プロミスで即日融資をしてもらう方法は?

プロミスの即日融資

SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランドであるプロミスは、最短1時間の即日融資ができます。

最短1時間と融資スピードが早いので、即日融資をして欲しい方にも大きな力になってくれる可能性が高いです。

しかも、プロミスは来店不要でPC(パソコン)やスマホ(スマートフォン)から申込みができるため、いちいち店舗の方に電話連絡をして申込み手続きをする必要がないというところも非常に便利なんですよね。

なので、日中は仕事をしており忙しく、来店している暇がないという人にとってもお手軽に契約をすることができるでしょう。

プロミスで即日融資をするためには、必ずしも正社員である必要もないし、お給料をたくさんもらっている必要もありません。

プロミスは、アルバイトやパート主婦、自営業(個人事業主)の方でも、安定した収入があれば審査に通り、即日でお金を借りることができるので、もし、お金に困っていて、当日中にお金を貸して欲しいという方がいらっしゃいましたら、プロミスで即日融資をお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

融資スピードが最短1時間というだけでなく、審査時間も最短30分なので結果連絡が早いというのもメリットの一つです。

プロミスで即日融資をする方法

プロミスで即日融資をする方法は2通りあります。

プロミスの即日融資は、

・銀行口座への振込
・自動契約機でカード発行して借り入れ

があります。

プロミスを利用する場合、自分のライフスタイルに合わせて、お金の借り方を選ぶことができるのが嬉しいですね。

大手の金融機関でも、口座振込しかできないローンサービスがあったり、ローン契約機がないために当日中にカードを発行することができないところもあるので、借り方が自由に決められるというのは大手消費者金融ならではのメリットと言えるでしょう。

プロミスの即日融資をする場合のリミットとなる時間帯

プロミスで即日融資をする際のリミットとなる時間帯はいつまでなのでしょうか。

プロミス利用者は、それぞれ生活スタイルや勤務形態が違うはずなので、プロミスの申込みの時間帯をいくつかに分けて解説していきます。

平日の午前中から午前14時までに契約

プロミスで借り入れをする場合、できるだけ早い時間帯に申込みを済ませておいた方がいいのは言うまでもありません。

プロミスで即日融資をしてもらいたい、それも振込キャッシングで、となると銀行の振込受付時間帯までに契約をすることが必要となるからです。

平日の早朝の段階、あるいは午前中や正午くらいに申込みをしておけば、銀行の振込受付営業時間以内にキャッシング契約を結べる可能性があるでしょう。

平日の14時までに契約できれば、プロミスに振込で即日融資をしてもらうこともできますよ。

もちろん、平日14時以降に契約を結び、後で自動契約機のあるところへいき、ローンカードを発行してATMでお金を引き出すという方法で借り入れする方法もありです。

平日の午前14時以降(銀行の振込受付時間帯外)夕方や週末の夜の契約

平日の午前14時以降、つまり、プロミスで銀行口座に振込ができない時間帯に契約をした方も、プロミスで即日融資をすることはできます。

プロミスは、夕方や週末の夜に契約を結んだとしても、最寄りに自動契約機でカードを発行することができれば、お金をATMで借りれますので、サラリーマンやアルバイト、パートをしている方でも、仕事が終わった段階で帰り道に自動契約機に寄ってローンカードを発行してもらいましょう。

土曜日、日曜日、祝日の休日に契約

土曜日、日曜日、祝日などの休日に契約をする場合、インターネットや電話で申込みをして契約を結ぶことが可能です。

審査に通ったら、土日や祝日でも営業している自動契約機のところまで赴いて、ローンカードを発行することができるので、カードで提携しているATMでお金を借りることができますよ。

また、プロミスには瞬フリという振込サービスがあり、こちらを使えば、土日であろうと振込融資をリアルタイムで受けることが可能です。

プロミスの『瞬フリ』なら土日・祝日の即日振込融資が可能

プロミスの『瞬フリ』なら、土日・祝日に即日振込融資をすることが可能です。

プロミスの『瞬フリ』とは、特定の口座を持っていれば、24時間365日の振込融資ができるサービスのことです。

プロミスは、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、リアルタイムで振込の受付完了から10秒ほどで申込みができます。

プロミスの瞬フリは、便利でスピーディー、そして、いちいちATMまで行ってお金を借りに行く必要がないのが便利ですね。

ただし、万能に見えるプロミスの瞬フリですが、振込できない時間帯もあります。

三井住友銀行の場合は毎週日曜日の21時~翌月曜日の7時まで、ジャパンネット銀行の場合は毎週月曜日0時~7時まではサービスが停止します。

また、元日(元旦)は瞬フリサービスの利用が終日ストップしますので気をつけておきましょう。

瞬フリの口座登録は22時まで

瞬フリの口座登録は22時までに完了させる必要があります。

なので、プロミスで瞬フリを利用したい場合は、真夜中に借りるとしても、まず、あらかじめ22時までに口座登録を済ませておきましょう。

きちんと口座登録を済ませておけば、土曜日でも日曜日でも即日融資をすることが可能です。

プロミスのカードを即日発行する方法は?

プロミスでは無人契約機を利用すれば、カードを即日発行することが可能です。

なので、どうしてもカードを今日中に発行して、お金をATMからおろしたいという人は、プロミスの無人契約機でカードを発行するのもアリだと思います。

ちなみに、プロミスの無人契約機の営業時間ですが、平日、土曜日、日曜日、祝日ともに地方によって異なりますが、基本的には9時~22時まで営業しています。

プロミスの無人契約機はかなり長い時間帯営業していますので、仕事で夜帰りが遅くなったとしても、帰り道に最寄りの無人契約機で契約してローンカードと契約書類をもらってくるということもできます。

ただし、プロミスの無人契約機でカード発行するつもりならば、まずはあらかじめインターネット申込みをしておくことをおすすめします。

というのも、明らかに遅い時間帯である8時、9時を回った時点でプロミスの無人契約機で申込みをしたとしても、審査時間が長引く場合もあるので、場合によってはかなり長い時間を無人契約機の中で過ごさなくてはならなくなる場合があるからです。

事前にインターネットで申込みを済ませておけば、その分、審査はスムーズに進みますし、当日にカードを発行してもらえる可能性も高くなるでしょう。

また、インターネット申込みを先にしておくことのメリットは即日カード発行の可能性を底上げするだけではありません。

審査に必要な書類を前もって把握しておけるので、せっかく無人契約機のところに行ったのに、書類を忘れてまた取りに戻るみたいなこともなくなりますよ。

ちなみに余談ではありますが、プロミスの無人契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機でもプロミスのカードを発行することができます。

三井住友銀行のローン契約機は、プロミスよりも営業時間が1時間だけ短く21時までとなっていますが、平日、土曜日、日曜日、祝日ともに9時~21時まで営業しているので、最寄りに三井住友銀行しかない、という人は利用してみるのも良いでしょう。
※ただし、三井住友銀行のローン契約機は、契約機によって営業時間、休日が異なります。

プロミスの即日融資のスピードを他社比較

プロミスは最短1時間の即日キャッシングができるため、今日中にお金を借りたいという人も即日融資をしてもらえる可能性が高いです。

しかし、消費者金融はSMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド『プロミス』だけが即日融資をしているわけではありませんので、お金を借りるなら他の消費者金融とも比較しておきたいですよね。

なので、プロミスと同じ大手の消費者金融の融資スピードについても比較しておくことにします。

【プロミス、SMBCモビット、アコム、アイフルを融資スピードや金利、無利息キャッシングサービスを比較した表をつくる】

アコムの即日融資の条件

アコムは平日の14時までに契約を完了させ、振込手続きを済ませれば、当日の振込が可能です。

アコムの場合、無人契約機(むじんくん)でもカードが発行ができます。

ただし、アコムの無人契約機(むじんくん)は営業時間が8時~22時までとなるので、審査にかかる時間も考慮してできるだけ早めにインターネットで申込みをそておいた方が良いでしょう。

楽天銀行口座を持っている方は、24時間365日の振込融資がアコムではできますから、楽天銀行口座を持っている人にとってはアコムはとても使いやすい消費者金融です。

SMBCモビットの即日融資の条件

SMBCモビットの場合、平日の14時50分までに契約し、振込手続きを完了させれば、最短即日の振込融資も利用ができるでしょう。

また、SMBCモビットも自動契約機を利用することでカード発行をしてもらえる消費者金融です。

ただし、審査結果によっては希望通りにならない場合もあるので注意してくださいね。

迷ったときは借り入れ診断

プロミスはホームページ上で借り入れ診断をすることが可能です。

簡単な3項目の入力で、融資ができるかどうかすぐに判明するので、できるだけ早く自分が融資できるか否かを知りたい人にはおすすめです。

たとえば、既に複数社からお金を借りていたり、どうしても即日融資をしてもらいたくて借り入れを急いでいたりする方の場合、審査に通過する見込みが薄い消費者金融に申込みをして審査結果が落ちているような時間的余裕はありません。

プロミスは、借り入れ診断を使えば、自分自身が融資を受けられるかを知ることができます。

しかも、プロミスの借り入れ診断は、診断の結果が出るまでわずか数秒程度です。

すぐに融資してもらえるかを知りたい人にとっては、プロミスの借り入れ診断はとても役に立つサービスですよね。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です