カードローンの審査基準と審査時間について

これからカードローンの申込みをしようとしている方の中には、カードローンの審査基準や審査時間が気になっている方もいらっしゃるはずです。

特に、カードローンの審査基準については、厳しいかどうかをあらかじめて知っておけば、わざわざ審査の厳しいカードローンの申込みをして審査に落ちてしまうという時間の無駄を防ぐことができます。

とはいえ、審査基準が甘々だという口コミ評判を2ch(2ちゃんねる)などの掲示板で見かけたからと言って、その消費者金融や銀行のカードローンの申込みをするというのも
、何だか怪しげで嫌ですよね。

なので、ここではカードローンの審査基準が一般的にどのようなものとなっているのかを説明したいと思います。

もし、ここに書いているカードローンの審査基準と大きくかけ離れている場合、そのカードローンは悪質な業者だったり、闇金融(ヤミ金)だったりする可能性があるので、申込みをしないようにしてくださいね。

カードローンの審査基準として無職の人は原則として借りれません

まず、カードローンの審査基準として、きちんと安定した収入を持っていることが利用の条件となるので、無職で定職に就いていない人は契約することができないということになります。

きちんと収入を持ち、返済能力がある人でないとお金を貸すことができないのは金融機関にとっては当然ですよね。

なので、カードローンを利用したいのであれば、審査基準を満たすため、きちんと仕事に就いてお給料を毎月安定してもらうことが大切です。

仕事については正社員である必要はありません。

もちろん、原則、会社が倒産したり、リストラにあったりせずに安定してお給料をもらえる公務員が一番審査に通りやすいと言えますが、お金を借りるために公務員である必要はありませんし、むしろ、正社員である必要すらありません。

多くのカードローンは、派遣社員や準社員、契約社員の方や、アルバイト、フリーター、パート、自営業(個人事業主)の人も、安定した収入を毎月得ていれば契約をすることができるでしょう。

なので、「私は正社員じゃないから、カードローンの審査に通過しないかも……」と必要以上に心配することはないかと思います。

カードローンの審査に合格する条件は、お給料をたくさんもらっていることではなく、自分の稼いでいる年収に対して、借入をして返済することになる金額が釣り合っているかが重要視されるんですよね。

逆に、自分の稼いでいる収入に対して、返済額が多すぎる場合は、審査に通ることができないか、借入希望額を減らされてしまう場合があるでしょう。

特に、自営業(個人事業主)の方の場合は、自由に働ける分、収入が月ごとに安定しない側面があり、多い月は100万円ほど稼いでも、少ない月は10万円も稼げないという場合もあります。

このような場合、審査に通過することができなかったり、先ほど申し上げたように限度額を減らされて審査に合格する場合もあるでしょう。

ここで話題を元に戻しますね。

まとめてしまうと、カードローンの審査基準は、多くの金融機関では、安定した収入を持つ人であれば、アルバイト、パート、派遣社員でも利用できる可能性があります。

借入する額と年収のバランスが取れていれば、審査に通過するために正社員でなくてはならないということはありません。

無職でも銀行カードローンは借りれる場合もあります。この場合の審査基準は?

実は、銀行カードローンの場合は無職でも借りれることがあります。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、収入を持たない無職の方でも借りることができるんですよね。

ただし、この場合は、無職の方は、同時に専業主婦(主夫)であることが条件となります。

専業主婦(主夫)の方の場合は、配偶者の方に安定した収入があれば、銀行カードローンを利用することができます。

なので、専業主婦(主夫)の方で、どうしても生活費が足りなかったり、ご友人・知人の結婚式のご祝儀など冠婚葬祭費でお金を借りる必要ができたりした場合は、銀行のカードローンの申込みをしてみるのも良いでしょう。

銀行カードローンは、総量規制の対象外であり、消費者金融のカードローンよりも多くの人に開かれたカードローンだと言えます。

昔は、銀行カードローンというと審査が厳しくて敷居が高いという印象がありましたが、現在は、銀行カードローンは専業主婦(主夫)も借りることができるため、見方によっては消費者金融よりも利用がしやすいカードローンと言えるかもしれませんね。

とは言っても、専業主婦(主夫)の場合、返済能力を持っているのが本人ではないので、借入限度額は20万円~50万円など小口融資となることが多いようですね。

カードローンの審査時間はどのくらいかかりますか?

カードローンの審査時間はどのくらいかかるのでしょうか。

結論から言えば、カードローンの審査時間というのはそれぞれ消費者金融、銀行によって違います。

銀行や消費者金融によっては申込みから融資までに1カ月くらい審査時間がかかるものもありますし、審査時間が1時間ほどしかかからないものもあります。

ただし、傾向としては消費者金融のカードローンの方が審査時間が短く、銀行カードローンの方が審査時間が長いというものが多いです。

したがって、できるだけ審査時間が早いカードローンを利用したいのなら、消費者金融のカードローンの申込みをするのが良いでしょう。

消費者金融のカードローン、特に大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、アコムは審査時間は最短30分であり、早ければ申込みをしてから1時間以内にキャッシングすることも可能です。

他にも、大手消費者金融のアイフル、SMBCモビットも審査時間は最短30分、当日中の即日融資も可能なので急いでいる人にとってはかなり頼りになります。

余談ですが、最近では銀行カードローンにも審査時間が早いものが出てきました。

特に、ローン契約機が備えてあるメガバンクの銀行カードローンは審査時間がかなり早いです。

たとえば、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は審査時間は大手の消費者金融と同じく最短30分で、カード発行までは最短40分と、大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスやアコムよりも早いんですよね。

なので、審査時間を気にする方は、これらのできるだけ審査時間が早い消費者金融や銀行のカードローンの申込みをすれば、当日中の借り入れができて便利かもしれませんね。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です