専業主婦(主夫)でも借りれる総量規制対象外の銀行カードローン・消費者金融はありますか?

専業主婦(主夫)も銀行や消費者金融のカードローンを利用することは可能ですか?

普通の会社勤めをしている正社員の方やアルバイト・パート・派遣社員をされている方と同様、専業主婦(主夫)の方も出費が多い月やどうしても購入しなければいけないものがある場合、お金を借りることが必要となりますよね。

でも、専業主婦(主夫)さんといえば、家事や育児をしていても、外でお仕事をしているわけではありませんので、収入は0円の方も多いかと思います。

そんな専業主婦(主夫)でも、お金を借りることは可能なのでしょうか。

結論から言えば、専業主婦(主夫)さんは消費者金融や信販会社のカードローンを利用することはできません。

なぜなら、消費者金融や信販会社は貸金業法における総量規制という決まりの対象となりますので、個人は年収の3分の1を超える金額を借りることができないからです。

専業主婦(主夫)は、基本的に自分の年収は0円ですので、0円の3分の1は0円であり、消費者金融の利用はできません。

しかし、銀行のカードローンの場合、総量規制の対象外ですので、原則として、配偶者に安定した収入があることが条件となりますが、こちらの条件が満たせれば、カードローン契約を結ぶことができるんですよね。

なので、もし、専業主婦(主夫)の方でどうしてもお金を借りる必要ができた場合は、配偶者の方と相談して銀行カードローンを利用するのも良いかと思います。

専業主婦(主夫)が借りる場合、即日で借りるのは難しい?

専業主婦(主夫)が借り入れをする場合、総量規制の対象外である銀行のカードローンを利用することになりますが、こちらの審査スピードは気になるところですよね。

たとえば、急にママさんとの付き合いで外食やショッピングに行くことになったり、知人の結婚式に参加するためにご祝儀が必要だったりして、大至急、お金を借りる必要がある場合は、申込みをしてからすぐに借り入れができなければ、目的を果たすことはできないでしょう。

このような迅速にカードローンを使う用事ができた場合、できるだけ審査スピードや融資スピードが早いカードローンを利用することができなければ困ってしまいますよね。

専業主婦(主夫)も借りれる銀行カードローンは、即日のカード発行や振込融資はできるのでしょうか。

結論から言えば、専業主婦(主夫)も申込みができる多くの銀行カードローンが、専業主婦(主夫)の即日の借り入れにも対応していますので、どうしてもすぐにお金を借りる必要がある方も安心して利用することができそうです。

たとえば、銀行カードローンの中でもトップクラスの融資スピードを持つカードローンとして、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』があります。

バンクイックは、申込みをしてから最短40分でカードが発行できるカードローンですので、もし、急いでいる方は三菱UFJ銀行のテレビ窓口でカードを発行し、こちらを利用して提携ATMからお金を引き出すのもおすすめです。

しかしながら、多くの銀行カードローンは、やはり、消費者金融のカードローンと比較すれば融資スピードが劣りますので、お金を借りる必要がある場合は、前もってカードローン申込みをしておくのが良いでしょう。

余裕を持ってカードローン申込みをしておけば、後で、やっぱり審査が間に合わなかった!と落ち込んだり困ったりすることはないでしょう。

銀行カードローンは、使い道自由のものが多く、利用をしなくても前もって一枚持っておけば、もしものときがあったときに便利ですよ。

専業主婦(主夫)が夫(妻)に内緒でカードローンを利用することはできますか?【旦那、奥さんにバレないように借り入れする方法は?】

さて。

専業主婦(主夫)の方の中には、夫や妻、ご両親やお子さまに内緒でカードローンを利用したい方も多くいらっしゃるかと思います。

たとえば、家計のやり繰りのミスがあって生活費が足りなくなってしまったり、お金の使い道が個人的なものだったりする場合、旦那さまや奥さまにはカードローンを利用することを話しにくいですよね。

このようなケースでは、奥さまや旦那様に知られずに内緒で銀行カードローンを利用することはできるのでしょうか。

結論から申し上げると、専業主婦(主夫)が旦那さまや奥さまに内緒でカードローンを申込みし契約をすることは可能です。

たとえば、一部の銀行カードローンは専業主婦(主夫)の借り入れが可能であり、かつ、配偶者の収入証明書類や同意書が必要のないものがあります。

また、これらの銀行カードローンは、配偶者の収入証明書類や同意書を提出する必要がないだけでなく、配偶者である旦那さま、奥さまの勤務先にも在籍確認の電話連絡がないため、配偶者に知られることなくカードローンを利用することが可能です。

ローンカードの郵送で配偶者や家族にバレたくない専業主婦(主夫)の方の安心借り入れの方法は?

配偶者の収入証明書類や同意書が必要なく、また、配偶者の会社に在籍確認の電話連絡がいかない銀行カードローンを利用することを決めたとしても、家族に秘密で借り入れをしたい場合、もう一つ気にしなければいけないことがあります。

それは、ローンカードや契約書類、あるいは利用明細書などの郵送物です。

確かに、ローンカードや契約書類が郵送されて、自宅に届いたとき、それを家族が受け取ってしまった場合は、カードローンの利用がバレてしまうことがありますよね。

もし、自宅に普段は自分しかいない専業主婦(主夫)の方ならば、申込みをした本人がローンカードや契約書類を受け取ってしまうことができますが、他にご家族がいる場合、勝手に封筒を開封されてしまい、結果、内緒のはずの借り入れがバレてしまうということもあります。

このような心配がある方は、テレビ窓口やローン契約機がある銀行カードローンを利用する、という手段も有効です。

たとえば、テレビ窓口やローン契約機がある銀行カードローンとしては、メガバンクの三菱UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンがあります。

こちらは、契約機でカードを発行し、その場所で契約書類と一緒に受け取ってしまうことができるので、自宅にカードが郵送されて、家族にバレてしまうという恐れがありません。

また、東京スター銀行のカードローンの場合、カードを利用するタイプの東京スター銀行スターカードローンと、カードレスで振込オンリーで利用ができる東京スター銀行バンクベストもあります。

カードレスで利用できる東京スター銀行バンクベストを利用すれば、そもそも、カード自体が郵送されないので、非常に安心して内緒の利用が可能ですよね。

利用明細書についても、東京スター銀行バンクベストの場合、利用明細がWEB上で確認できるため、自宅に郵送されることがありません。

専業主婦(主夫)の場合、パートタイマーやアルバイトをすれば消費者金融でも借りれます

専業主婦(主夫)の方が、銀行カードローンを利用する場合、配偶者に安定した収入が必要となります。

しかし、配偶者の方が自営業など、収入があっても安定していない場合、銀行カードローンの審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

あるいは、銀行カードローンの審査に通過する自信がないけれど、どうしても借り入れをしたい、という場合、消費者金融のカードローンを利用することを検討するのもおすすめです。

ただし、消費者金融のカードローンを利用する場合は、専業主婦(主夫)さん自身に安定した収入が必要になるので、まずはアルバイトやパートとなど何でもいいので、何かお仕事を探してから申込みをするのが良いでしょう。

たとえば、高い借り入れ実績を誇る大手消費者金融のアコムやSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、それからアイフルなどは、貸付条件にアルバイトやパートなどで安定した収入を持つことが借り入れの条件と、公式ホームページで明示されていますが、勤続年数については明確に何か月、何年必要とは記載されていません。

したがって、借り入れを急いでいる方も、安定した収入が得られるお仕事にさえ就いてしまえば、アコムやプロミス、アイフルの審査に通る可能性もあるのではないでしょうか。

もし、どうしても借り入れを急いでいるならば、消費者金融のカードローンの利用も検討してみるのもおすすめですよ。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です