みずほ銀行カードローンの口コミと仮審査・本審査から分かること

みずほ銀行カードローンといえば、メガバンクの一つであるみずほ銀行のカードローン。
やはり、メガバンクのカードローンだけあって、そのサービス内容は充実しています。

今回の記事では、そんな頼りになるみずほ銀行カードローンの口コミや仮審査・本審査についてくわしく説明し、そこから分かることをまとめてみました。


【低金利!みずほ銀行カードローン】

みずほ銀行カードローンのメリット

■銀行ならでは低金利と限度額が魅力的♪
■実質年率2.0%~14.0%
■みずほ銀行キャッシュカードですぐの利用できる!
審査・発行まで郵送不要のWEB完結だから楽ちん♪
■メガバンクだから安心して借りれる♪
■担保・保証人は不要!
■限度額は最大級の10万円~800万円
■みずほ銀行の住宅ローンの利用で、金利を年0.5%引き下げ
⇒引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

 

みずほ銀行カードローンの口コミ評判

まず、カードローンを契約するものとして、気になるのが、借入先の口コミ評判ですよね。
そこで、みずほ銀行カードローンの代表的な口コミ評判をまとめてみました。

〇みずほ銀行カードローンの良い口コミ評判

・金利がとにかく低い
・コンビニで借入や返済ができるため手軽に借りれて便利
・大手だから安心・安全で借りれる

〇みずほ銀行カードローンの悪い口コミ評判

・銀行なので即日融資は難しい
・消費者金融と比較する審査が厳しい
・審査が甘いことを期待している人には不向き

みずほ銀行カードローンの口コミ評判ですが、やはり、低金利という感想が多いです。
また、低金利というだけでなく、メガバンクならでは安心感も人気の理由のようですね。
さすが、大手の銀行のカードローンだけあって、みずほ銀行カードローンの口コミ評価は良いものが多かったです。

ただ、消費者金融と比較すると審査が厳しいという点が、悪い口コミとしてありました。
これについては、やはり、金利が低い分、審査を厳しくせざるをえない、というのが理由かと思います。
審査が厳しいと、果たして契約できるか不安、という人も多いですが、実際のところ、必要以上に心配する必要はないとぼくは思います。

なぜなら、みずほ銀行カードローンの審査の項目にも書いていますが、みずほ銀行カードローンはアルバイトやパートでも、安定した収入さえあれば、契約することが可能だからです。

みずほ銀行カードローンの目次へ戻る

みずほ銀行カードローンの審査基準

さて、気になるみずほ銀行カードローンの審査基準について紹介します。

【みずほ銀行カードローンの審査基準】

■20歳以上66歳未満の人
■安定した収入がある人ならアルバイトやパートでも可能
■みずほ銀行の口座を持つ人も持たない人もOK
※みずほ銀行口座がない場合、カードローンの申込の時に口座開設をすることになります。

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンではありますが、審査基準は正社員限定、とかガチガチに縛られている、ということはなくて、アルバイトやパート、派遣社員でも借りれます。

また、みずほ銀行は、年金収入も安定した収入を捉えているため、年金生活者でも契約が可能です。
学生についても、安定した収入があれば、利用限度額は社会人と比較して少なくなりますが、借入することが可能です。

さらに、永住権のある外国人も申し込みができます。
逆に言えば、永住権のない外国人は、みずほ銀行カードローンの契約ができないため注意してください。
申し込みをする際は、永住権を証明できる書類が求められるので忘れないようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの目次へ戻る

みずほ銀行カードローンの審査の流れ

みずほ銀行カードローンの審査の流れですが、ざっくりと説明すると仮審査本審査に分けられます。

仮審査と本審査、それぞれ、どのようなことをするのか、解説していきますね。

みずほ銀行カードローンの仮審査

まず、カードローンの審査というものは仮審査から始まります。
これについては、みずほ銀行カードローンの審査についても例外ではありません。

仮審査では、申し込みのときに申請した書類や申込みフォームを元にして、コンピューターで点数化します。
点数化は、みずほ銀行独自の基準によって定められ、これによって審査の合否を判断します。
この審査方法はスコアリングと呼ばれ、みずほ銀行カードローンでも使われています。

ちなみに、仮審査については、銀行の場合、自分で行わないことが多いです。
銀行は、仮審査を、提携している消費者金融や信販会社にやってもらいます。代わりに仮審査を行ってくれる金融機関のことを保証会社と呼びます。

ちなみに、みずほ銀行カードローンの仮審査をする保証会社は、オリエントコーポレーション株式会社です。

みずほ銀行カードローンの本審査

仮審査で通過することができれば、最後は本審査が待っています。
本審査では、仮審査で確認したことを、今度は審査担当の目を通してもう一度審査します。

具体的には、仮審査のときに申し込みフォームに書かれた内容が本当かどうかを判断するため、顧客に本人確認書類や収入証明書類の写しを提出してもらって確認します。
また、それ以外にも、担当者は、顧客の職場に電話連絡をすることになります。
顧客の会社に電話して、申し込み者が会社に在籍しているかを確認する作業を在籍確認といいます。

在籍確認では、みずほ銀行の担当者は、担当者名か銀行名を名乗り電話します。
職場バレが不安な人は、前もって担当者に相談しておけば、必ず、担当者名(たとえば佐藤や鈴木などの苗字)を名乗ってくれるため、会社に知られる恐れはないでしょう。

この在籍確認によって、返済能力がある、と認識してもらえれば、書類に不備がない限りは、審査に通ると考えて良いでしょう。
在籍確認を成功させる秘訣は、虚偽の申告をしないことです。
嘘をついたりしていなければ、職場の電話で在籍が確認できない、ということは、まずありませんからね。

みずほ銀行カードローンの目次へ戻る

いかがでしたでしょうか。
以上のように、みずほ銀行カードローンは低金利なだけでなく、安定した収入があれば、アルバイトやパート、年金生活者や学生まで借りることができます。

また、プライバシーも遵守しているので、安心してお金を借入することが可能ですよ。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。