プロミスは収入証明書類(源泉徴収票、給与明細書)が提出不要なの?

プロミスは収入証明書類の提出は不要?

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、大手消費者金融の一角。
そんなプロミスでお金を借りる際、収入証明書類の提出が不要という口コミを耳にしましたが、果たして本当なのでしょうか。

結論から言えば、プロミスは50万円以下の借入ならば、収入証明書類の提出が不要です。
あるいは、他の貸金業者からの借入額とプロミスの借入額の合計が100万円を超えなければ、収入証明書なしでプロミスで借りることができます。

プロミスは、50万円以下の借入の場合、ご自身の身分証明書があれば申込みができるのがメリットです。
これなら、手軽にプロミスのカードローンの申込みができるのではないでしょうか。

緊急でお金が必要になってカードローンを申込みをするとき、収入証明書が必要と言われても、いきなり書類を用意するのは難しいですよね。
たとえば、出先でお金が足りなくなって、どこかからお金を貸してもらいたいというとき、給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書を普段から持ち歩いている人はいないかと思います。

また、自宅で申込みをする場合も、収入証明書というものは普段は保管場所にしまってあるものですから、それをわざわざ引っ張り出すという手間を面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。

プロミスに申込みをするときは、収入証明書を用意するという作業が省略されますので、すぐに申込みをしてお金を借りたい方も安心です。

お金を借りる際は、収入証明書が必要になる金融機関も多いので、収入証明書不要で申込みが簡単なカードローンを使いたいという人は、プロミスを利用するのも賢い選択肢ではないでしょうか。

また、収入証明書は、そんなに頻繁に使うものではないので、すぐに引っ張り出すことができなかったり、引っ越しなどの際にどこかに紛失してしまった、という人もいますよね。

このような方にも、収入証明書不要のプロミスのカードローンはおすすめです。

プロミスで提出する収入証明書の種類について(源泉徴収票、給与明細書など)

プロミスでお金を借りる場合、先ほども申し上げましたが、

■50万円以下の借入の場合
■他の貸金業者からの借入額とプロミスの借入額の合計が100万円を超えない場合

上記の2つの場合、収入証明書を用意する必要なく、プロミスのカードローンの申込みができます。

逆に言えば、

50万円を超える借入や、他社との借入額の合計が100万円を超える場合、収入証明書を用意する必要があります。

収入証明書と一口で言っても、収入証明書には色々と種類があるので、こちらで説明していきますね。

プロミスの場合、収入証明書は以下のいずれかの1点の写しを用意することになります。

プロミスの申込みで必要な収入証明書
■源泉徴収票(最新のもの)
■確定申告書(最新のもの)
■給与明細書(直近2カ月と1年分の賞与明細書)
※賞与がない方は直近の給与明細書のみの用意でOK)

その他にも、税額通知書や所得(課税)証明書の提出でも大丈夫です。

ちなみに、マイナンバーが記載されている収入証明書類の提出については、プロミスはマイナンバーを回収する業者ではないので、マイナンバーが分かる個所を見えないように加工して提出することができます。

(こちらに収入証明書の表を作成して載せておく)

多くの方は、給与明細書や源泉徴収票を提出することになるかと思います。

しかし、自営業(個人事業主)の場合は、源泉徴収票や給与明細書などがありませんので、自営業の方は確定申告書を提出することになります。

絶対ではありえませんが、場合によってはプロミスは仕事の発注先から受け取ることになる支払調書の提出で審査を通過することができる場合もあえるようです。

もし、急で確定申告書を用意できないという場合は、プロミスの担当者に相談をしてみるのも良いかと思います。

収入証明書類の提出方法【プロミスを例に】

さて、収入証明書類は用意しました。

でも、その提出方法はどうすれば良いのでしょうか。

金融機関のカードローン申込みの際の収入証明書の提出のやり方を、消費者金融SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを例に紹介しますね。

プロミスの収入証明書の提出方法は以下の3通りがあります。

プロミスの収入証明書の提出方法
1、パソコン、タブレット、携帯電話、スマホアプリによるアップロード
2、お近くのプロミス店舗、プロミス自動契約機、三井住友銀行ローン契約機へ来店
3、FAX
4、郵送

もし、できるだけ簡単に収入証明書類の提出を行いたいのなら、プロミスの場合は1番のパソコン、携帯電話、スマホアプリによるアップロードがおすすめです。

こちらの方法でアップロードするなら、収入証明書類の写真を撮って、画像をアップロードしてしまえばそれで終わりですので、面倒な手間をかける必要が一切なく、契約をすることができますよ。

手元に、パソコンやスマートフォンがないという方の場合は、お近くのプロミス店舗やプロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機を使って画像を送るという方法もあります。

FAXが手元にある方はFAXで送信するのも良いでしょう。最近ならコンビニでもFAXは使えるので、コンビニから送信することもできます。

これらのやり方なら、比較的早く、プロミスの収入証明書類を送信することができるので、審査もその分スムーズに進みますが、やはり、一番おすすめなのは、写真を撮って送るだけでいいパソコンやスマートフォンを利用したやり方です。

逆に、審査が一番遅れてしまう可能性があるのは、郵送で収入証明書類の写しを送ることで、こちらの場合は郵送料金がかかるし、プロミスの店舗に収入証明書類が届くまで少なくとも1日以上かかります。

もし、急いで審査を完了させ、お金を借りたいなら収入証明書類はパソコンやスマートフォンなどからアップロードしましょう。

プロミスとweb契約をする際の必要書類一覧を紹介

この際なので、プロミスの契約に必要な書類の一覧も紹介しておきますね。

プロミスはweb契約をすれば、最短1時間の融資ができるので、急いでお金を借りたい人はweb契約をするのがおすすめです。
けれど、いざ、プロミスとweb契約をする際に、必要となる書類が分からないと不安になってしまいますよね。

なので、今回の記事では、初めてのプロミスとの契約で迷わないように必要書類の一覧をまとめてみました。

プロミスとweb契約をする際の必要書類一覧

プロミスとweb契約をする際に必要となる書類は何でしょうか。

プロミスと契約するときに必要となるものは借入のケースごとに異なるので、ケース別に分けて紹介していきますね。

プロミスと契約をする際は、借入希望額によって必要となる書類の数が変わってきます。

ケース別プロミスの契約
1、50万円以下の借入の場合、あるいは他社と合わせた合計借入額が100万円を超えない場合
2、50万円を超える借入の場合、あるいは他社と合わせた合計借入額が100万円を超える場合

まずは、1番の50万円以下の借入について見ていきましょうか。

1、50万円以下の借入の場合、あるいは他社と合わせた合計借入額が100万円を超えない場合

こちらのケースの場合、プロミスでweb契約を結ぶための必要書類は、本人確認書類のみとなります。

プロミスの申込みにおいて提出可能な本人確認書類は以下の3点です。

プロミスの申込みで使える本人確認書類

■運転免許証
■健康保険証+1点(例:住民票)(※1)
■パスポート
外国籍の方の場合、あわせて在留カードか特別永住者証明書が必要です。
※1、平成28年(2016年)10月1日より犯罪収益移転防止法が改正され、健康保険証など顔写真がない本人確認書類だけではネット申込みにおける本人確認ができなくなりました。

プロミスは、借入額が一定額以下であれば、自分の身分証明書のみで契約ができるのが簡単で嬉しいですよね。

ただし、本人確認書類に記載されている住所が、現在住んでいる住所と違う場合、以下のいずれかの書類(発行日から6カ月)のコピーも必要です。

■国税か地方税の領収書、あるいは納税証明書
■社会保険料の領収書
■電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行などの公共料金の領収書
■住民票の写しか、住民票の記載事項証明書

2、50万円を超える借入の場合、あるいは他社と合わせた合計借入額が100万円を超える場合

借入額が50万円を超えたり、他社と合わせた合計借入額が100万円を超える場合は、上記の本人確認書類以外に収入証明書類を用意する必要があります。

収入証明書類についても、こちらに一覧を載せておきますね。

プロミスの申込みで必要になる収入証明書類一覧

■源泉徴収票(最新のもの)
■確定申告書(最新のもの)
■給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与明細書)

また、その他にも確定申告書や税額通知書、所得(課税)証明書も認められています。

自営業(個人事業主)は、給与明細書は用意できませんが、確定申告書は提出することができますよね。

余談ですが、本人確認書類や収入証明書類の中にはマイナンバーが記載されているものもあります。

プロミスは、このようなマイナンバーの情報を回収するようなキャッシング業者ではないので、マイナンバー記載の書類の場合、その個所を見えないようにして提出することも可能です。

プロミスで増額をする際の必要書類

では、プロミスで増額(増枠)をして追加融資をしてもらう際の必要書類は何でしょうか。

実は、プロミスで増額をしてもらう際に必要となる書類についても、新規の申込みのときと変わりがありません。

上記のように50万円を超えない、あるいは他社とプロミスの借入を足した合計金額を100万円を超えないならば、自身の本人確認書類の提出のみで申込みをすることができます。

ただし、借入金額がそれ以上になった場合は、やはり、本人確認書類以外に収入証明書類も必要です。

多くの方は、プロミスで借り入れをする金額は数万円から数十万円になるかと思います。

なので、そこから十数万円の増額をしたとしても、50万円を超えなければ、身分証明書だけを用意すれば簡単に追加融資を受けることができるでしょう。

プロミスは手間いらずで簡単に増額ができるところが使い勝手が良いですよね。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です