審査が甘い・緩い消費者金融や銀行カードローンはある?審査通過率に注目する

消費者金融でも銀行でもカードローンを利用したい、という方はその審査基準が気になっている方も多いのでは
ないかと思います。

審査基準が甘い、緩いカードローンならば、審査に通りやすいはずですので、申込みをすれば簡単に借り入れができるはずですよね。

しかしながら、結論から言ってしまうと、審査が甘い、緩いカードローンというものは存在しません。

消費者金融や銀行の審査は、それぞれ定められた審査基準があり、それを満たす顧客しかカードローンを利用してお金を借りることはできません。

なので、もし、審査が甘い、緩い、多重債務者歓迎、無職の借り入れOKなどの誇大広告を出してキャッシングの勧誘を行っている業者がいたら注意しましょう。

このようなキャッシング業者は、違法な金利や高額の保証料を顧客から得ようとする悪質な業者の恐れがあります。

悪質業者に一度お金を借りてしまうと、かなりしつこく付きまとってきますし、場合によっては、自分だけでなく自分の大切な家族や恋人、友人までが性質の悪い取り立ての被害に合うことがあるので気をつけてくださいね。

ここまで読んだ方で、「審査が甘い消費者金融や銀行のカードローンはないのか……」と残念に思われた人もいらっしゃるかと思いますが心配はいりません。

最近では、多くの消費者金融・銀行のカードローンは、安定した収入がある方であれば、アルバイトやパート、派遣社員、自営業の方でも審査に通る可能性は十分にありますよ。

それでは、まずは消費者金融のカードローンの審査基準について説明していきましょうか。

消費者金融のカードローンの審査基準はどのようなもの?

金融機関のカードローン審査に通過する自信がない方で、まず、カードローンの申込みを検討してみた方が良いのは消費者金融のカードローンです。

一般的に金融機関の審査の難易度は、銀行、信販会社、消費者金融の順で審査が厳しいとされています。

なので、できるだけお金を借りることができる可能性を上げたい、という方は消費者金融のカードローンを利用を検討した方が良いのではないかと思います。

もし、消費者金融からお金を借りるなら、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスやアコム、SMBCモビットやアイフルなど、消費者金融の大手と呼ばれているところを頼った方が良いでしょう。

なぜなら、大手消費者金融ではなく中小の良く知りもしない消費者金融から借り入れをしてしまうと、闇金被害に遭う可能性もあるからです。

大手消費者金融の場合、既に全国に住まわれている方がお金を借りているという貸付実績があるため、安心して利用することができますよ。

さて。

そんな大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルの中でどの消費者金融が一番審査に通過する可能性があるのか、というと、こちらについては各消費者金融の審査通過率に注目するのが良いでしょう。

こちら↓にプロミス、アコム、アイフルの審査通過率をまとめてみました。

プロミスの審査通過率→約40%

アコムの審査通過率→約48%

アイフルの審査通過率→約45%

SMBCモビットの審査通過率は、残念ながら分からなかったのですが、こちらの審査通過率から推測するに、3つの大手消費者金融の審査通過率の中で一番高かったのはアコムです。

よって、少しでも審査に通る可能性を上げたいのであれば、アコムに申込みをするのが一番良いと言えるでしょう。

アコムは、最短1時間の即日融資が可能であり、また、初回限定であれば、最大30日間の無利息キャッシングも可能です。

このような審査スピードが早く、金利的にもお得に借り入れができる消費者金融の審査通過率が一番高い、というのは大変頼りになりますよね。

ちなみに、次に審査通過率が高いアイフルですが、こちらは最短即日融資ではありますが、アコムのような無利息キャッシングサービスはありませんので、同じ借り入れの申込みをするなら、アコムが一番お金を借りることができる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

プロミスは、アコム、アイフルと3つの中で一番審査通過率が低かったわけですが、これの理由は何でしょうか。

こちらについては推測ではあるのですが、プロミスが大手消費者金融の中で金利が低いこと、無利息キャッシングサービスがお得であることが挙げられるのではないかと思います。

プロミスのカードローンの上限金利は17.8%であり、アコムやアイフル、SMBCモビットの上限金利は18.0%ですので、プロミスの方が0.2%ほど金利が低いんですよね。

プロミスと他の大手消費者金融の上限金利の差は僅かではありますが、金利が低ければ低いほど、その分、審査は慎重になる傾向がありますから、そのわずかな金利差が審査通過率の差となって表れた、と考えることもできるでしょう。

また、プロミスはアコムと同様に無利息キャッシングもできますが、アコムは契約した日の翌日から無利息期間が発生するのに対して、プロミスはキャッシングをした翌日から無利息期間が発生することになります。

よって、無利息キャッシングの利用のタイミングを自分で選べるプロミスの方が、金利優遇サービスは使い勝手が良く優れていると言えるでしょう。

カードローンの審査の通過の可能性を少しでも底上げしたいのならば、このような情報も加味して、申込みをする消費者金融を選ぶことが大切です。

銀行カードローンの審査基準はどのようなもの?

消費者金融のカードローンよりも銀行カードローンの方が一般的に審査が厳しいとされていますが、消費者金融よりも低金利でお金を借りたい、と考えている方もいらっしゃるはずです。

確かに、銀行カードローンを利用することができれば、よりお得にお金を借りることができますし、月々の利息の返済も安心ですよね。

では、銀行カードローンの審査基準はどのようなものになっているのでしょうか。

ここだけの話ですが、最近の銀行カードローンの審査基準は、消費者金融の審査基準と似通ったものとなっています。

一部は、借り入れ条件として年収が200~300万円以上必要だったり、勤続年数が1年以上必要だったりするものもありますが、多くの銀行カードローンは、安定した収入がある方であればアルバイトやパート主婦、派遣社員や自営業の方でも借り入れが可能なんです。

なので、自分は年収が少ないから銀行カードローンの審査に通過することはできないだろう……と考えている方も、試しに借り入れの申込みをする、というのも良いのではないかなと思います。

また、消費者金融、銀行の審査基準はそれぞれ少しずつ異なっていますので、消費者金融のカードローンの審査に通過することができなかったとしても、銀行カードローンの審査に通過するができた、というケースも多数報告されているんですよね。

したがって、一般的に銀行カードローンの方が消費者金融よりも審査が厳しいとは言われていますが、思い切って銀行カードローンの申込みをするという選択肢も有効だと言えるでしょう。

低金利であること以外の銀行カードローンの申込みをするメリットの一つとして、銀行カードローンは総量規制の対象外ということが挙げられます。

銀行カードローンは総量規制の対象とはなりませんので、自分の年収の3分の1を超える金額を借り入れすることも可能です。

つまり、無職で収入を持たない専業主婦(主夫)の方でも、銀行カードローンは審査に通過する可能性があるんですよね

専業主婦(主夫)が銀行カードローンを利用するためには、配偶者に安定した収入があることが条件とはなりますが、専業主婦(主夫)の方は、消費者金融のカードローンを利用することはできませんので、専業主婦(主夫)だけれどどうしてもお金を借りたい、お金が必要という方は銀行カードローンの申込みをしてみることがおすすめです。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です