お金を借りる人必見!今更聞けないカードローンの基礎知識

今更、人には聞けないカードローンとは?

さすがに、カードローンという言葉を聞いたことがない、という人はいらっしゃらないかと思います。
ですが、カードローンについて何となくのイメージはついているけれど、はっきりとは分かっていないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

なので、カードローンの利用を検討している方のために、改めて、カードローンとは何かを解説したいかと思います。

単刀直入に説明すると、カードローンとは個人向けの無担保融資です。

カードローンは、原則として、お金の使い道が自由なローンサービスなので、生活費や医療費、引っ越し代や交際費、旅行費など、幅広い利用の仕方があって便利かと思います。

カードローンを取り扱っている金融機関としては、消費者金融・信販会社・銀行などがあり、それぞれ金融機関によってカードローンのサービス内容に違いがあるので、自分が希望する借り入れのスタイルに合わせて、カードローンを選ぶことがお得なカードローン利用のコツです。

カードローンの特徴と仕組みは?

さらにカードローンについて詳しく説明していきますね。

カードローンの利用を考えているのなら、カードローンの特徴や仕組みを把握しておいた方が良いでしょう。

まず、カードローンというのは、フリーローンの一つであると説明できます。

カードローンとフリーローンは、厳密に言うと差異があるのですが、使い道自由(用途自由)というところで両者は似ています。

カードローンとフリーローンの違いを挙げるならば、カードローンは繰り返し何度も借りたり返済したりすることができますが、フリーローンは繰り返しの借り入れができず、一度、お金を借りたら、後は返済していくだけです。

なので、繰り返しの借り入れができるカードローンの場合、安心してたくさん借りて使ってしまいそう……という不安を抱いている人は、カードローンを利用すればいいですし、いやいや、何度も必要に応じてお金を借りれる方が絶対に便利でしょ! という方は、カードローンを利用するのが良いでしょう。

ちなみに、カードローンとフリーローン、どちらを利用する方が多いのかと言えば、それは、やはりカードローンです。

カードローンは、大手の銀行や消費者金融がこぞってCMや広告で宣伝をしていますし、やはり、何度もお金が必要になったときに繰り返し借り入れができるというところが多くの人に便利と受け入れられているようですね。

ちなみに、フリーローンと正反対のローンとして、目的ローンというものもあります。

目的ローンは、カードローンのようなフリーローンとは異なり、使い道が目的別で限られています。

たとえば、マイカーローン、住宅ローン、教育ローン、リフォーム、医療ローン、ブライダルローン(結婚ローン)、葬式ローンなどが目的ローンの代表的なものです。

目的ローンのメリットは、カードローンのように使い道が自由ではなく、借りたお金の用途を制限されてしまう代わりに、カードローンよりも低金利で借りることができます。

なので、あらかじめ、既に借りたお金の使い道が決まっている、購入するものが決定している、という方が目的ローンを利用した方が、低金利で借り入れをすることが可能ですよ。

カードローンの返済方式は?

カードローンを利用する際は、返済方式はいろいろとあるのですが、残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。

残高スライド定額リボルビング方式では、毎月2千円、5千円、1万円など、あらかじめ決定している金額を返済し続けることになります。

カードローンの返済の必要性は、何も借りていない状態では発生しませんので、契約をしたら自動的に利息がついて、お金を払わらなくてはいけなくなるのではないかと心配されている方も安心して利用をすることができるでしょう。

なので、近い将来にお金を借りる必要があると分かっている場合は、あらかじめ、カードローンの申込みをして、キャッシングができる状態にしておくと便利です。

お金が必要になるときって、急なときが多いので、やっぱり、備えあれば憂いなしですよね。

カードローンのメリットとデメリットを解説します

ここまでの説明でカードローンのメリット、デメリットについては大体分かって頂けたかと思いますが、他にもメリット、デメリットはあるので、こちらの項で補足しておきたいかと思います。

まず、カードローンのメリット、デメリットについて、簡単にまとめてみましたのでご確認ください。

【カードローンのメリット】

■使い道が自由
■何度も必要に応じて繰り返し利用できる
■必要書類が少なく、申込みが簡単
■担保・保証人が不要

【カードローンのデメリット】

■使い道が決まっている目的ローンと比較すると金利が高い
■簡単に借り入れができるため借金をしている感覚が薄れる

カードローンの実際のメリット、デメリットはこのようなものとなります。

特筆すべき事項として、カードローンのメリットは、借り入れ希望額が少なければ、収入証明書類が必要にならないものが多いため、このような場合、本人確認書類の提出だけでカードローンの申込みができてしまうため、契約が簡単です。

また、目的ローンは担保・保証人が必要な場合がありますが、カードローンの場合は、多くのものが担保と保証人が不要です。

なので、簡単にローン契約をしてお金を借りたい、という場合は、カードローンはうってつけのローンサービスと言えるでしょう。

ただし、カードローンは、このような簡単に申込みをして契約ができる側面がありますが、その分、気軽に借りれる分、借金をしているという意識が薄れてしまうという欠点もあります。

このような借金の意識が薄れるサービスとして、クレジットカードもありますが、どちらも自分のお金を使って買い物をしているわけではないので、使い過ぎに注意しましょう。

うっかり、羽目を外して使い込んでしまうと、楽しかったはずのカードローン利用が、借金返済で悪戦苦闘する毎日に変わってしまう危険があります。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です