三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は、土日・祝日・休日でもテレビ窓口ならばカード発行ができる!

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』のサービス内容のおさらい

バンクイックといえば、メガバンクである三菱UFJ銀行のサービス充実のカードローンです。

バンクイックは、阿部寛さんのテレビCMや吊り側広告で良く見かけるという方も多いと思いますので、低金利で利用できることや最短ならば即日カード発行が可能ということくらいはご存知かもしれませんね。

けれど、バンクイックの魅力はそれだけではありません。

まずは、おさらいもかねて、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』のサービス内容について一通り解説していきたいと思います。

バンクイックは、金利が1.8~14.6%と非常に低金利であるため、できるだけ利息の支払いを少なめにしたい、金利激安のカードローンを利用したい、という方には、こちらのカードローンの利用は向いているかと思います。

また、先ほども申し上げましたが、バンクイックは銀行カードローンとしては珍しく、テレビ窓口でカード発行が可能です。

即日のカード発行ができれば、当日中にカードを手にしてお金を借りることができるので、借入を急いでいる人にとっても心強い味方となってくれるのではないでしょうか。

しかし、バンクイックのメリットは低金利、スピード融資が可能というだけではありません。

金利が低く、審査スピードが早いだけなら、他の銀行カードローンも同じものがあります。

実は、バンクイックの人気の理由は他にもあるんですよね。

バンクイックの良いところとして、金利やスピード面の他に、三菱UFJ銀行の口座開設が不要なので、契約に時間がかからず、楽に申込みをすることができるということがあります。

また、三菱UFJ銀行だけでなく、他の提携銀行ATMや提携コンビニATMの借り入れ・返済手数料が無料なので、ATMを頻繁に利用することを想定して借入をしようと考えている方は、ストレスなく使うことができるでしょう。

また、バンクイックの保証会社は大手消費者金融アコムなので、お金に困っている方の貸付にとても積極的であると言えるでしょう。

バンクイックのメリットのまとめ
■銀行カードローントップレベルの低金利 1.8~14.6%
■テレビ窓口でカードを発行できる
■土日・祝日・休日もカード発行ができる
■契約に三菱UFJ銀行の口座が不要(ただし、振込融資を受けるためには本人名義の三菱UFJ銀行の口座が必要)
■提携銀行ATM、提携コンビニATMの借り入れ・返済手数料が終日無料
■安定収入があればアルバイトやパート、自営業(個人事業主)の方も借入ができる

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の審査の流れ

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』はインターネットによる申込みができるため、来店不要で契約をすることが可能です。

したがって、平日はお仕事で忙しくて、銀行まで来店している時間的余裕がないという方も、バンクイックならば、手軽に利用をしてお金を借りることができます。

また、バンクイックのメリットの項目でも書きましたが、三菱UFJ銀行の口座が契約において必要ないので、口座開設の手間がなく、その分、スピーディーな契約が可能です。

銀行カードローンの中には、来店する必要があるものも多いので、いちいち来店して担当者と面談するというストレスがないというのも非常に楽かと思います。

とはいえ、バンクイックの場合、銀行口座のキャッシュカードにローン機能を持たせて、カードレスで借り入れをすることはできないので、ローンカードを新たに持ちたくない、あるいはカードレスでキャッシングをしたいという人は、別のカードローンを利用するのが良いかもしれませんね。

カードレスで利用したい、という方は、銀行カードローンの場合、東京スター銀行カードローン(東京スター銀行バンクベスト)や、消費者金融ならば、プロミスやSMBCモビットを利用するのが良いかもしれません。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』で融資をする方法は?

さて。

お急ぎの方が、バンクイックを利用して融資をしてもらうためには、どうすれば良いのでしょうか。

まず、バンクイックの融資の方法ですが、こちらは、三菱UFJ銀行のテレビ窓口を利用してカードを発行をする方法のみとなります。

バンクイックは、振込融資はできないので、振込で即日の借り入れがしたい、という方は、振込の即日融資に対応している銀行や消費者金融を頼るのが良いかと思います。

消費者金融の場合、大手の消費者金融プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルはすべて即日の振込融資に対応しているので、興味のある方はそちらを参照して頂ければと思います。

バンクイックでカード発行するならば、前日の夜や当日の朝早くなど、できるだけ早い時間帯に申込みを済ませておきたいというのは勿論ですが、テレビ窓口の営業時間についても注意しておきましょう。

三菱UFJ銀行のテレビ窓口の営業時間帯ですが、

平日:9時~20時
土曜・祝日:10時~18時
日曜:10時~17時

となっています。

なので、当日の午前中から夕方の段階で申込みをしておいて、早めに審査結果が出れば、平日の夜でも仕事帰りに三菱UFJ銀行のテレビ窓口によってカード発行をする、という借り方もできるでしょう。

また、テレビ窓口でカード発行をすれば、カードと契約書類をその場で受け取ってしまえるので、ローンカードを自宅に郵送されて家族にバレるのが不安という方にもおすすめです。

バンクイックの在籍確認は職場への電話連絡で会社バレはしないの?

銀行カードローンを利用する上で、心配になることの一つとして審査における在籍確認があるかと思います。

在籍確認とは、その名前の通り、顧客の職場に金融機関の担当者が電話連絡をすることで、顧客が実際にその会社に在籍しているかを確認することを意味しています。

しかし、在籍確認のために、会社に電話連絡をされると、それが原因でお金を借りることが会社の同僚や上司にバレることが不安という方も多くいらっしゃるんですよね。

確かに、その心配はもっともなことだと思います。

職場にお金に困っていることが知られてしまえば、勤務先の人間関係がギクシャクする恐れがありますし、場合によっては、お金の管理ができない人物と見做されて、今後の人事に影響することも考えられるでしょう。

さて。

バンクイックの在籍確認は、原則、会社への電話連絡ですが、職場にバレる危険性はあるのでしょうか。

結論から言えば、バンクイックの在籍確認では、担当者が銀行名を名乗りますが、会社への電話連絡が原因となって、職場の人間に借り入れがバレるということはまずありません。

なぜなら、銀行名を名乗ったとしても、三菱UFJ銀行はカードローン以外にも定期預金やクレジットカード、投資信託、保険などさまざまの金融商品を取り扱っていますし、在籍確認の電話連絡自体も、ほんの数秒から数十秒で済んでしまうため、長々とカードローンの契約内容について話すようなこともないからです。

バンクイックの在籍確認は、担当者が顧客のプライバシーに配慮して慎重に行いますので、在籍確認が原因となって職場に借り入れがバレるということはないので、職場に電話連絡があることを極度に心配することはないかと思いますよ。

また、バンクイックの在籍確認は職場に電話連絡があるタイミングを時間指定することもできるので、できるだけ電話を他の第三者に取り次いでもらわず、自分で出たいという人は、会社の人間が少ない時間を見計らって電話連絡をしてもらったり、休日に出勤して会社に電話をしてもらうという方法を取ることも可能です。

以上の理由から、バンクイックの在籍確認は、職場の同僚や上司にバレるということはないと考えて良いでしょう。

それでも、在籍確認が心配という方は、SMBCモビットを利用するのもアリだと思います。

SMBCモビットは、バンクイックと比較すると金利は若干高いのですが、書類による在籍確認をしてもらえます。
特に、SMBCモビットはWEB完結申込みなら、会社へ電話連絡なしで契約することが可能です。

さて。

色々、在籍確認の項目ではバンクイックの他に、SMBCモビットという消費者金融も紹介しましたが、最終的な結論としては、バンクイックの在籍確認は、担当者が顧客の個人情報について配慮して電話連絡をしますので、在籍確認で会社にバレたという口コミは現在のところ報告はされていません。

もし、少しでも低金利でお金を借りたいのでしたら、バンクイックを利用するのが良いかと思います。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です