスコア)の公式サイト↓
https://www.jscore.co.jp/lending/about/


SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

ご存知、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスも非常に便利です。
最短1時間の融資スピードと、無利息キャッシングには定評があり、根強い人気があります。
サポートもしっかりしているので、初めて借りる人にとって心強い味方になってくれるでしょう。

大人気!最短1時間キャッシングのプロミス!!

プロミスのメリット

最短1時間融資!今すぐ借りれる♪
■初回なら最大30日間無利息で使える
■金利4.5~17.8%なので大手トップクラスの低金利!
コールセンターの対応品質が良いのでプライバシーも厳守♪
■家族や会社、誰にも内緒で借りれる♪
■三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で振込できる!
■カードレス化できるので持ち歩く必要なし♪
■アプリローンならスマホで借りれて便利♪
■最低返済額は1000円からなので返済はマイペース
■新規契約なら三井住友VISAプリペイド2000円分プレゼント♪

↓プロミスの公式サイト↓
http://cyber.promise.co.jp/
 

他にも大手の消費者金融は、すべて全国から申し込みが可能なので、すでにJ.Score(ジェイスコア)やプロミスは利用したことがある、という人は、別の借入先を検討してみても良いかもしれません。

ですが、こちらをまだ利用したことがない人は、まずは、低金利なJ.Score(ジェイスコア)や、上限金利が他の大手と比較すると、僅かに安く無利息サービスもついているプロミスから検討していく方がお得だと言えるでしょう。

J.Score(ジェイスコア)プロミス、この二つのキャッシングサービスをよく知りたいという人は、以下にも、参考記事を書いているので、良かったら参考にしてみてください。

J.Score(ジェイスコア)の審査時間は消費者金融より早い?

2018.04.24

消費者金融最大手SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの総論を語ってみる

2017.09.20

目次へ戻る

専業主婦や無職も作れるバンドルカード

ここまで、横浜市でお金を借りる際に、安定した収入がある人向けに銀行カードローンと消費者金融を紹介してきました。

ですが、これらのカードローンは無職の人は借りれない、という欠点があります。
無職の人の方がお金がないのだから、実は、無職の人こそお金を貸して欲しいはず。
たとえば、一時的に失業しており、就職のための費用が必要だったり、お給料が出るまでの生活費として借り入れをしたりしたい、ということもあるのではないでしょうか。

実は、バンドルカードというスマホアプリなら、無職や専業主婦でもお金を借りることができます。

バンドルカードは、スマホアプリとしてインストールして使うカードです。

正確には、後払いOKのプリペイドカードなので、ローンカードとは違います。
とは言っても、バンドルカードなら、コンビニやスーパーなど、VISAの加盟店ならカード払いに使うことが可能なので、一時的にお金を工面して欲しい人にとって心強い味方となってくれるでしょう。

スマホがあれば誰でもつくれるバンドルカード!
バンドルカードのメリット

無審査で最高5万円までチャージ可能!
■実際の借り入れまで最短なら3分以内!
■スマホがあれば誰でも使える!!
専業主婦、年金受給者、生活保護受給者、無職、ブラック、債務整理経験者、未成年者まで
審査なしだから無職やブラックでもつくれる♪
■スマホで使えるプリペイドカード!
■ネット決済できるからクレジットカード代わりになる♪
全国のVISA加盟店で使えるから安心♪
■支払いは翌月末までの好きなタイミングで可能♪
ローンとクレカ審査が通らない人の心強い味方♪


↓バンドルカードの公式サイトはこちら↓
https://vandle.jp/


バンドルカードの体験談も書いてみたので、こちらについても参考にしてもらえればと思います。

バンドルカードは、スマホさえあれば、だれでも作れる非常に利便性の高いアプリ型のプリペイドカードだと思います。

目次へ戻る

中堅の消費者金融に頼る

横浜市でお金を借りるとき、中堅の消費者金融に頼る、という手段もあります。
既に大手の消費者金融に申し込みを済ませており、そのときに望んでいるような借り入れができなかった場合は、中堅の消費者金融も手段の一つとして出てきます。

ここでは、神奈川県で営業しているエース株式会社を筆頭に、頼れる中堅の消費者金融を紹介していきます。
中堅消費者金融を利用するメリットは、銀行や大手の消費者金融と比較すると審査に通りやすいところです。

エース株式会社

たとえば、神奈川県にある中堅の消費者金融としては、エース株式会社があります。

エース株式会社は、神奈川県横浜市保土ヶ谷区岩間町1丁目7番地2に一店舗という小規模な消費者金融です。
しかしながら、全国展開しており、神奈川県以外に住んでいる人も契約ができるという特徴もあります。

横浜の安心のキャッシング業者
エース株式会社

エースの特徴

年7.0%~20.0%!!
■1万円~100万円まで借りれる
■担保不要
■連帯保証人不要
■他社にない独自審査
→他社で落ちた人も借りれるかも♪
■来店不要でスマホやPCがあれば契約できる
■横浜だけじゃなく全国から申し込みできる ■中堅には珍しく対面審査ではなくWEB完結♪

↓エースの公式サイト↓
http://www.ace-cf.co.jp/campaign/

エース株式会社については、横浜市の消費者金融なので一応、紹介してみたのですが、正直、金利が低いわけでもなく(むしろ、高い)、また、融資スピードが突出して早いわけでもありません。

また、公式ホームページにいけば分かりますが、2018年10月の時点でレスポンシブ対応もSSL化もされていません。
そういう意味では、時代の流れに対応できていない、という側面もあるため、あえてエース株式会社を選ぶ、という必要はないのかな、と感じています。

大手の消費者金融に断られてしまって、もう、他に頼るものがない、という状態であれば、試しに申し込みしてみるのも良いかな、という感じですね。

もし、少額で良いのなら、↑で紹介している大手の消費者金融やバンドルカードを利用することを個人的にはおすすめします。

目次へ戻る

闇金融で借りる

これについては論外です。
闇金融で借りるのだけはやめましょう。

闇金ウシジマくんでも分かるように、闇金融でお金を借りると文字通り地獄に叩き落されます。
法外な利息をエンドレスで搾り取られるだけでなく、朝から夜まで苛烈な取り立てに合い、場合によっては命の危険に晒されることもあるでしょう。

このような目に遭いたくなければ、闇金融だけは絶対にお金を借りてはいけません。
とはいっても、好き好んで闇金融からお金を借りる人なんていないですよね。

闇金融と思われる業者の特徴をこちらに挙げておくので、ここに該当する業者がありましたら絶対に借り入れするのだけは止めましょう。

闇金融の可能性が高い業者の特徴■財務局や資金業協会、都道府県に資金業として登録していない
■貸金業者登録番号が掲載されていない
■電話やダイレクトメールが送られてくる
■会社の連絡先が携帯電話の番号
■公衆電話やスポーツ新聞などに広告が貼ってある
■多重債務者や無職OK! など、お金に困っている人に都合が良い広告
■知名度の高い金融機関に名前が微妙に似ている

目次へ戻る

生活福祉資金貸付制度を使う

金融機関に借り入れをするのが困難な場合は、生活福祉資金貸付制度を利用するという手段もあります。

生活福祉資金貸付制度の貸付対象は、以下の通りです。

生活福祉資金貸付制度の貸付対象

1、低所得者世帯:必要な資金を他から借りれない世帯
2、障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人などの属する世帯
3、高齢者世帯:65歳以上の高齢者が属する世帯

また、生活福祉資金貸付制度における貸付資金の種類は、以下の通りです。

生活福祉資金貸付制度における貸付資金の種類■総合支援資金
■福祉資金
■教育支援資金
■不動産担保型生活資金

総合支援資金って何だ?
どんな用途なら、これに該当するんだ?

と思う人がほとんどだと思うので、貸付資金の種類について詳しく知りたい人は厚生労働省の生活福祉資金貸付条件等一覧も参考にしてみてください。

生活福祉資金貸付制度の場合、連帯保証人を立てても立てなくても借り入れが可能です。
また、金利は非常に低く、連帯保証人がいるなら無利子で、いなくても金利1.5%という破格の低金利で利用ができます。

生活福祉資金貸付制度について興味が湧いた人は、自分が住んでいる地域の市区町村社会福祉協議会に相談してみてください。

ちなみに横浜市にお住まいの人は、以下に連絡をするのが良いかと思います。

神奈川県社会福祉協議会
http://www.knsyk.jp/
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡4番2号 神奈川県社会福祉会館内
TEL:045-311-1422

目次へ戻る

家族に頼る

家族・親戚から借りる、というのは当サイトではあまりおすすめしていません。

もちろん、未成年の人や、傍に頼りになる家族の人がいる場合は、家族・親族から借りる、という選択肢もアリかと思います。

ただ、お金のやりとりをするときは、家族や親族との人間関係が崩れてしまう危険性があることも覚悟しておきましょう。

彼のウィリアム・シェイクスピアも言っています。
『金は借りてもならず、貸してもならない。貸せば金を失うし、友も失う。借りれば倹約がばからしくなる。』

いくら親しい家族・親族だとしても、安易にお金の貸し借りをしてしまうと、その時点で、利害関係が絡んでしまうので、人間関係の不和のきっかけになることがあります。
借りたお金を期日までに返す約束が破られてしまえば、信頼関係は危ういものになってしまうでしょう。

そういう意味では、できるだけお金の貸し借りは、親しい家族や知人ではなく、プロである金融機関を頼った方が良いかと思います。

目次へ戻る

生活保護を頼る

最後に生活保護を頼る、という選択肢を紹介します。

生活保護制度は、経済的に追い詰められた人が使える最後の手段。
経済的弱者の最後の味方となってくれるこの制度が、いつまで続くか、正直、ぼくは不安です。
国の借金はどこまでも膨れ上がっていますし、子供は少ないのに、お年寄りは増えるので、日本の若い世代の負担はどんどん重くなっていますしね。

生活保護については、生活保護費を受給できるためには条件があるので、こちらを参照にしてもらえれば、と思います。

生活保護費を受給するためには、以下の4つの条件を満たしていることが必要です。

生活保護費の受給条件

1、援助を期待できる身内や親族がいない
2、貯金や土地などの資産がない
3、病気や怪我で働けない状態
4、↑の3つを満たしている状態で月の収入が最低生活費を下回る

基本的に、40代で↑の条件を満たしていれば、生活保護制度に頼ることができます。
とはいえ、健康な人で、単純に無職であるだけ、という場合は、働けいて収入を得られる可能性があるため、生活保護費を受給することはできません。

いかがでしたでしょうか。

横浜市でお金を借りたい人に向けて、お金を工面するための方法をピックアップしてみました。

横浜市に住んでいる人、あるいは勤め先がある人で、お金を借りる必要がある人は参考にしてもらえたら嬉しいです。

目次へ戻る

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。