プロミス申し込みの流れと方法【web契約で時間を節約!】

プロミスの申し込みならweb契約がおすすめ

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、大手消費者金融の中でもナンバー1の知名度を誇っています。

プロミスのサービスは、知名度に負けず劣らず、最短1時間の融資や30日間の無利息キャッシングが利用できるために非常に使い勝手が良いです。

今回は、そんなプロミスの申し込み(契約)について解説します。

まず、プロミスの申し込みを考えている方には、web契約がおすすめです。

なぜなら、プロミスのweb契約なら、来店不要で契約をすることができるからです。

プロミスのweb契約なら、書類を郵送する必要がないため、申し込みを簡単に済ませることができますよ。

また、webで申し込みをして契約するメリットとしては、自分の好きな時間帯に申し込みをすることができるということも挙げられます。

プロミスはwebでの申し込みは24時間365日いつの時間帯でも受け付けているので、日中や真夜中など、自分の都合の良い時間に申込みをするところが便利です。

プロミスはweb完結申し込みをすれば、カードレスでお金を借りることができるので、カードを持ち歩きたくない人もwebで契約してみてくださいね。

その他のプロミスの申し込み方法

プロミスはweb契約以外にも、色々な申し込み方法があります。

電話で契約(プロミスコール)

インターネットでの申し込みの仕方がイマイチよく分からないという人は、電話(プロミスコール)を使って申し込みをする方法があります。

プロミスコール(電話)で申し込みなら、固定電話だけでなく携帯電話(スマートフォン)からでも通話料無料で申込みができるので安心です。

ただし、電話申込みは受付時間が9時~22時(土日祝日も申し込み可能)なので注意しましょう。

店舗・店頭窓口(お客様サービスプラザ)で契約

プロミスは店舗・店頭窓口(お客様サービスプラザ)でも、申し込みから契約までを済ませることができます。

店舗・店頭窓口で申込みをするメリットとしては、直接、プロミスの担当者と顔を合わせて契約をすることになるので、電話申込みよりも細やかなサービスを受けることができることです。

ただし、店頭窓口まで来店するのが面倒くさいという人や、担当者と顔を合わせるのはプレッシャーを感じて気が進まない、という人もいると思うので、そのような人の場合は、インターネットで申し込みをしてweb契約を結ぶのが良いでしょう。

プロミスの自動契約機で契約

プロミスは自動契約機も設置されているので、自動契約機を利用して申込みをするのもアリです。

自動契約機での申し込みのメリットは、店頭窓口に来店するのと違い、誰とも顔を合わせずに申し込みから契約までを完了させられることです。

また、自動契約機ならカードも契約書類もその場で発行して受け取ることができます。

カードなどを自宅に郵送されて家族にバレることを心配な人は、自動契約機から申込みをするのがおすすめです。

三井住友銀行のローン契約機で契約

プロミスの場合、三井住友銀行のローン契約機でも申し込みをすることができます。

三井住友銀行のローン契約機での契約は、消費者金融の自動契約機コーナーに入るのは人目が気になるという方におすすめです。

三井住友銀行のローン契約機であれば、消費者金融の自動契約機コーナーに入るのと比べれば抵抗感はないのではないでしょうか。

郵送で契約

プロミスは郵送で申し込みをすることができます。

申し込みの仕方も簡単で、プロミスの所定の申し込み書に必要事項を記入し、あとは郵送するだけです。

ただし、郵送で借り入れの契約をする場合、書類の郵送で時間がかかってしまうので、即日融資は難しいと考えておいた方が良いかと思います。

プロミスの申し込み(契約)の流れ

ここで、プロミスの申し込み(契約)の流れについても説明しておきますね。

プロミスの申し込み方法の中でも、もっともポピュラーかつ簡単な申し込み方法であるweb申し込みの方法について解説します。

プロミスのweb申し込みの流れ

プロミスのweb申し込みの場合だと、前述したように24時間365日いつでも受付をしているので、自分の好きな時間帯に申し込みができて便利です。

web申し込みをすると、入力した内容で一次審査(仮審査)が始まります。

一次審査(仮審査)に通過すると、今度はプロミスの担当者が、申し込みフォームに記入した連絡先に電話をかけ、本審査で必要な項目のヒアリングをすることになります。

ちなみに、プロミスから連絡がある時間帯は9時~21時の範囲内となるので、あまり夜遅くに申し込みをした場合は、融資は翌日以降になるので木をつけましょう。

本審査に通過すると、プロミスの担当者は顧客へ契約可能額の通知を行います。

この通知は、電話・メールのどちらでも可能ですので、お好きな方を選べば良いでしょう。

このときに、返済方法を決定することになります。

返済方法の決定

返済方法は、ATMによる返済か、口座振替による返済の2種類が選べます。

口座振替で返済することで、通帳に記録が残ってしまうのが嫌な方はATM返済を選べばいいでしょうし、いちいち近くのATMまで行って返済するのは手間がかかるし面倒くさい、という方は口座振替を選ぶのが良いかと思います。

もし、プロミスの契約をwebで完結させたいならば、返済方法は口座振替を選ぶ必要があります。

プロミスのキャッシング契約をweb完結させる場合

プロミスの契約をweb完結させる場合、カードを発行するか、カードレスで利用するかを選ぶことができます。

カードレスを選んだ場合、カードと契約書類は自宅に郵送されることはありません。

カードなどが自宅に送られてこなければ、家族に郵送物の中身を見られてトラブルになることを防ぐことができます。

カードレスは、夫や妻、親など第三者に知られずに内緒でお金を借りたい方におすすめです。

カードレスの場合、借り入れの方法は振込融資オンリーとなります。

カードは欲しいけれど自宅に郵送されたくない場合

プロミスのローンカードは使いたいけれど、家族に内緒でお金を借りたいので自宅にカードを郵送されたくないという人もいらっしゃいますよね。

このような場合、プロミスはお近くのお客様サービスプラザ(店頭窓口)あるいは自動契約機に来店して、カードを発行するという方法もあります。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)や自動契約機でもカード発行し、契約書類を受け取ることができるので、自宅に郵送されずに済むだけでなく、カードを受け取り次第、すぐにキャッシングを利用することもできますよ。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です