お金を借りるときに出てくる総量規制って何?

カードローンを利用してキャッシングをすることを考えている方の中には、総量規制という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれど、聞いたことはあっても総量規制という言葉の意味をイマイチ良く分からない、あるいは、どこかのサイトや本で読んだことがあり、なんとなくは分かってはいるのだけれど、どことなく理解がぼんやりしているという人もいらっしゃるかと思います。

当ページでは、総量規制という言葉を初めて聞く人、総量規制という言葉の意味を知らない人のためにカードローンにおける総量規制について解説しますね。

まず、総量規制とは何なのか

総量規制というのは、個人の借り入れを制限するための決まりです。

個人の借り入れ総額が、原則、年収の3分の1までに制限される仕組みを総量規制と呼びます。

総量規制は、消費者金融や信販会社のカードローンやクレジットカードを使ってキャッシングをする際に適用される決まりで、信販会社のクレジットカードの利用や、銀行のカードローンの借り入れには適用されません。

消費者金融や信販会社のカードローンを利用する場合は、一部の例外を除いて、自分の年収の3分の1を超える金額を借り入れすることはできないので気をつけましょう。

もし、年収の3分の1を超える金額を利用したいという場合は、銀行のカードローンを利用するのがおすすめです。

銀行のカードローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1を超える金額の借り入れができます。

したがって、無職でお給料を貰っていないため、年収がゼロ円である専業主婦(主夫)の方も、銀行カードローンならば配偶者に安定した収入があることを条件に借り入れが可能です。

ちなみに、消費者金融や信販会社の借り入れでも、総量規制の対象外となるケースもあります。

その例外的なケースをいくつか説明しておくと、たとえば、おまとめ・借り換えローンとして、それまでの借り入れを消費者金融や信販会社で借り換えて借金一本化する場合、その借り入れ総額が自身の年収の3分の1を超える場合であっても、金利がそれまでの借り入れよりも低くなり、消費者にとって有利な借り入れ契約であれば借り入れが可能です。

また、事業性資金の借り入れの場合も、総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える金額の借り入れもできます。

他にも、総量規制の除外、例外となるケースがありますので、こちらを紹介しておきますね。

総量規制の除外、例外となるケース一覧

総量規制の除外:総量規制の対象とならない貸付けのこと。

総量規制の例外:貸付け残高として参入するが、例外的に年収の3分の1を超える場合でも、本人に返済能力があれば貸付けできると判断される場合がある。

総量規制の除外の例

・手形(融通手形を除く)の割引
・不動産担保貸し付け
・売却予定不動産の売却代金により返済可能な貸し付け
・有価証券担保貸し付け
・不動産購入または不動産の改良のためにする貸し付け
・自動車の購入自分の自動車担保貸し付け
・高額な医療費の貸し付け
・金融商品取引業者が行う500万円を
超える貸し付け
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

総量規制の例外の例

・顧客にとって一方的に有利となり借り換え・おまとめ
・緊急となる医療費の貸し付け
・社会通念上、緊急で必要となった費用を支払うために行なう貸し付け
・配偶者と併せた年収が3分の1以下である貸し付け
・個人事業者に行う貸し付け
・預金取り扱い金融機関からの貸し付けを受けるまでのつなぎ資金にかかわる貸し付け

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です