プロミスで延滞・滞納しそうなら電話連絡して早めに相談しよう!

プロミスで延滞・滞納しそう……

今回は、プロミスでの延滞・滞納についてのお話です。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは大手消費者金融の一角ですので、プロミスでお金を借りている人も多いですよね。

けれど、次第に返済が苦しくなり、とうとう、プロミスで延滞してしまいそうになった……、あるいは、既に滞納してしまっているという人もいるのではないでしょうか。

もし、失業や病気、怪我が原因でプロミスから借りているお金を返済ができなくなり、延滞しそうになったり、滞納してしまったりした場合どうなるのでしょうか。

プロミスといえば、SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド。つまりは消費者金融です。

消費者金融の取り立ては、テレビドラマなどによって私たちは暴力的なものというイメージを抱いていますが、実際に返済を延滞・滞納してしまった場合、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはどのような対応をするのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、プロミスは返済を延滞してしまっても、暴力的な取り立てや冷たい対応をするようなことはありません。

むしろ、2017年を過ぎた現在、大手の消費者金融は、一昔前のテレビドラマに出てくるサラリーマン金融の強面の業者さんのような取り立てを行うことは絶対にありません。

だからと言って、「なーんだ……それなら、気楽に延滞・滞納してしまえるな」と思ってはいけません。

が、少なくとも、「延滞や滞納をしたらひどい目に遭わされるっ!」と必要以上に不安になることはないかと思います。

プロミスの担当者は、延滞・滞納をどうやったら解消していけるかを親身になって相談してくれますので、お金の借り手としても今後の返済プランについて前向きに考えていくことができるでしょう。

延滞の相談ならプロミスのコールセンターに早めに電話連絡をしよう

やはり、プロミスの借金を延滞しそうなら、早めに相談しておくことが大切です。

もし、延滞・滞納することが分かっているのなら、できるだけ早くプロミスのコールセンターにそのことを電話連絡した方が良いでしょう。

後で連絡すればいいや、と電話を怠ってしまうと、プロミスの方も困ります。プロミスが困るだけでなく、延滞した方の信用も失われてしまうでしょう。

お金の借入は、借り手と貸し手、双方の信頼関係が築かれていることが大切です。

なので、延滞や滞納についての相談は、事前にプロミスに電話連絡をして通知するようにしましょう。

もちろん、期日までに返済するのが大切ですが、それでも、やむを得ず延滞してしまう場合は、きちんと電話で正直に話すことが大切です。

延滞、滞納するとプロミスで借り入れできない状態になるの?

では、延滞、滞納することはプロミスの担当者に相談をしました。

この場合、プロミスでは追加で借り入れできない状態になるのでしょうか。

結論から言うと、一度くらい延滞、滞納をしただけで、すぐにプロミスの借り入れができない状態になることはないかと
思います。

しかしながら、プロミスの返済を何度も延滞してしまったり、長期間の滞納が続けば、追加の借り入れが停止される可能性もあるでしょう。

プロミスの借り入れを長期間延滞してしまうと、プロミスでの借り入れができないだけでなく、他の消費者金融や銀行でローンを組むこともできなくなりますし、クレジットカードを作ることも難しくなります。

どうして、そのような状態になるのかというと、それはプロミスの借り入れの延滞情報は、信用情報機関に記録され、それはプロミス以外の他の金融機関でも照会することができるからです。

顧客の金融機関の借り入れ情報やクレジットカードの支払いの情報は、信用情報機関を通して一元管理されていますので、プロミスで延滞をして貸してもらえなくなったからといって、「じゃあ、アコムで借りればいいや」というわけにはいきません。

延滞をすれば、遅延損害金が発生するため、普通に返済をするよりも多くのお金を支払わなければいけなくなりますし、延滞が続けば、そのうち、借り入れはできなくなり、他のローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることもできなくなるので、良いことは全くありません。

どうしてもお金がなくて延滞をしてしまう場合は仕方がないのかもしれないですが、できるだけ延滞をせず、毎月決まった金額を支払えるように心掛けることが大切です。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です