埼玉県在住は武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』を利用するのが正しい選択か、スペックと審査から分析

埼玉県といえば、埼玉りそな銀行が有名ですが、地元に住んでいる人にとっては、それと同じように、武蔵野銀行もなじみ深い存在ですよね。

今回の記事では、そんな武蔵野銀行の持つカードローン、むさしのスマートネクストについて解説したいと思います。

実は、武蔵野銀行のカードローン『むさしのスマートネクスト』は、メガバンクと比較しても見劣りしない性能を誇っています。

むさしのスマートネクストは、埼玉県・東京都内にお勤め・自宅がある人におすすめ!

むさしのスマートネクストのバナーを挿入
【むさしのスマートネクストの基本スペック】
■固定金利6.0~14.8%
■専業主婦(主夫)も30万円までなら借り入れ可能
■借り入れ限度額 30万円~300万円
■100万円まで所得証明書不要
■月々1万円から返済
■24時間いつでも申込みOK

上のスペックを見ると、確かに武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』は、かなりスペックとしては良いといえます。

特に、上限金利が14.8%なので、銀行カードローンとしては金利が低いです。
地方銀行カードローンとしては、健闘している部類かと思います。

また、専業主婦(主夫)でも利用ができるカードローンなので、敷居が狭いとされがちな銀行カードローンのイメージを覆していると言えるでしょう。

お金の使い道も自由なので、今月は家計がヤバい……とか、子供の塾の月謝が足りないとか、家賃や公共料金の支払いで今すぐお金を口座に振り込んでおく必要がある、とかいろいろな用途に使うことができますよ。

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の審査基準・難易度は?

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』を利用したい人は、まず、気になるのは審査基準や難易度のはず。
なにしろ、金利が低い銀行カードローンですから、審査もかなり厳しそうな感じがしますよね。

結論から言えば、むさしのスマートネクストは、審査は、それほど心配することはないでしょう。

なせなら、むさしのスマートネクストの審査基準を見る限り、アルバイトや専業主婦の方も借りれるからです。

もちろん、アルバイトやパートの方が契約する場合、安定継続した収入が必要となります。
また、専業主婦の借り入れも、配偶者の旦那さまの収入が安定していることが条件です。

しかしながら、普通に就職をして、毎月、一定額のお給料をもらっている人であれば、審査通過の可能性は十分にあるわけですから、審査についてはそれほど心配をすることはないのではないかと思います。

ここで、むさしのスマートネクストの審査基準についてまとめてみます。

【むさしのスマートネクストの審査基準】

・申込み時の年齢が満20歳以上満65歳以下
・継続、安定した収入がある人
※年金収入のみの人は申込み不可
※配偶者に安定収入がある専業主婦
・パート・アルバイト、派遣社員、自営業者(個人事業主)も申込み可
・保証会社エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる人
・武蔵野銀行の営業エリア(つまり埼玉県全域、東京都内に勤務先か自宅がある人

上の条件を満たしている人ならば、むさしのスマートネクストを利用できる可能性は十分にあると言えます。

ただし、むさしのスマートネクストを利用する上で失敗しがちなことがあるので、以下の項目を注意しておきましょう。

【むさしのスマートネクストを申し込むときにしがちな3つのミス】

1、埼玉県、東京都内に自宅か勤務先がない人が申込みしてしまっている
2、審査が甘い、緩いと誤解してしまっている
3、申込みフォームの記入ミスで審査結果が落ちる

埼玉県、東京都内に自宅か勤務先がない人が申込みしてしまっている

地方銀行のカードローンも、最近では、全国のどこからでも申込みができるものが増えてきました。なので、むさしのスマートネクストも、全国の人が利用できると誤解してしまう人がいます。

しかし、残念ながら、むさしのスマートネクストは全国どこでも申込み可能ではありません。
むさしのスマートネクストの契約条件は、埼玉県か東京都内に住んでいる方、あるいは勤め先がある人となります。

なので、埼玉県、東京都内以外から申込みをしようとしている人は、別のカードローンを利用しましょう。

審査が甘い、緩いと誤解してしまっている

むさしのスマートネクストは、銀行のカードローンですが、地方銀行なので審査が甘いとか、緩いのではないか、と誤解してしまう人もいます。

地方銀行よりもメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい、そんな風に言われることもありますが、事実は違います。

確かに、銀行カードローンと消費者金融のカードローンでは、金利が低い分、銀行カードローンの方が審査が厳しいというのはあります。

ですが、同じ銀行カードローンでスペックがほぼ同じだった場合、どちらの方が厳しいとか甘いというのはありません。

銀行カードローンの審査基準は、それぞれの銀行が定める独自のものがあり、一律ではありません。

大切なのは、それぞれの銀行カードローンが定める審査の基準を満たすことです。それさえ満たしていれば、銀行カードローンの契約ができます。

したがって、ある銀行カードローンの審査は落ちたけれど、他の銀行カードローンの審査には通過した。そんなケースも報告されています。

たとえば、正社員なのにカードローン審査に落ちた。その一方で、アルバイトの人が正社員が落ちた銀行カードローンの審査に通過したとか、のようなケースですね。

ここで大切なことをもう一度繰り返します。
一方のカードローンの審査に通過し、もう一方のカードローンの審査に落ちたからといって、通過した方のカードローンの審査が甘かったり、緩かったりすることはないので、これについてはくれぐれも誤解しないでください。。

これは、ただ、銀行によってそれぞれ審査基準が違うというだけの話なのです。

あくまで重要なのは、それぞれのカードローン固有の審査基準を満たすことにあります。
審査が甘い、緩いと思っていい加減に書類を記載したり、以前の借り入れの返済を延滞すれば、通るはずの審査も落ちてしまう危険性があるので注意してくださいね。

申込みフォームの記入ミスで審査結果が落ちる

お金を借りるときというのは、大抵の場合は、文字通りお金がないときです。お金が足りなくなって、どうしても食費や光熱費、家賃などの支払いのためにお金を借りなくてはいけなくなったときに、初めてお金を借りることになります。

もちろん、何か大きな買い物をするために前もってお金を借りる計画的な人もいるにはいますが、かなりの割合で、お金が足りなくなったときに借りている、という報告が当サイトには寄せられています。

なんで、こんな話を先にしたのかというと、それは、お金を借りる人の多くが、急いでお金を借りようとしている、ということが言いたかったからです。

皆さんは、急いでいるときって、ゆっくりと行動しますか?
急いで焦っているときに、慎重にじっくり動ける人ってどれくらいいるんでしょうか。

私は、お金を急いで、たとえば、今日までに借りなければいけないとき、申込みフォームを一刻も早く書いて、すぐに申込みを済ませてしまわなくては! と焦ります。

でも、焦って申込み書類を記入したばかりに、自分の名前を書き忘れてしまったり、自分の勤めている職場の名前を書き間違えてしまったり、電話番号の記載を間違えてしまったり、そんなうっかりミスをしてしまうこともありそうです。

しかし、このような申込み書の記入間違いをしたあまりに、カードローンの審査結果が落ちたとしたら、それは面白くないですよね。

むさしのスマートネクストも、焦って申込みをするあまりに、書類に書き損じが生じており、結果、正確な審査ができなかったり、申込み書に虚偽を書いたと見做され、審査落ちしてしまうこともあります。

もし、むさしのスマートネクストを確実に契約したいのであれば、申込み書類は正確に記入することを心掛けましょう。

焦っているのは分かりますが、じっくりと落ち着いて正確な情報を申告することがカードローン審査に通過するための一番の近道です。

むさしのスマートネクストの在籍確認の方法は?

やっぱり、むさしのスマートネクストのスペックや審査基準も大事ですが、在籍確認も気になります。在籍確認は、カードローンの審査の一環として不可欠の項目ですが、お金の借り手にとって一番不安を覚えるところですよね。

そもそも、在籍確認って何なの?
と思われる方に、まずはその用語の意味を説明しておきましょうか。

在籍確認って何?

在籍確認とは、金融機関のローンやクレジットカード審査のときに行われます。
在籍確認の意味は、文字通り、在籍確認を確認することです。

じゃあ、どこに在籍しているのかを確認するんだよ、と聞かれれば、それは勿論、職場です。
金融機関がお金を貸すときにもっとも重要なことは、お金を借りる相手の返済能力ですよね。
お金を貸しても、きちんと返済してくれない相手にお金を貸していると、当然、銀行や消費者金融は不良債権ばかりが溜まって、やがて倒産してしまうでしょう。

なので、金融機関は在籍確認をして顧客がきちんと申告フォームに記入した会社に勤務しているかを確認するわけです。

当然、武蔵野銀行のカードローンであるむさしのスマートネクストの審査も在籍確認は行われています。

むさしのスマートネクストの在籍確認の方法は?

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の在籍確認の方法はどのようなものでしょうか。

結論から言えば、武蔵野銀行の公式ホームページには記載されていませんが、むさしのスマートネクストの在籍確認は、顧客の会社への電話連絡によって行われています。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です