借金返済がキツイとき。カードローンでおまとめ・借り換え可能!借金一本化のメリットとデメリット

返済がキツイときは、おまとめローン・借り換えローンで借金一本化……でも、おまとめローンのメリット・デメリットは把握していますか?

クレジットカードの毎月の支払いやカードローンの返済がキツくて、

このままじゃ生活していけない!
生活が破たんしてしまう!

このような悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

もし、
返済が辛い……
あるいは
今の借り入れの支払い金利よりも安いところはどこなの!?
と探している方は、消費者金融や銀行のおまとめ・借り換えローンの利用は非常におすすめです。

ちなみに、おまとめローンという商品は最近は少なく、カードローンで借り換えをするというのが最近のトレンドとなっています。
確かにカードローンは使い道自由ですから、借金の借り換え一本化をするのにも使えますよね。

しかしながら、何のリサーチもせずに適当にカードローンを選んで、おまとめ・借り換えをしてしまうと、月々の支払いが逆に増えてしまったり、最終的な総返済額が増えてしまったりする危険もあります。

なので、おまとめ・借り換えローンを利用して、今ある借金を一本にまとめてしまうことを検討している人は、きちんと借金一本化に利用するおまとめローンやカードローンのサービス内容を見極めてから、カードローンの申込みをするのが大切です。

それでは、おまとめローン・借り換えローンとして使うカードローン選びのポイントを段階を踏んで解説していきましょう。

知っておきたいおまとめ・借り換えのメリットとデメリット

まず、おまとめ・借り換えする上で、メリットとデメリットを知っておくことが大切です。

おまとめ・借り換えのメリットとは?

おまとめ・借り換えローンのメリットは、先ほども少し触れましたが、今までのローンやクレジットカードの金利や手数料よりも安くなるところを利用すれば、月々の返済額を大幅に減らせる見込みがあるということです。

月々の返済額が減らせれば、総返済額も減らすことに繋がります。

たとえば、2社の消費者金融から18%の金利で50万円ずつ計100万円お金を借りて、2年間で返済した場合、月々の返済額は49,924円となり、総返済額は1,198,166円となります。

こちらを金利14%の銀行カードローンでおまとめして借金一本化して2年間で返済すれば、月々の返済額は48,012円となり、総返済額も1,152,298円となります。

よって、月々の返済額は約2,000円近く減りますし、総返済額についても約46,000円も減額できますよね。

また、おまとめ・借り換えローンを利用すれば、借金の返済窓口が一つになりますので、管理も楽になるんです。

たとえば、4社の消費者金融から借り入れをしている人は、月に4回、別の窓口へお金を振り込まなければなりません。
ですが、4回もお金を支払う手続きをするのは面倒くさいですし、ATM手数料や振込手数料もその都度かかってしまうのはバカらしいですよね。

このような手間を防ぐことができるのが、おまとめ・借り換えローンを借金を一本化し、借金返済の窓口を一つにするメリットです。

また、おまとめ・借り換えには、以下の4つのメリットがあります。

【おまとめローンのメリット】

・月々の返済額が減らせる
・総返済額が減らせる
・ATM手数料や振込手数料が削減できる
・借金の管理が楽になる

おまとめ・借り換えローンのデメリットとは?

実は、非常に便利に見えるおまとめ・借り換えローンにもデメリットがあります。

では、そのデメリットとは何でしょうか。

第一に、おまとめ・借り換えローンを利用したときに生じるデメリットとして、よく申込み先を調べずに、勢いで利用をしてしまうと、逆に金利が高くなってしまうというケースがあります。

たとえば、おまとめ・借り換えローンにうってつけ、という文句で消費者金融のカードローンをすすめてくるような金融情報サイトがありますが、消費者金融のカードローンは、基本的には金融機関の中では金利が高い方なのでおまとめや借り換えには向きません。

なので、不親切な金融情報サイトに掲載された情報を鵜呑みにしてしまうと、借金をおまとめ・借り換えをするメリットは得られない可能性が高いです。

くり返しになりますが、大切なことなのでもう一度言います。

消費者金融のカードローンの上限金利は18.0%以上のものが多いため、おまとめ・借り換えローンとして利用することはおすすめできません。

また、クレジットカードのリボ払いや多目的ローンや自動車ローンなどを一本化する場合、たとえ、金利が低い銀行カードローンでおまとめ・借り換えをしたとしても、月々の返済額が高くなるケースもあります。

これは、クレジットカードのリボ払いや自動車ローンの金利が、銀行カードローンよりも低いことが多いためです。

リボ払いの金利は10~15%のものが多いため、銀行カードローンで借金一本化を図ったとしても、それほど返済額の減額は見込めませんし、下手をするとそれまでの月々の返済額よりも増えてしまう場合もあります。
なので、クレジットカードの支払いの一本化は、まとめる前によく検討することが必要です。

金利だけでなく、返済期間(回数)を注目することも大切です。
金利が低い場所で借り換えできたとしても、返済回数が増えれば、結果的に総返済額が増えてしまうケースもあります。

たとえば、2社の消費者金融からお金を借りて、毎月、各社2万円ずつ合計4万円返済していたけれど、その後、より金利が低い他の会社のおまとめローンを利用して、毎月3万円ずつ返済したとしますね。

このような場合、たとえ金利は低くなったとしても、月々の支払いは1万円減っているため、最終的に返済期間がそれまでよりも長くなってしまいます。
結果、総返済額を計算してみると損をしているケースも。

ただし、おまとめ・借り換えローンの利用で総返済額を減らすことができなかったとしても、借金を一本化してしまうことで、管理が楽になるというのはメリットといえばメリットかもしれませんね。

ほかにも、カードローンでおまとめをする際に注意してほしいことはあります。
それは、おまとめ・借り換えローンで全ての借り入れを一本化することができない場合もあるということです。

たとえば、100万円、200万円を超えるような高額なおまとめ・借り換えの場合、ローン審査も高額な分、慎重になります。
審査の結果、一部の借金しかおまとめすることができないというケースもあるでしょう。

このような場合、金利が減るのならば借金を一本化してしまった方がお得ではありますが、金利が大して減らないのであれば、手続きが面倒なだけなので、わざわざ借金を一本化する必要はないかもしれませんね。

おまとめローンのデメリットをまとめると以下のようになります。

【おまとめローンのデメリット】

・よく調べずにおまとめ・借り換えをしてしまうと金利が高くなり返済額が逆に増える場合がある
・月々の返済額が減り、返済期間が長引くと、結局、総返済額は以前よりも増えてしまう場合がある
・一部の借金しかおまとめ・借り換えできない場合がある

おまとめローンですらない!おまとめ詐欺に要注意!!

おまとめローンで借金を一本化してしまいたい、という人は、月々の返済がキツくて生活が苦しいという方も多いのではないかと思います。

そんな方は、月々の返済額が減り、総返済額も減らせる低金利のおまとめローンがあれば、是が非でも利用したいと考えているはずです。

しかしながら、卑劣な悪質業者は、このような借金の返済に困っている方をターゲットとして、巧妙にお金をだまし取ろうと企んでいますので、絶対におまとめ詐欺に引っかからないようにしましょう。

おまとめ詐欺に引っかからないように、いくつかのおまとめ詐欺のケースを紹介したいかと思います。

闇金融によるおまとめ詐欺の手口1 保証金の振込、郵送をさせようとするケース

悪質なキャッシング業者たちは、どこかから多重債務者の情報が載っているリストを入手し、これらの多重債務を抱えている方たちに向けて、『多重債務者歓迎!低金利のおまとめローン』、『無職・ブラックのの借り換えも可能!』などの、ある種、魅力的にも聞こえるようなおまとめ・借り換えローンの勧誘を電話やメールでしてきます。

そして、この情報に興味を持った方が、おまとめ・借り換えローンの申込みをすると、その方に保証料と称してお金を振り込ませたり、バイク便やゆうパックで郵送させたりするんです。

このようなケースに陥ると、おまとめ詐欺をした犯人を捕まえることはなかなか難しく、警察に被害を届けても、結局、犯人が見つからず泣き寝入りするしかない、ということが多いんですよね。

振込の場合、ATMからお金を引き出しているところが防犯カメラに映ることもありますが、その点は闇金融業者も知っていますから、マスクや帽子を深くかぶるなどの変装をして、ATMを利用するでしょうし、口座自体も足が付かないよう闇サイトで売られているような口座を使っています。

また、バイク便やゆうパックの郵送先を指定しても、こちらも、自分の住所でない場所を指定すれば、郵送先の住所から闇金業者の居所を掴むことは難しいでしょう。

なので、少しでもおまとめ詐欺の危険がある、と感じた業者には最初から申込みをしないことが大切です。

闇金融によるおまとめ詐欺の手口2 おまとめローンの審査に通過したはずなのに債務整理を勧めてくるケース

闇金融の中には、おまとめローンの審査に顧客が申込みをした結果、「審査に通過したので来店してください」という返事があり、顧客が喜々としてお店を訪ねると、「債務整理をしましょう」と勧めてくるケースもあります。

弁護士斡旋という手口を使う悪質業者は、審査に通過したという嘘をつき、顧客に弁護士を紹介して債務整理を行わせることで、その弁護士から紹介料をもらって利益を得ています。

この場合、闇金業者だけでなく弁護士もグルということになりますので、まんまと騙されて債務整理をしてしまわないように気をつけましょう。

弁護士は、弁護士法により、弁護士の資格を持たない人から債務整理をしたい顧客の斡旋を受けることは禁止されているので、キャッシング業者が弁護士を紹介してきたら、これは詐欺だ、と考えた方が良いかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。

長くなりましたが、おまとめ・借り換えローンは

・月々の返済額が減らせる
・総返済額が減らせる
・ATM手数料や振込の手数料を減らせる
・借金の管理が楽になる

など、非常に大きなメリットがあります。

 

複数社の借金の支払いをそのまま返済するか、おまとめ・借り換えをしてしまうかで、最終的な返済額は大分違いますので、自分の借金の金利が高いな、月々の返済が大変だな……と感じている方は、借金のおまとめ・借り換えを検討するのがおすすめです。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です