銀行と消費者金融、信販会社のカードローンの違いは何でしょうか?

カードローンを取り扱っている金融機関は大きく分類すると、銀行・消費者金融・信販会社の三つに分類することができます。

銀行・消費者金融・信販会社の3つは、皆さんも名前は知っているかと思いますが、それぞれが取り扱っているカードローンにどのような違いがあるのか、というのが分からない人も多いのではないかと思います。

なので、こちらの記事では、銀行、消費者金融、信販会社のカードローンのサービスの違いについてを詳しく解説していきますね。

ざっくりと銀行、消費者金融、信販会社のカードローンの違いについて解説

いきなり細かいことを言っても仕方がないので、ざっくりと銀行と消費者金融、信販会社のカードローンの違いについて解説しますね。

まず、銀行カードローンは、消費者金融や信販会社など他のカードローンと比較すると低金利であることは挙げられます。

消費者金融と信販会社のカードローンは、どちらも上限金利が18.0%のものが多いです。

信販会社のカードローンの方が消費者金融のカードローンと比較するとやや金利が低いという特徴もあることはありますが、銀行カードローンはそれよりも更に数%ほど金利が低く、上限金利15%以下のものがほとんどです。

なので、できるだけ低金利のカードローンを利用したい、という方は銀行カードローンを利用するのも良いでしょう。

銀行カードローンと消費者金融、信販会社のカードローンの違い
・銀行カードローンの方が低金利
・銀行カードローンは低金利な分、消費者金融や信販会社よりも審査が厳しい
・銀行カードローンは総量規制の対象外なので専業主婦も借り入れができる

それでは、金利以外の側面についても銀行、消費者金融、信販会社の比較をしていきましょうか。

銀行、消費者金融、信販会社のカードローン、どれが一番審査が厳しいの?

銀行カードローンは低金利な分、審査が厳しい傾向にあります。

これについては、銀行カードローンは他所よりも低金利でお金を貸してくれるわけですから、審査自体が厳しくなることは仕方がないことであると言えます。

ただし、審査が厳しめと言っても、最近の銀行カードローンは敷居は低くなってきており、安定した収入を持っている人ならば、派遣社員だけでなくアルバイトやパート、自営業(個人事業主)の方の利用もできるので、審査について過剰に不安に思うことはないでしょう。

最近では、銀行カードローンの保証会社に消費者金融が入っているものもあるため、審査自体は消費者金融に大きな部分を任せているところもあります。

たとえば、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の保証会社はアコムが務めていますし、三井住友銀行カードローンの保証会社は、あのプロミスのSMBCコンシューマーファイナンスです。

とはいえ、審査の通過率なども考慮に入れると、まだまだ、利用のしやすさについては銀行カードローンよりも消費者金融や信販会社のカードローンに軍配があがりそうです。

一般的な話にはなりますが、審査の難易度は、銀行カードローン>信販会社のカードローン>消費者金融のカードローンの順で厳しいとされています。

なので、信販会社や消費者金融のカードローンの審査が甘い、緩いということはないのですが、できるだけ確実に審査に通りたいのであれば、消費者金融のカードローンを利用するというのも賢い借り入れ先の選び方と言えるかもしれませんね。

銀行カードローンは総量規制の対象外。消費者金融、信販会社のカードローンは総量規制の対象

先ほどの項目で、銀行、信販会社、消費者金融の順で審査が厳しいと述べましたが、

「じゃあ、カードローンの審査に通る自信がないから消費者金融のカードローンの申込みをすればいいじゃないか」

と考える方もいらっしゃるかと思います。

けれど、そんな方で既に他の金融機関からお金を借りている方は注意が必要です。

消費者金融や信販会社のカードローンは、貸金業法の総量規制の対象となっていますので、年収の3分の1を超える金額の借り入れはできないんです。

したがって、消費者金融や信販会社のカードローンは年収210万円の方は70万円を超える金額の借り入れをすることはできないということになります。

もし、既に他社からお金を借りていて、年収の3分の1を超える金額の借り入れがしたいという方は、消費者金融や信販会社ではなく、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

銀行カードローンは、総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える金額の借り入れが可能です。

銀行カードローンは、消費者金融や信販会社と比較すると審査が厳しいという傾向はあるものの、総量規制の対象外のため、無職の専業主婦(主夫)の借り入れもできます。

ただし、専業主婦(主夫)の方がお金を借りる場合は、配偶者である旦那さま、奥さまに安定した収入が必要であることは言うまでもありません。

消費者金融のカードローンと信販会社のカードローンはどちらが使い勝手が良いのでしょうか?

銀行カードローンとの比較は済みましたので、続いて、消費者金融のカードローンと信販会社のカードローンを比較してみましょうか。

消費者金融のカードローンと信販会社のカードローンはどちらの方がサービスの使い勝手が良いのでしょうか。

結論から言えば、やはり、信販会社のカードローンよりも消費者金融のカードローンの方が、審査スピード、金利ともに優れているものが多いです。

特に、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスやアコムなど大手の消費者金融の場合、審査スピードは最短1時間の即日融資もできますし、初回ならば最大30日間の無利息キャッシングも利用可能です。

一方、信販会社のカードローンの場合、即日融資ができないものも多く、自動契約機もありませんから当日のカード発行ができません。

また、無利息キャッシングサービスもなく、金利も消費者金融と比較してあまり差がないため、お金を借りることが目的ならば、消費者金融のカードローンの方が使い勝手が良いでしょう。

ただし、お金を借りることだけでなく、クレジットカードとしても利用したいなら、信販会社のクレジットカードを利用した方が良いでしょう。

信販会社のクレジットカードは、街でのショッピングやインターネットにおける決済ができるだけでなく、キャッシング機能もありますので、お金が必要になったときはこちらを使ってATMからお金を引き出したり、銀行口座に振込をしてもらうこともできます。

しかしながら、クレジットカードの場合、信販会社のカードローンと比較しても金利が高いので、借り入れ目的でカードを契約するなら、クレジットカードよりもローンカードを一枚持った方がお財布には優しいですよ。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です