J.Score(ジェイスコア)の審査時間は消費者金融より早い?

J.Score(ジェイスコア)といえば、今をときめく金融機関!
AI審査によって、審査にかかる経費を削減し金利(年)0.8%~12.0%を可能にした画期的なキャッシングサービスが口コミで評判になっています。

今回は、そんなJ.Score(ジェイスコア)のサービスと審査について解説しますね。


金利(年)0.8%~12.0%を実現!
J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)の一押しポイント

年0.8%~12.0%!!
最短即日融資なので急いでいる人も大助かり♪
■平日の夜や休日も借りれる♪
■仮審査は最短30秒
■10万円~1000万円まで借りれる
■来店不要でスマホやPCがあれば契約できる
■振込なのでカードが自宅に送られてこない♪
■振込の手数料も無料!
■誰にも知られずに借りれるので安心♪
■最低返済額は毎月1000円からなので余裕をもって返していける!
※みずほ銀行・ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANへの情報提供に同意で、それぞれ金利が年0.1%(最大年0.3%)下がる

↓J.Score(ジェイスコア)の公式サイト↓
https://www.jscore.co.jp/lending/about/


J.Score(ジェイスコア)は融資スピード、金利、プライバシーと、どれをとっても、非常に頼りになるキャッシングサービスです。

もし、あなたが、早く、安く借りたいなら(そうじゃない人なんていないと思いますが)、J.Score(ジェイスコア)は一番最初に利用を検討してみて欲しい金融機関です♪

J.Score(ジェイスコア)の審査時間は遅い?早い?

キャッシングで一番大切なことって何でしょう。
それは、人それぞれかもしれませんが、審査のスピードは、大切なことの一つですよね。

お金というものは、急に必要になることがほとんどです。

急きょ飲み会が決まった!
急に怪我をしてしまって病院代がかかる!
いきなり欲しいものが出てきて、何としても手に入れたい!
今月出費が多くて生活費がヤバい!

お金が必要になるときの多くは、予定外のアクシデントあるいは、チャンスと巡り合ったときです。
チャンスが舞い込んできたとき、その機会をモノにするためにお金が必要な場合があります。
どうしても欲しいものが出来たときや習い事など、自分への投資をするためにお金を借りる必要があるなら、J.Score(ジェイスコア)で借入契約を結ぶことは理に叶っていると言えるでしょう。

でも、お金が急きょ必要になったときに、J.Score(ジェイスコア)は本当に速くお金を貸してくれるんでしょうか。

結論から言えば、J.Score(ジェイスコア)の審査時間は非常に早いです。
J.Score(ジェイスコア)の審査時間が遅い、か、早いか、で言えば、間違いなく早い部類に属します。

なぜなら、J.Score(ジェイスコア)も仮審査にかかる時間は最短30秒。
実際に融資してくれるまでは、最短即日なのですから。

では、なぜ、J.Score(ジェイスコア)の審査時間は『早い』のでしょうか?

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

J.Score(ジェイスコア)の審査時間が早い理由は?

繰り返しますが、
J.Score(ジェイスコア)の仮審査は最短30秒
審査時間がとても短いので、融資も最短即日で借りることができます。

これは、大手の消費者金融と比較しても驚異的なスピードです。
低金利な上に、融資スピードも最高クラスというのが凄いですよね。

でも、J.Score(ジェイスコア)の審査時間は、どうしてもこんなに早いのでしょうか。
カードローンの審査というものは、通常は、命の次に大切なお金を貸し出すわけですから、慎重になるはずです。
慎重になるということは、その分、審査が長くなってもおかしくない……。
事実、銀行のカードローンは低金利なので、審査時間は長くかかります。

審査項目としても、いろいろなところを評価します。
顧客の経済状況に、仕事や家族の人数、持ち家の有無、収入、他社借入件数など……
軽く十を超える評価項目をすべてチェックするので、融資に時間がかかるのが当然だと思います……。

しかし、J.Score(ジェイスコア)の場合は、審査を人ではなくAIによって行います。

AIが審査をすることにどんなメリットがあるのか。
それは、人が審査をするよりも早く審査を完了できる、ということがまずは挙げられます。
しかも、AIの場合は機械なので、設定さえ間違えていなければ、その判断は正確で間違いがありません。
複雑な審査の判断を、的確に評価して行うことができるんですね。

いくらベテランでも、あまりに属性情報がゴチャゴチャしている顧客が申し込みをしてきた場合、「あれ? どうしよう……? この人に融資してもいいのかな……」
と迷う局面もあるはずです。

そういった部分で、J.Score(ジェイスコア)はAIにお任せなので、スピーディに審査を完了することができるわけですね。

これが、J.Score(ジェイスコア)の審査時間が早い理由となります。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

J.Score(ジェイスコア)の審査基準は?甘い?厳しい?

J.Score(ジェイスコア)の審査基準はどうなのでしょうか。

融資スピードについて考えれば、J.Score(ジェイスコア)の仮審査時間は最短30秒、融資までは最短即日なので、通常のキャッシングサービスよりも断トツで早いです。
でも、いくら融資スピードが早いとしても、審査が厳しいなら、誰も借りることができませんよね。
J.Score(ジェイスコア)の審査基準は甘いのでしょうか。それとも厳しいのでしょうか。

いきなりですが、分かりやすいように勤務形態別に借入の可否をまとめてみました。

【J.Score(ジェイスコア)が利用できる職業の人一覧】

職業・勤務形態

借入の可否

正社員

派遣社員

パート・アルバイト

自営業

学生

留学生

年金受給者

専業主婦

×

無職

×

未成年

×

※学生の場合、20歳以上が借入の条件です。
※いずれの職業も、安定継続して収入を持っている必要があります。

結論を言えば、J.Score(ジェイスコア)の審査基準は、甘い、厳しい、という視点で論じるのは間違っています。
J.Score(ジェイスコア)は、決められた審査基準があり、その基準を満たす人しかお金を借りることができません。
なので、審査の甘さをあてにするのではなく、自身が安定した収入を得るなどして、J.Score(ジェイスコア)の定めた審査基準を満たすことが大切です。

ここで、J.Score(ジェイスコア)の審査基準について、分かっている限りのものを箇条書きでまとめてみました。

【J.Score(ジェイスコア)の審査基準】

■契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住する人
安定かつ継続した収入がある人
(学生や留学生でもアルバイトなどの安定収入がある人も申し込み可能)
※永住権のない外国人も申込み可能

繰り返しますが、未成年の契約はできません。
ですが、J.Score(ジェイスコア)は、基本的に、安定した収入があれば申し込み可能です。

正社員でなくとも、アルバイトやパート、自営業などでも、安定してお金を稼いでいる人なら契約できます。
そのため、審査の難易度については、必要以上に心配する必要はないでしょう。

毎月、安定した収入がある人なら、アルバイトやパート、自営業も可能であることから、審査が甘い、ということはないでしょうが、J.Score(ジェイスコア)は、日本全国の多くの人が利用できる間口の広いレンディングサービスだ、と言えますよね。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディングの審査の流れ

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの審査の流れは、どのようなものになっているのでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)の契約の手続きは、とても単純でいくつかのステップを踏んで進んでいきます。

まず、J.Score(ジェイスコア)のスコア体験を試してみましょう。
5つの簡易的な質問に答えれば、それだけで自分のAIスコアが分かります。

AIスコアが600点以上なら借入ができる、と言われると厳しそうと思うかもしれないのですが、アルバイトやパートでも、問題なく借りれていることは当サイトでも報告されているので心配する必要はないでしょう。

ここで、ざっと、簡潔にJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの審査の流れについて箇条書きでまとめてみます。

J.Score(ジェイスコア)の審査の流れ

1、メンバー登録をする
2、ログイン後、AIスコア診断開始
3、書類審査、AIスコア確認後、AIスコア・レンディングの申し込み
4、契約、借入(最短即日融資)

いかがでしょうか。

通常、銀行カードローンなどの場合は、これらの審査が完了するまでに1日かかったり、長いと一週間以上かかることもあるので、それと比較すると、J.Score(ジェイスコア)の融資が如何に早いか分かります。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、文字通り、AI審査を導入しているため、顧客へ融資できるかどうかの部分をAIで自動で済ませてしまうので、その分、ハイスピードの融資ができるのが凄いですね。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

J.Score(ジェイスコア)のAI診断の審査内容は?

J.Score(ジェイスコア)の特色は、何といってもAI審査です。
他社のキャッシングサービスでは、まだ、AI審査は用いられていません。
日本のキャッシングサービスで、AI審査を導入しているのは2019年1月現在、日本においてはまだJ.Score(ジェイスコア)のみとなります。
海外では、既に、それほど珍しくないサービスなのですが、日本のキャッシング事情は海外と比較すると、まだ、遅い方ですね。。。

日本ではまだまだ珍しいAI審査ですが、どのような審査内容となるのでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)のAI審査は、基本的に、パソコンやスマートフォン上で、AIの質問をどんどん答えていくことになります。
AI審査を受けたことがある人は、日本ではJ.Score(ジェイスコア)の利用者以外いないので、初めての人はちょっと不安になるかもしれません。
そこで、J.Score(ジェイスコア)へ申込みをする人が、AIにどのようなことが聞かれるのか簡単にまとめてみました。

J.Score(ジェイスコア)のAI審査で答える内容

■生年月日
■性別(男か女か)
■最終学歴
■業種・職種
■会社規模
■入社の時期(勤続年数)
■前年度年収
■婚姻の有無
■家族形態
■住所・郵便番号
■住宅の形態
■居住年数
■他社ローンの借入状況

↑の質問に答えると、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアが表示されます。
質問内容は、この辺りについては、一般的なキャッシングサービスの審査内容と変わりありません。

J.Score(ジェイスコア)は、600点を上回っていれば、レンディング申し込みができます。
もし、600点を下回っている場合は、基準数値を越えていないため、申し込みできない、つまり契約することができない仕組みとなっています。

もし、現在、残念ながら、600点いかなかった、という人も、何度でもチャレンジできるので諦めず再度挑戦してみましょう。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

J.Score(ジェイスコア)が600点いかないときのアドバイス

↑の写真のように0点は冗談ですが、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアで600点以上いかない、という人もいるはず。

このような場合は、答える質問の数を増やすと、より点数を上げることが期待できます。
AIスコアは画面上に表示されているスコアアップをタップして、性格や情報連携や性格、ウォレット、プロフィールなどの質問に回答すると点数が増えるんです。

ぼく自身もスコアアップのために、いくつか質問に回答してみたら、AIスコアがアップしました!
すでに600点以上に達している人も、スコアアップをすると、更なる金利優遇が期待できます。
なので、答えられる質問については回答しておいた方が良いでしょう。

みずほ銀行やソフトバンク、ワイモバイル、Yahoo!JAPANと情報連携すれば、金利が最大年0.3%下がります。

J.Score(ジェイスコア)で借りるなら、一番最初の目標は600点に達することです。
600点にいかない人は、そもそも、AIスコア・レンディングの申し込みができないので、まずは、この600点以上になることを目指しましょう。

600点いかない人が審査に通過するコツ

どうしても、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアが600点以上いかないんだーっ!!
と凹んでいる人もいるはず。
そんな人のために、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアで600点を越えるコツがないか、調べてみました。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコアを600点いかせるのは、意外と簡単です。
先ほども言いましたが、J.Score(ジェイスコア)のAIの質問に回答すれば、スコアアップの望みがあります。
なので、AIの質問をすべて回答してみましょう。

AIスコアの質問は、全部で163個。(2018年8月時点)
これらの質問に全て答えれば、AIスコア600点を超えるためのベストは尽くした、と言えます。
面倒くさいと感じる人もいるかもですが、質問に答えるだけでいいなら、何か書類を用意したり、収入アップさせたりするよりも手軽ではないでしょうか。

他にも、AIスコアを600点以上いかせるために有効な方法を箇条書きで紹介してみます。

AIスコア600点を越えるためにすべきこと

■AIの質問を全て回答する
■みずほ銀行、ソフトバンク、Yahoo!JAPAN、ワイモバイルと情報提携する
■一度600点いかない場合も、再度、時間をおいて回答する

↑で紹介したことを、全てやってもダメなら、他でお金を貸してくれそうな金融機関を探した方がいいかもしれません。。。
でも、まずは、J.Score(ジェイスコア)ほど低い金利でお金を貸してくれるところは、なかなか見つからないので、できるだけJ.Score(ジェイスコア)で融資を受けられるようにした方が良いかと思います。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

AIスコアのスコアアップが狙いやすい属性情報

ここでは、AI審査に通るためのコツではなく、最初からJ.Score(ジェイスコア)のAIスコアで600点以上の高得点が狙いやすい属性を持つ人をリサーチしてみました。

まずは、分かりやすく箇条書きにしていきます。

AIスコアのスコアアップが狙いやすい属性情報1、持ち家があること
2、安定した収入が得られる職業に就いている

J.Score(ジェイスコア)は、持ち家があったり、安定した収入を得ていたりする人だと、600点以上になりやすいです。
少しだけ、↑の属性について詳しく論じてみますね。

1、持ち家があること

まず、持ち家があれば、高いAIスコアが狙いやすい、というのは何となく理解できるかと思います。
自己所有していたり、家族所有していたりする一戸建ての住宅がある場合、J.Score(ジェイスコア)のスコアアップの可能性が高いです。

何を隠そうぼくも、現在、アパートで家族と暮らしているのですが、自己所有の住宅があると入力したところ、10点近いスコアアップができました。
なので、もし、持ち家がある人は、AIの質問で、そちらを記入しておくと、600点いく可能性が高くなるかと思います。

ただし、嘘をついてしまうと、それが発覚したときにマイナスの評価となり、結果、融資してもらえなくなる危険もあります。事実のみを記入するよう心掛けましょう。

2、安定した収入が得られる職業に就いている

また、J.Score(ジェイスコア)は、安定した収入が得られる職業に就いていると、AIスコアが600点にいく可能性が高まります。
たとえば、公務員や銀行員、他にも大きな企業の社員などは、高スコアが狙えることも多いです。
でも、別に、必ずしも↑の職業である必要はありません。
アルバイトやパートでも、収入が安定しており、毎月決められたお給料を貰っている人ならば、600点を越えることは可能です。

さて。
ここで、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアで高スコアを出している人の特徴を簡単にまとめてみますね。
ぼく自身の経験や他のJ.Score(ジェイスコア)の利用者の口コミを見たところ、やはり、全体として、社会的な信用力が高い人が、AIスコアで高得点を出す可能性が高いようでした。

これは、J.Score(ジェイスコア)だけでなく、銀行や消費者金融など、他の金融機関でお金を借りる場合も同じことが言えます。
やはり、社会的信用力が低い人が融資を受けることが難しいのは、当然と言えば当然のことだと思います。

とはいえ、J.Score(ジェイスコア)の場合、審査における質問の項目が他の金融機関の審査よりも多いところは注目すべきところです。
他社が評価していなかった項目が評価され、結果として、通常では融資を受けられなかったであろう顧客が、審査に通過してお金を貸してもらえた、ということもJ.Score(ジェイスコア)のAI審査ならば十分にありえます。
その意味では、J.Score(ジェイスコア)は、金利(年)0.8%~12.0%な上に、融資に積極的な頼りがいのある借入先だと言うことができるでしょう。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

J.Score(ジェイスコア)の審査の在籍確認

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認の方法は、職場への電話連絡によって行われます。
これは、通常の金融機関のカードローンの在籍確認の方法と同じです。

仮に職場に電話連絡があるとしても、J.Score(ジェイスコア)の担当者は個人名を名乗るため、金融機関名であるJ.Score(ジェイスコア)から電話がきたことを知られることは絶対にありません。

もしかしたら、J.Score(ジェイスコア)は書類の提出で在籍確認することも可能なのかな? と疑問に思ってオペレーターさんに聞いてみたのですが、こちらについては原則行っていないようでした。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

J.Score(ジェイスコア)の審査結果の通知方法はメール?電話?

J.Score(ジェイスコア)の審査結果は、どのように通知されるのでしょうか。
通知方法はメールでしょうか? 電話でしょうか?

結論から言えば、審査には二つの段階(ステップ)があり、その状況によって、審査結果の通知方法が若干異なりますが、基本的にはメールで通知されます。

具体的には、審査には仮審査と本審査の二つの段階があります。
そのどちらでも、メールによって結果が教えてもらえる、と考えておくと良いでしょう。

【J.Score(ジェイスコア)の二段階の審査】

1、仮審査
2、本審査

審査の最初の段階である仮審査は、申し込み時に入力した内容を元に、J.Score(ジェイスコア)側で審査を行います。
これが、AI審査ですね。

原則として、J.Score(ジェイスコア)の仮審査の結果連絡は、メールで行います。
審査結果が来ないよ! という人は、登録したメールアドレスが間違っていた可能性もあるので気を付けてください。
迷惑メールフォルダに審査結果の連絡メールが入っていることもあるので、「なかなか結果連絡の通知がないなー……」とヤキモキしている人は、一度、確認してみた方がいいかもしれません。

J.Score(ジェイスコア)の仮審査の結果連絡の通知が来て、もし、仮審査が通っていたならば、次は、本審査が行われます。
仮審査の結果連絡が落ちた場合、当然、本審査はありません。

本審査では、本人確認書類や収入証明書類を提出し、申込みフォームに記入したことに間違いがないか確認をしてもらいます。
在籍確認についても、本審査のときに行われます。

本審査の結果連絡についても、原則、メールです。
本審査に通過していたら、最後に、スマホやPCで契約手続きを進めましょう。

繰り返しになりますが、J.Score(ジェイスコア)の審査結果の連絡が来ない場合は、まず、登録したメールアドレスに間違いがないかを疑った方が良いと思います。
もし、間違えがあった場合は、それをJ.Score(ジェイスコア)側に教える必要がありますからね。

J.Score(ジェイスコア)解説の目次へ戻る

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

1 個のコメント