オリックス銀行カードローンの金利、審査基準などを網羅

オリックス銀行カードローンといえば、とても低金利のカードローンです。

金利1.7%~17.8%なんて、上限金利はそれほど低くないでしょう。
そう思う人もいるのですが、実は一番借入額が少ない100万円未満コースでも金利の幅が12.0%~17.8%となります。

そうです。
オリックス銀行カードローンは、条件によっては、メガバンクよりも低い金利が期待できるので、実はとても頼りになるカードローンなのです。
今回は、そんなオリックス銀行カードローンについて解説します。

低金利で提携ATM手数料無料!
オリックス銀行カードローン!!

オリックス銀行カードローンの魅力

■低金利と評判!1.7%~17.8%♪
■100万円未満の借入コースでも12.0%~17.8%
リボ払いのおまとめにも最適♪
提携コンビニATMの借入・返済手数料が無料
■利用限度額、最高800万円!
■来店不要!
■口座不要!
■担保・保証人不要!
■使い道自由!
ジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日いつでも振込融資可能

↓オリックス銀行カードローンの公式サイト↓
http://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/

オリックス銀行カードローンのメリット

CMでもお馴染みで知名度が高いオリックス銀行カードローン。
オリックス銀行カードローンの頼れるところは、やはり、使い道自由というところ。
オリックス銀行カードローンならば、お友達との交際費やレジャー費用、結婚式のご祝儀や病気や怪我などの医療費、リフォームやお引越しにも使うことができます。

そんな使い勝手が良いオリックス銀行カードローンですから、利用を検討されている方もいるのではないでしょうか。
冒頭でも簡潔に紹介しましたが、オリックス銀行カードローンのメリットをより詳細に紹介していきますね。

オリックス銀行カードローンの魅力1、金利が安い!

まず、最初にオリックス銀行カードローンは、金利が低いです。
金利は1.7%~17.8%。
下限金利が金融業界でもトップクラスに低いので、たくさん借りる人には特におすすめのカードローンです。
ですが、オリックス銀行カードローンは上限金利についても魅力的です。

17.8%は、一見、上限金利だけをみれば、消費者金融SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの金利と同じです。
しかし、利用限度と金利の一覧表を見れば、実はオリックス銀行カードローンの金利がとても魅力的であることが分かります。
というわけで、実際に金利を見てみましょうか。

【オリックス銀行カードローンの限度額別金利一覧表】

限度額のコース利用限度額借入金利
100万円未満コース100万円未満12.0%~17.8%
100万円コース100万円6.0%~14.8%
150万円コース100万円超
150万円以下
200万円コース150万円超
200万円以下
5.0%~12.8%
300万円コース200万円超
300万円以下
400万円コース300万円超
400万円以下
4.5%~8.8%
500万円コース400万円超
500万円以下
600万円コース500万円超
600万円以下
3.5%~5.8%
700万円コース600万円超
700万円以下
800万円コース700万円超
800万円以下
1.7%~4.8%

オリックス銀行カードローンは、↑の金利表を見て分かるように、たくさん借りていなくても非常に低い金利で借りれる場合があります。
金利は、オリックス銀行カードローンの審査によって決まるので、申し込み者が決定することはできないのですが、少しでも低い金利でお金を借りたい人にとっては、申し込みをしてみる価値があると言えるでしょう。

もっと詳しくオリックス銀行カードローンの金利について解説します。
オリックス銀行カードローンの金利は、下限・上限の金利幅が1.7~17.8%なので、一見、プロミスの金利4.5~17.8%とあまり変わらない金利に見えてしまう人がほとんどだと思います。
しかし、ここが、オリックス銀行が広告の見せ方で損をしているな、と、ぼくが思うところなんですよね。

先ほども言いましたが、オリックス銀行カードローンの金利はコースによって決定されます。
例として出すと、借入額100万円未満のコースの場合、貸し出し金利は12.0~17.8%です。
12.0%~17.8%。
一番借入限度額が低いコースでも、その下限金利はとても低いです。
顧客の属性によっては、100万円未満の借り入れであっても、審査の結果、金利12.0%が適用される可能性もあるということになります。

金利12.0%といえば、メガバンクの銀行カードローンである三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の金利1.8%~14.6%の上限金利よりも低くなります。

ちなみに、三菱UFJ銀行以外のメガバンクのカードローンの金利は

三井住友銀行カードローンなら4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローンなら2.0%~14.0%

となります。
※メガバンクのカードローンのそれぞれの金利は2018年6月時点のものです。

いかにオリックス銀行カードローンが低金利で借りれる可能性があるかを分かって頂けるのではないでしょうか。

さて。
三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』も利用限度額のコースによって金利が決定されますが、バンクイックの場合、10万円以上100万円以下のコースの場合、金利は13.6%~14.6%で決定されます。

したがって、より低金利でお金を借りたいのでしたら、オリックス銀行カードローンを利用するのも有効な選択肢の一つと言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンの魅力2、借入限度額が大きい!

オリックス銀行カードローンは、借入限度額が10万円~800万円までとなっているので、たくさんお金を借りたいという人におすすめです。

数百万円単位の借り入れができるということは、お金の使い道の幅が広くなる、ということです。
生活費などの比較的小さい金額の借入から、リフォームや教育費、自動車の購入など大きな金額が必要になる使い道まで対応できます。

もちろん、リフォームなどの用途で使うのなら、カードローンよりも金利が低いリフォームローンや教育ローン、それからマイカーローンなどを利用した方が金利が低いというのはあります。
ですが、それらのローンは、一度、その目的のためにお金を借りると、あとは返済していくのみなので、お金が必要になった場合も追加融資してもらうことができません。

なので、何度でも繰り返しで自由に使えるローンサービスが欲しい人は、やはり、ローンカードを一枚もっておくことをおすすめします。お金を自由に引き出せるカードを用意しておけば、急にお金が必要になったときや出費の多い時期にも助けてもらえるからです。

オリックス銀行カードローンの魅力3、リボ払いのおまとめにも使える♪

オリックス銀行カードローンは、金利が安く、借入限度額も大きいので、クレジットカードのリボ払いのおまとめにも最適です。
言われるまでもないことだと思いますが、クレジットカードのリボ払いは、金利が高めです。
しかも、毎月の支払い額が少ない場合、いつまでたっても支払いが終わらないというデメリットがあります。

このようなゲンナリさせられるリボ払いも、オリックス銀行カードローンなら、低金利でおまとめが可能です。
もし、リボ地獄で悩んでいる、という人がいましたら、オリックス銀行カードローンは最適です。
リボ払いをおまとめすることは、申し込みを検討してもいいかもしれませんね。

オリックス銀行カードローンの魅力4、提携コンビニATMの借入・返済手数料が無料♪

冒頭でもオリックス銀行カードローンのメリットで書きましたが、提携コンビニATMの借入・返済の手数料が無料というのが地味にありがたいです。
カードローンは、何度も繰り返しで借りたり、返したりするものなので、そのたびに手数料を取られるのって勿体ないですよね。

オリックス銀行カードローンの場合は、提携コンビニATMの手数料が24時間365日無料なので、ローンカードを使うたびにお金をチクチク取られる煩わしさがありません。
しかも、提携しているコンビニATM自体がたくさんあるので、全国で99000台以上のコンビニやスーパーでお金を借りたり、返済したりできるということになります。

ここで、オリックス銀行カードローンの提携コンビニと銀行のATMを紹介しますね。

【オリックス銀行カードローンの提携コンビニ・銀行ATM一覧】

提携ATMおもな設置場所
セブン銀行ATM・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
イーネット・ファミリーマート
・スリーエフ
・ポプラ
・デイリーヤマザキ
・セーブオン
・コミュニティ・ストア
ローソンATM・ローソン
・ナチュラルローソン
イオン銀行・イオン
・ミニストップ

ついでに、それぞれのATMの利用時間帯についても載せておきます。
【オリックス銀行カードローン提携ATMの利用可能な時間帯】


↑を確認する限り、全国の提携ATMは、日中はほぼいつでも使えます。
で、一部使えない時間帯は、深夜から早朝にかけて短い時間であります。
午前の0時00分~0時15分、3時~4時10分まで、23時50分~24時00分の3つの時間帯だけ使えませんが、これならほとんどの人が不便を感じることなく使えるでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査時間(融資スピード)は?

オリックス銀行カードローンの審査時間(融資スピード)はどれくらいなのでしょうか。

結論から言えば、オリックス銀行カードローンの審査時間(融資スピード)は、実際の融資まで1週間程度かかることになります。
以前は、最短なら即日審査だったんですけどね。

これは、オリックス銀行カードローンだけでなく、銀行カードローン全体で共通しています。
2018年1月より、銀行カードローン全体の審査の流れが変わり、それによって、審査時間が以前よりかかることになりました。

実は、2017年までは、銀行カードローンも即日融資は可能だったんです。
ですが、2018年1月から銀行カードローンの個人の即日融資は完全に停止する、という流れになりました。
理由は、銀行カードローンの従来の審査の他に、警察庁のデータベース(DB)への照会も加わったためです。
銀行カードローンの審査で、警察庁のデータベースの照会もしないといけない理由は、暴力団構成員など反社会的勢力との取引を避けるため、となります。

これにより、銀行カードローンは従来の審査に加えて、もう一行程審査に手間がかかるようになったため、更に余計に審査に時間がかかるわけですね。
オリックス銀行カードローンも、銀行のカードローンですので、やはり実際の融資まで一週間程度かかると予測して良いかと思います。

2018年現在、銀行カードローンは、消費者金融と比較すると審査に時間がかかります。
金利は消費者金融よりも断然低いですが、その代わり融資スピードは消費者金融の方が格段に早いです。
この辺りは、金利を重視するか、審査時間を重視するかで、借入先が分かれそうですね。

オリックス銀行カードローンの審査時間(融資スピード)は、申し込みから融資まで最短でも一週間程度必要になるので、早めにお金を融資して欲しいという人は、前もって申し込みをしておきましょう。

オリックス銀行カードローンの審査基準・難易度は?

オリックス銀行カードローンの審査基準・難易度ですが、以下のようになっています。

【オリックス銀行カードローンの審査基準】

■申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の人
■原則、毎月安定した収入がある人
■日本国内に在住の人
(外国籍の人の場合は、永住者または特別永住者)
■オリックス・クレジット株式会社あるいは新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる人

オリックス銀行カードローンの審査基準については、きちんとお仕事に就き、安定継続して収入を得ている人であれば、特に心配をすることはないでしょう。

オリックス銀行カードローンは、安定してお給料を貰っている人なら、アルバイトやパート、派遣社員や自営業(個人事業主)の方でも、審査に通る可能性は十分にあります。

 

オリックス銀行カードローンを利用するためには、必ずしも正社員である必要はないので、金利が低く審査が厳しいとされる銀行カードローンの中では、多くの人に開かれたカードローンだと言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンの申込み・手続きの流れ

オリックス銀行カードローンの申込みをするためには、以下の2種類の書類が必要となります。

1、本人確認書類の写し(いずれか一点)

・運転免許証あるいは運転経歴証明書
・各種健康保険証
・個人番号カード
・日本政府発行のパスポート
・外国人の方の場合は在留カードまたは特別永住者証明書

2、収入証明書類の写し(いずれか一点)
※収入証明書類は、利用限度額が300万円を超える場合に必要となります。
①お勤めの方の場合
・源泉徴収票
・住民税決定通知書あるいは課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)
・給与明細書

②個人事業主・会社経営の方
・住民税決定通知書あるいは課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)

上記の書類が手元にあることを確認したら、あとは申込みするだけです。

オリックス銀行カードローンは来店不要でWEBから簡単に申込むことができます。忙しくて直接店舗に行く時間がない人には非常に便利ですね。(オリックス銀行は、元々、インターネット銀行なので店舗自体が全国にありませんが……)

オリックス銀行カードローンの審査通過のコツは?

オリックス銀行カードローンの審査に通過するためのコツとしては、当たり前のことですが、申込みフォームにはできるだけ正確な記入をするように心がけましょう。
申込みフォームの内容に間違いがあると、後で確認のためにオリックス銀行の担当者が一つ一つ問い合わせることになりますので、審査に余計に時間がかかることになるでしょう。

ちなみに、勤め先や年収などを、少しでも自分をよく見せるために嘘をついて記載をしてしまった場合、オリックス銀行の担当者は後で在籍確認や収入証明書類の写しの提出などで確認をすることになりますので、虚偽の記載はすぐにバレると考えた方がいいです。
少しでも審査に通る可能性を上げたいなら、申し込みフォームは丁寧に作成し、できるだけ正直に事実を申告しましょう。

お金を借りる、ということは、貸し手と借り手が信頼関係で結ばれることが必要ですから、飾らない自分自身の情報を銀行側に共有することが大切なのです。

オリックス銀行カードローンの在籍確認は会社への電話連絡

オリックス銀行カードローンは、顧客が実際に申告した会社に勤めているかを確認するために、オリックス銀行の担当者が顧客の勤務先に電話連絡をします。

在籍確認が会社への電話連絡と聞いて、職場の同僚や上司にお金を借りることがバレるのではないのか、と心配になった方もいらっしゃるかと思いますが、こちらについては不安になることはないかと思います。
オリックス銀行の担当者が顧客のプライバシーを考慮して、慎重な在籍確認を行いますので、それが原因で勤務先にバレたというケースはありません。

当然、オリックス銀行の担当者は、銀行名ではなく個人名を名乗って会社への電話連絡を行います。
また、電話の時間も、ただ、顧客が会社に在籍していることが確認できれば良いだけなので、ほんの数秒から十数秒で済みますよ。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です