SMBCモビットってどんな消費者金融?特徴とメリットを余すことなく解説

皆さんは、SMBCモビットっていう消費者金融を知っていますか?
SMBCモビットといえば、テレビCMや雑誌や電車の吊り革広告でもたくさん掲載されているので、名前を聞いたことがある人も多いですよね。

実は、このSMBCモビットは、2018年にオリコン顧客満足度ランキングナンバーワンに輝いた人気のカードローンなんです。
今回は、そんなSMBCモビットの充実したサービス内容や審査について余すところなく解説していきます。

WEB完結申込みが頼りになるSMBCモビット!

モビット
SMBCモビットのメリット

WEB完結申込み利用で会社への電話連絡なし→職場に借り入れがバレる危険性なし
■WEB完結申込み利用でカードや契約書類などの郵送物がなし→家族に郵送物を勝手に開けられる心配なし
■カードレス利用が可能!
最短即日融資できる【審査回答も最短30分以内】
■原則、24時間最短3分で振込が可能♪
■金利3.0~18.0% 下限金利は消費者金融でもトップクラスで低い
■借入限度額1万円~800万円 消費者金融の中でもたくさん借りれる。ただし、総量規制の対象
申込みフォームの記入項目が他社よりも少ないためスマホや携帯電話からでも楽々申込みが可能
■アルバイト、パート、派遣社員でも、安定した収入があれば学生や主婦も利用できる
■自動契約機を利用すれば土曜日・日曜日・祝日などの休日も借り入れができる

↓SMBCモビットの公式サイトはこちら↓
http://www.mobit.ne.jp/

※SMBCモビットの即日融資・審査時間最短30分は、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットにキャッシングの申込みをする際に必要なる書類は?

SMBCモビットでキャッシングをする場合、カード申込みとWEB完結申込みの2通りがあります。

SMBCモビットってどんな消費者金融なの?

SMBCモビットといえば、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、アコム、アイフルに続く大手消費者金融の一角です。

プロミスやアコム、アイフルと比較すると知名度は若干低めではありますが、個性派俳優の竹中直人さんのCMや電車の吊り側広告などで名前だけは知っている、という方も多いのではないでしょうか。

SMBCモビットは、プロミスやアコムのような無利息キャッシングサービスがないため、一見するとSMBCモビットでお金を借りるメリットというのは薄いように見えますが、実はそんなことはありません。

SMBCモビットには、WEB完結申込みという申込みサービスがあり、こちらは審査の際に会社と自宅への電話連絡なし、郵送物なしで借り入れができるため、申込みから借り入れ・返済までを完全にインターネットで完結させてしまいたい、つまり、職場の同僚や上司、奥さまや旦那さま、ご両親やお子さまに知られることなく内緒でお金を借りたいという方は、SMBCモビットを好んで利用しているというデータがあります。

また、SMBCモビットの金利は以前は4.8~18.0%でしたが、2015年現在、SMBCモビットの実質年率は3.0~18.0%へと変更され、それによって借入限度額も最大500万円から800万円へと引き上げられました。

借入限度額最大800万円は、大手消費者金融の中でもトップクラスを誇っており、SMBCモビットはたくさん借りたい方にもおすすめの消費者金融でもあります。

カード申込みとWEB完結申込みでは、必要となる書類が少し異なるので、まずはそれぞれの申込みの際に必要となる書類を紹介していきましょうか。

SMBCモビットのカード申込みで必要な書類は何?

SMBCモビットでキャッシングの契約をする場合、申込みフォームの記入項目が少なく簡単に申込みができる反面、審査に必要となる書類は他の消費者金融と比較すると若干多めです。

SMBCモビットのカード申込みの場合は、必ず、

本人確認書類:運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかの写し一点
収入証明書類:源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書のいずれかの写し一点

こちらの書類が必要となります。

SMBCモビット以外の大手消費者金融であるプロミスやアコム、アイフルの場合は、借り入れ額が50万円を超えなければ、収入証明書類の写しを提出する必要はなく、本人確認書類のみでキャッシングの契約ができるので、小口融資の借り入れの場合はSMBCモビットよりも、他の大手消費者金融に申込みをした方が手続きが簡単かもしれません。

ただし、50万円を超える借り入れであるならば、どこの消費者金融も収入証明書類は必ず提出する必要があるため、申込みにかかる手間はどこでも同じになるかと思います。

むしろ、申込みフォームの記入項目がSMBCモビットは少ないため、早くお金を借りたいという方はSMBCモビットを利用するのが最も手っ取り早く借り入れできる、という人もいるでしょう。

SMBCモビットのWEB完結申込みで必要な書類は何?

では、SMBCモビットのWEB完結申込みで必要となる書類はどのようなものでしょうか。

SMBCモビットのWEB完結申込みで必要となる書類は、特定の銀行口座と以下の3種類となります。

・特定の銀行口座
三菱UFJ銀行か、三井住友銀行の口座のいずれか

・本人確認書類
運転免許証、パスポートのいずれか一点

・収入を証明する書類
源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、
給与明細書、直近2か月分(用意できる場合は、あわせて直近1年分の賞与明細書も必要)
いずれか1点

・勤務先を確認する書類
健康保険証(全国健康保険協会発行の社会保険証、あるいは、組合保険証)、あるいは、給与明細書(直近1か月分)
※ただし、収入を証明する書類として、給与明細書以外のものを提出した方の場合は、直近一か月分の給与明細書も必要)

といった具合で、SMBCモビットのWEB完結申込みに必要となる書類は、本人確認書類、収入証明書類、勤務先を確認するための書類の3種類が必要とはなりますが、こちらを用意することで会社と自宅への電話連絡なし、郵送物なしでキャッシングができるというメリットがあるので、誰にも内緒でお金を貸して欲しいという方は、WEB完結申込みを利用するのが良いでしょう。

SMBCモビットで即日融資をする場合に気をつけること

SMBCモビットは最短即日融資が可能な消費者金融です。

そんなSMBCモビットで即日融資をする場合、2つの方法があります。

1、振込融資で銀行口座に振り込みをしてもらう
2、SMBCモビットの自動契約機でカード発行する

振込融資で銀行口座に振り込みをしてもらう

SMBCモビットで即日融資を受けるためのやり方の一つとして、指定した銀行口座に振り込みをしてもらうという方法があります。

SMBCモビットで即日の振込融資をしてもらうためには、平日14時50分までにキャッシングの契約と振込手続きを完了させる必要があります。

平日14時50分というのは、他の消費者金融と比較すると若干長め(プロミス、アコムは平日の14時まで)ではありますが、確実にその時間帯までに振込融資の受付を済ませておく必要があるならば、朝の早い段階や前日の夜の段階からあらかじめ申込みをしておくのが良いでしょう。

また、振込の場合は、土日・祝日に審査が完了したとして、振込手続きを済ませたとしても、実際にお金が振り込まれるのは金融機関の翌営業日となりますので、どうしても当日にお金を借りたいならば後述するSMBCモビットの自動契約機でカードを発行するというのがおすすめです。

SMBCモビットの自動契約機でカード発行する

SMBCモビットの自動契約機でカードを発行してお金を借りる場合は、平日の夜でも土日や祝日のような休日でもカードを発行することが可能となります。

なので、もし、振込融資の時間帯に間に合わせることができず夕方頃に契約をすることになった、あるいは、土曜日、日曜日に急にお金を借りる必要ができたという方は、SMBCモビットの自動契約機を利用してカードを発行し、提携しているATMでお金を引き出すという借り方が良いでしょう。

ただし、SMBCモビットの自動契約機は24時間営業ではありませんので、営業時間に間に合うようにする必要があります。

SMBCモビットの自動契約機は平日、土曜日、日曜日、祝日ともに8時~21時までの営業となっていますので(店舗によっては営業時間が異なる場合あり)、時間に遅れてしまわないように注意しましょう。

とはいえ、SMBCモビットの自動契約機であれば8時~21時までは基本的に営業していますから、あらかじめインターネットで申込みを済ませて契約を完了させておき、仕事終わりにカードを発行してお金を借りるというやり方もできるかと思います。

ちなみに、早めに申込みをしたかったけれど、仕事などが忙しかったために申込みをする時間帯が遅くなってしまった、という方はインターネット申込みをしてからフリーダイヤルを利用して融資を急いでいるという旨を伝えれば、早めに審査を済ませてくるため、即日融資ができる可能性が高くなります。

なので、どうしても今日中にお金を借りたいという方は、SMBCモビットのフリーダイヤルを利用してSMBCモビットの担当者にスピード審査を済ませてもらう、というのもアリではないでしょうか。

SMBCモビットのQ&Aに答えます

SMBCモビットは専業主婦(主夫)の借り入れは可能なの?

SMBCモビットは総量規制の対象となる消費者金融ですので、職を持たない専業主婦(主夫)の方の利用ができません。

もし、専業主婦(主夫)の方でお金を借りる必要があるならば、総量規制の対象外である銀行カードローンの利用がおすすめです。

銀行カードローンの場合は、収入を得ていない無職の専業主婦(主夫)の方であっても、配偶者に安定した収入がある方であれば利用できる可能性がありますので、どうしても今月の家計がピンチだ、子どもの養育費で借り入れをする必要がある、という方はこちらのカードローンを利用してみるのが良いでしょう。

SMBCモビットはブラックリストに載っている方でも利用できるの?

残念ながら、SMBCモビットは過去に金融事故を起こされたブラックの方が審査に通るのは難しいかと思われます。

ただし、カードローンの多重申込みによる申込みブラックの方は、信用情報機関に申込み情報が掲載されている期間は半年ほどですし、過去にカードローンの延滞やクレジットカードの支払いの遅延があったとしても、延滞が解消されてから5年ほどの月日が経過していれば、こちらも信用情報機関のブラックリストから記録が消えますので、一定期間が経過すれば、SMBCモビットで借り入れすることは可能です。

なので、以前に金融事故を起こした方でも、SMBCモビットで借り入れできる可能性はありますので、お困りの際は、SMBCモビットに申込みをしてみるのも良いでしょう。

もし、自分の金融事故の情報が信用情報機関に載っているかどうかを知りたいという方は、CIC(株式会社シー・アイ・シー)やJICC(株式会社日本信用情報機構)、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)に問い合わせれば、1000円ほどで自分の情報を開示してもらえるので、すべての信用情報機関に開示請求をすれば3000円ほどの手数料はかかりますが、実際に連絡して確認をしてみるという方法もあります。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です