但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』と『STORK』のスペック、審査基準を比較してみた

たんぎんこと但馬銀行と言えば、兵庫県の人にはお馴染みの第一地方銀行です。
兵庫県豊岡市に本店があり、コウノトリがシンボルとなっています。

さて。但馬銀行の金融商品にはカードローンがあり、兵庫県にお住まいの方は、こちらを利用してみようかな、と考える人もいるのではないでしょうか。

2017年6月15日、現在、但馬銀行のカードローンに、スピードポケットプラスとSTORKの二種類があります。
しかし、初めて但馬銀行のカードローンを利用する人にとってはなんのことやらさっぱりです。

なので、今回の記事では、但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』と『STORK』の二つのスペックと審査基準を解説しながら、最終的に比較してみようかと思います。

【但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』の特徴】

⬛2.9%~14.5%なのでメガバンク並みに低金利
⬛使い道自由なのでおまとめ・借り換えもOK
⬛自動引き落とし返済なので返済が楽
⬛借入限度額は、10万円~800万円(ATM返済タイプは10万円~300万円まで)
⬛パート・アルバイト・専業主婦、年金受給者は100万円が借入上限額
⬛来店不要
⬛口座開設不要
⬛担保・保証人が不要なので誰にも内緒で借りれる
⬛兵庫県に住んでいる人向け♪

但馬銀行の公式サイトはこちら
https://www.tajimabank.co.jp/

但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』のスペック

但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』のサービス内容の概要をまとめると↑のようになります。が、返済の方法によってさらに二つのタイプに分けられます。

但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』は、口座振替返済タイプと、ATM返済タイプがあります。

どちらも、融資形態は当座貸越ですが、タイプによって借りれる金額が異なるわけです。

但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』の審査基準

但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』の審査基準は、やはり、返済方法によって異なり、詳しくは以下を参考にしてください。

【口座振替返済タイプの審査基準】

⬛年齢が満20歳以上69歳以下
⬛安定・継続した収入がある人
⬛配偶者に安定した収入がある専業主婦
⬛但馬銀行の他のカードローンを契約していない人
⬛保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる人

一方、ATM返済タイプの場合、審査基準が少し変わります。

【ATM返済タイプの審査基準】

⬛年齢が満20歳以上69歳以下
⬛安定・継続した収入がある人
⬛配偶者に安定した収入がある専業主婦
⬛保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる人

返済タイプによる審査基準の大きな違いはありません。
特に何か言うとすれば、ATM返済タイプの場合は、但馬銀行の他のカードローンを契約者していても、新たに契約することが可能といったところでしょうか。

また、たくさん借りたい場合は、口座振替返済タイプを選択するのが良いでしょう。

但馬銀行カードローン『STORK』のスペックは?

ここまでは、但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』について解説しましたが、但馬銀行には、STORKというカードローンもあって、そちらも人気です。

但馬銀行カードローン『STORK』はどのようなサービス内容なのでしょうか。スピードポケットプラスと比較してスペックはどうなのでしょうか。

【但馬銀行カードローン『STORK』のスペック】

⬛2.9%~13.8%と低金利
⬛10万円以上300万円以下
⬛パート・アルバイト・専業主婦、年金受給者は30万円が借入上限額
⬛保証人・担保が不要

但馬銀行カードローン『STORK』の審査基準

但馬銀行カードローン『STORK』の審査基準は、以下のようになっています。

【但馬銀行カードローン『STORK』の審査基準】

⬛年齢が満20歳以上65歳以下の人
⬛本人に安定・継続した収入があること
⬛専業主婦の場合は、配偶者に安定・継続した収入がある人
⬛但馬銀行が取扱う他のカードローンの契約者ではない人
⬛株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる人
⬛但馬銀行のそのほかの審査基準を満たす人

よって、スピードポケットプラスと比較すると、年齢の対象が若干狭いです。66歳以上の人の場合は、スピードポケットプラスを利用するのが良いかもしれませんね。

但馬銀行カードローン『スピードポケットプラス』と『STORK』を比較

さて。
それぞれのスペックと審査基準が明らかになった上でスピードポケットプラスとSTORKを比較しました。

結論から言えば、金利自体は、STORKの方が上限金利が安いので、少しでも低い金利で借りたいならSTORKが良いです。
ただし、金利が低い分、STORKの方が審査基準が厳しいと考えた方が良いでしょう。
実際に、STORKは審査に通過できる年齢が20歳~65歳なので、スピードポケットプラスより狭いです。
また、保証会社も、信販会社である株式会社オリエントコーポレーションなので、サービスブランド『プロミス』のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社よりも審査は厳しいと推測できます。

なので、できるだけ、審査に通る可能性を上げたい場合は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となるスピードポケットプラスの申し込みをするのがおすすめです。

実際に、いまは、但馬銀行の公式サイトの見せ方を分析する限り、スピードポケットプラスの方がポピュラーなカードローンではないかと思います。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です