池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンとMaxⅤのスペックと審査基準とは

大阪の人にはお馴染みの株式会社池田泉州銀行(いけだせんしゅうぎんこう)は、大阪府大阪市北区茶屋町に本店を置く地方銀行です。

池田泉州銀行は、池田銀行と泉州銀行の両銀行が2010年の5月10日に合併して発足しました。

池田泉州銀行は、大阪府にお住まい、あるいは勤め先がある人なら、利用している人も多いのではないかと思います。

今回の記事では、そんな池田泉州銀行のカードローンのスペックや審査基準について紹介します。

ちなみに、現在、池田泉州銀行のカードローンは、
・キャッシュカード一体型カードローン
・MaxⅤ
・パッとサッと
の3つがあります。それぞれ順番に解説していきますね。

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンのスペック

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンのスペックは以下の通りです。

【池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンのスペック】

⬛キャッシュカードでお金を借りる一体型
⬛来店不要で契約できる
⬛借入限度額300万円
⬛金利は一律14.5%
⬛借入・返済は池田泉州銀行、セブン銀行、ローソン、EnetATMで♪

池田泉州銀行の公式サイトはこちら
http://www.sihd-bk.jp/

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンの審査基準・難易度

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンの審査基準・難易度は以下の通りです。

【池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンの審査基準・難易度】

⬛池田泉州銀行と保証会社の審査あり
⬛池田泉州銀行の営業エリアに住んでいる必要がある
→大阪府に住んでいる人向け
⬛満20歳以上70歳未満の人
⬛本人または配偶者に安定した収入がある人
⬛アルバイト、パート、自営業者、年金受給者、専業主婦まで借りれる

池田泉州銀行カードローン『MaxⅤ』のスペック

池田泉州銀行カードローン『MaxⅤ』のスペックは以下となります。MaxⅤは、池田泉州銀行と取引のある人限定のカードローンです。

【池田泉州銀行カードローン『MaxⅤ』のスペック】

⬛借入限度額500万円
⬛金利は一律5.95%
⬛キャッシュカードにローン機能性がついた一体型のカードローン
⬛来店不要
⬛借入・返済は池田泉州銀行、セブン銀行、ローソン、EnetATMで♪
⬛返済は月々1万円から

スペックとしては、キャッシュカード一体型カードローンとそれほど変わりはありませんが、金利と借入限度額が大きく異なります。

もし、池田泉州銀行と取引があるなら、こちらを借りた方が断然金利が安いです。

池田泉州銀行カードローン『MaxⅤ』の審査基準・難易度

池田泉州銀行カードローン『MaxⅤ』を契約するには、池田泉州銀行と取引をしている必要があります。
その取引の基準は以下の通りです。

【MaxⅤの契約に必要な取引実績】

⬛池田泉州銀行と2年以上取引があること
1、住宅ローン
2、給与振り込み
3、貸金庫
4、定期預金
5、池田泉州銀行の子会社の取り扱うクレジットカード
6、公共料金の口座引き落とし(電話、電気、ガス、水道、NHKのいずれか)

以上のいずれかの取引があれば、池田泉州銀行カードローン『MaxⅤ』を契約できる可能性があります。

また、MaxⅤは、それ以外に以下の条件を満たす必要があります。

【池田泉州銀行カードローン『MaxⅤ』の審査基準・難易度】

⬛契約時の年齢が満20歳以上満60歳未満
⬛税込年収が400万円以上
⬛現在の勤め先に2年以上勤めている人
⬛池田泉州銀行の営業エリアに住んでいる人→大阪府に住んでいる人
⬛保証会社の保証が受けられる人

MaxⅤは、かなり審査基準が厳しいので、借りれない人も多いかもしれないです。

池田泉州銀行カードローン『パッとサッと』のスペック

池田泉州銀行カードローン『パッとサッと』のスペックですが、こちらは専用のローンカードを発行するタイプです。
なので、カードがお財布のなかでかさばるのは嫌だな、という人は、池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンやMaxⅤを利用した方がいいかもしれませんね。

【池田泉州銀行カードローン『パッとサッと』のスペック】

⬛使い道は自由(ただし、事業性資金には利用できない)
⬛口座残高が不足すると自動的に融資してくれる
⬛借入限度額10万円か30万円の2タイプ
⬛変動金利14.0%
⬛担保・保証人は不要

池田泉州銀行カードローン『パッとサッと』の審査基準

池田泉州銀行カードローン『パッとサッと』の審査基準は以下のようになっています。

【池田泉州銀行カードローン『パッとサッと』の審査基準】

■契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の人
■毎月安定的かつ継続的な収入があり、保証会社の保証が受けられる人
■日本国籍の人
⬛外国人なら永住許可等を受けている人

池田泉州銀行の3つのカードローンはどれがいいか比較

池田泉州銀行カードローンは、ここまでお話したように、キャッシュカードにセットされているキャッシュカード一体型カードローンとMaxⅤ、それから、新たに別のローンカードが発行される『パッとサッと』の3つがあります。

どれも、それぞれのメリットがありますが、簡単に言えば、MaxⅤが一番おすすめではありますが、こちらは、金利が低いものの審査基準が厳しく、2年以上池田泉州銀行と取引のある正社員以外は契約するのが難しそうです。

なので、MaxⅤを借りることができない場合、どうすれば良いのか、ということになります。
金利的には、パッとサッとがわずかに低く、こちらがおすすめです。
しかし、借入限度額が10万円と30万円の2タイプしかないので、もっとたくさん借りたいという人は、キャッシュカード一体型カードローンを選ぶのが良いかと思います。

3つのカードローンに共通することは、銀行カードローンのため、審査がそれなりに時間がかかるということです。
もし、できるだけ早く借りたいなら、消費者金融で契約してキャッシングするのもアリかもしれませんね。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です