今更聞けない自動契約機(無人契約機)の使い方

カードローンを利用する上で、自動契約機(無人契約機)を利用すると便利です。

自動契約機(無人契約機)でカードを発行すれば、銀行の振り込み営業時間外でもお金を借りたり、カードや契約書類などの郵送物をその場で受け取ったりすることができるメリットがあります。

そもそも、自動契約機(無人契約機)って何ですか?

自動契約機(無人契約機)の代表的なものとして、大手消費者金融アコムの『むじんくん』やアイフルの『てまいらず』があります。

『むじんくん』や『てまいらず』なら、CMでも有名な大手消費者金融の自動契約機(無人契約機)ですので、名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、名前は聞いたことがあっても、実際にどんな風に使えばいいのか分からないという方も多いので、今回は消費者金融や銀行の自動契約機(無人契約機)の使い方について具体的に説明をしたいと思います。

まず、自動契約機(無人契約機)とは、そもそも何なのでしょうか。

自動契約機(無人契約機)とは、その名前の通り、無人で誰とも対面せずにカードローンの申込みから契約、発行までができる便利な機械のことです。

自動契約機(無人契約機)は、全国に展開している消費者金融や銀行の場合、人の多い街中や国道沿いに設置されていることが多いため、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

自動契約機(無人契約機)の使い方は?

自動契約機(無人契約機)の使い方はとても簡単です。

使い方は、各消費者金融や銀行の自動契約機(無人契約機)コーナーに入り、そちらにある契約機の画面をタッチして操作していくだけとなります。

最近の自動契約機(無人契約機)は、タッチパネル式なので、複雑な入力をする必要がなく、スムーズに申込みをすることができるでしょう。

感覚としては、銀行のATMと非常に近いのではないかと思います。

自動契約機(無人契約機)を利用するメリットとは?

自動契約機(無人契約機)を利用するメリットとは何でしょうか。

それは、冒頭でも少しだけ述べましたが、

・銀行の振込受付営業時間外でもカードを発行して借り入れができる
・土曜日、日曜日、祝日などの休日でも契約ができる
・自動契約機(無人契約機)でカードを発行することで郵送物が自宅に送付されなくなる

自動契約機(無人契約機)でカードを発行することで、以上のようなメリットを享受することができます。

銀行の振込受付営業時間外でもカードを発行して借り入れができる

多くの消費者金融、銀行のカードローンは、当日中にお金を銀行口座に振り込んでもらいたくても、審査が完了して契約ができた時刻が平日の14時を遅いと当日の振込ができなくなります。

どうしてかというと、これは、銀行には振込受付をしている時間にリミットがあるからです。

なので、平日の15時以降の契約になると、ほぼ当日の振込融資の可能性は皆無ということになってしまいます。

そんなときに、自動契約機(無人契約機)を利用してカードを発行すれば、受け取ったカードを使って提携しているコンビニや銀行ATMでお金を借りることができるんですよね。

自動契約機(無人契約機)の営業時間は、最近では10時まで営業しているところも増えてきたため、平日の夜遅く、仕事帰りにカードを発行してお金を借りるということも可能になりました。

ただし、いきなり自動契約機(無人契約機)のところまで赴いて申込みをするのではなく、あらかじめインターネットで申込みをして借り入れをすることがおすすめです。

自動契約機(無人契約機)でいきなり申込みをしてしまうと、キャッシングの際に必要な書類が把握できておらず、必要書類を忘れたと言って、自宅に取りに戻らなくてはいけなくなる場合もあるからです。

なので、自動契約機(無人契約機)を利用してカードを発行する場合も、まずはインターネットで申込みをしてからにする方がおすすめです。

土曜日、日曜日、祝日などの休日でも契約ができる

自動契約機(無人契約機)は、土日・祝日などの休日も営業していますので、休日にお金を借りたい、という人も安心です。

休日は、特定の消費者金融以外は、絶対に銀行口座への振込はできないので、このような場合、自動契約機(無人契約機)でカードを発行してもらうしか休日にお金を借りる方法はありません。

ちなみにですが、大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとアコムの場合は、休日も銀行口座にお金を振込してもらうことも可能です。

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が、アコムは楽天銀行の口座があれば、24時間365日の振込融資ができるので、これらの口座がある人は、消費者金融のアコム、プロミスに申込みをしてみるのもアリかもしれませんね。

自動契約機(無人契約機)でカードを発行することで郵送物が自宅に送付されなくなる

自動契約機(無人契約機)でカードを発行することで得られるメリットは、平日の夜や休日にお金を借りることができるだけではありません。

自動契約機(無人契約機)でカードを発行して、カードと契約書類を受け取ることができれば、自宅にカードと書類が郵送されないので、家族にバレる心配がありません。

家族に内緒でカードローンを利用したい、と考えている方の場合は、自動契約機(無人契約機)でカードを発行するという手段も有効と言えるでしょう。

多くの消費者金融や銀行は、ローンカードを簡易書留で送付しますので、本人だけでなく家族も受け取ることができます。

なので、絶対にお金を借りることを家族(夫や妻、親、子ども)に知られたくない人は、カードを自動契約機(無人契約機)で発行して受け取るのがおすすめです。

自動契約機(無人契約機)を利用する際のデメリットとは?

実は、万能に見える自動契約機(無人契約機)にもデメリットはあります。

たとえば、自動契約機(無人契約機)を利用する際のデメリットとしては、自動契約機(無人契約機)コーナーに入りづらいということが挙げられます。

自動契約機(無人契約機)でカードを発行することは便利ですが、消費者金融の自動契約機(無人契約機)コーナーに入るところを目撃されても平気という方はあまりいませんよね。

やはり、消費者金融でお金を借りるというのは、現在、イメージが大分よくなってきてはいますが、それでも偏見を持つ人もいらっしゃいますから、なるべく目撃されて変な噂が立つことは防ぎたいものです。

また、自動契約機(無人契約機)は文字通り無人ではありますから、誰とも顔を合わせることなく契約をすることはできますが、やはり、独特のプレッシャーがあるのでできれば中に入るのは避けたいという方もいらっしゃいますよね。

便利に見える自動契約機(無人契約機)ですが、実は自動契約機(無人契約機)のコーナーに入ることについては多少の抵抗が生じることになるんです。

とはいえ、そのプレッシャーや抵抗を少し軽減することも可能です。

たとえば、事前にインターネット申込みをして審査結果が出てから自動契約機(無人契約機)へ行けば、後は契約を結び、カードを発行するだけとなるので、自動契約機(無人契約機)の滞在時間を大幅に短くすることができるでしょう。

このような工夫を少しするだけで、自動契約機(無人契約機)に入るという抵抗(デメリット)は少なくなりますので、もし、自動契約機(無人契約機)でカードを発行したいという方は参考にしてみてくださいね。

よくある自動契約機(無人契約機)についての誤解

実は、これはよくある自動契約機(無人契約機)についての誤解なのですが、自動契約機(無人契約機)でお金を引き出すことはできません。

自動契約機(無人契約機)とATMを一緒くたに考えてしまう方が良くいらっしゃるので、この場でその誤解を解いておきますね。

自動契約機(無人契約機)は、カードローン(キャッシング)契約を結び、カードを発行し、契約書類を受け取るための機械です。

なので、カードローンを受け取ることはできても、そこでお金を借りることはできません。

お金を借りる場合は、自動契約機(無人契約機)ではなくATMを利用しましょう。

ちなみにですが、各消費者金融や銀行の自動契約機(無人契約機)コーナーには、その金融機関のATMも一緒に併設されていることが多いため、ローンカードを受け取れば、そのコーナーにあるATMで一緒にお金を引き出すことができますよ。

しかも、そのローンカードを発行した金融機関のATMを利用した場合、借入・返済ともに手数料が無料という場合が多いため、お得に借り入れをしたいならば、自動契約機(無人契約機)でカードを発行した流れで、そのまま自動契約機(無人契約機)コーナーのATMを利用してお金を引き出してしまうのがおすすめですよ。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です