アイフル解説8つのポイント【スペック客観的評価】

アイフルといえばCMでもお馴染みの消費者金融。
アイフルは、最短即日融資で、初回なら30日間の無利息キャッシングもできます。
しかも、消費者金融では初めてバーチャルエージェント『ルフィア(LUFIA)』(2019年5月現在、名称を変更して『ぽっぽくん』になっています)を導入しており、24時間365日、スマホの人なら、借入の悩みをいつでも聞いてくれるんです。

お金が必要なとき、「よし、アイフルで借りてみようか」という人もいらっしゃるかと思います。

でも、アイフルの他にも消費者金融はたくさんありますから、アイフルの客観的評価が気になる方も多いはずです。

なので、このページでは、アイフルのキャッシングサービスについてメリットやデメリットについて解説していきます。

アイフルの良いところ、悪いところ、金利、限度額、申込み方法から審査、増額、返済まで解説項目は多岐にわたるので、アイフルの実際のところのサービス内容の評価が気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

アイフルについて

まず、アイフルがどんな消費者金融なのか、ざっと説明しますね。

アイフルは、昔、チワワのCMが話題になったので知っている方も多いかと思います。

アイフルはその独自の与信技術や口コミで順調に成長してきた消費者金融ですが、2005年に過剰な取り立てや強引な営業活動が社会的な問題kとなり、2006年には業務の停止命令を受けるところとなりました。

これによって、アイフルの収益は激減の一途をたどり、貸金業法の改正以降、2009年に事業再生ADRを申請することになります。

しかし、アイフルは厳しい経営の中、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)やアコムのように銀行傘下に入らず、あくまで独立系であり続けています。

そんなアイフルは、満20歳以上70歳未満の安定収入のある人であれば、アルバイトの学生やパート主婦の方でも申込みが可能なので、お金を借りる必要がある方は申込みをしてみましょう。

アイフルのメリットとは

アイフルにはいくつかの金融商品があります。

アイフルのキャッシングローン

キャッシングローンはアイフルでも最もポピュラーなカードローンであり、多くのアイフル利用者こちらを使ってお金を借りることになります。

金利は4.5~18.0%であり、1,000~500万円まで借りれるので小口融資から大口融資まで幅広い顧客のニーズに応えることができます。

最短即日融資なので、急ぎの借入を求めている方にも心強い味方となってくれるでしょう。

レディースアイフル

アイフルには女性専用ダイヤルがあるレディースアイフルを利用することも可能です。

レディースアイフルの場合、女性スタッフが対応してくれるので、希望額50万円までなら、審査回答も最短30分とかなり早いです。

ただし、レディースアイフルは、貸金業法の総量規制という決まりがあるため、収入を持たない専業主婦(主夫)の借入はできません。

かりかえMAX・おまとめMAX

アイフルには、2種類のおまとめプランがあります。

アイフルのかりかえMAX、おまとめMAXは総量規制の対象外となるので、この2つのおまとめローンについては年収の3分の1を超える金額を借りることも可能です。

こちらの2つのおまとめローンの中でも特にイチオシなのは、アイフルを利用したことがある人が対象となるおまとめMAXです。

おまとめMAXは金利が12.0~15.0%なので、銀行カードローンの上限金利に匹敵する金利で、1万円~500万円まで借りることができます。

スラリ(SuLaLi)

スラリ(SuLaLi)は、女性専用のカードローンです。

女性専用ダイヤルを使って申込みをすることができるため、男性には話にくいお金の悩みを抱えている方も、男性に窓口や電話口で応対されるのが怖いし不安だという方も、安心して申込みをすることができます。

スラリ(SuLaLi)は、限度額が10万円までなので若干少な目ではありますが、逆に言えば、借り過ぎて返済が困難になるということはないので、初めてお金を借りる女の人も安全に借りれるでしょう。

金利は18%と高めですが、小口融資専門のカードローンであるため返済も自分のペースでのんびりすることができます。

アイフルの金融商品にはそれぞれ大きなメリットがあるので、借入用途別に使い分けるとお得な利用が可能です。

アイフルのデメリットとは

もちろん、アイフルにはデメリットもあります。

デメリットについても良く把握しておいた方が、より有意義な借入ができるでしょう。

金利が若干高い

アイフルの金利は4.5~18.0%。

これは、消費者金融や信販会社の中では一般的な金利となりますが、銀行カードローンと比較すると高めとなります。

たとえば、メガバンクである三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは4.6~14.6%なので、バンクイックと比較すると上限金利、下限金利ともに高めであることが分かるでしょう。

上限金利を比べると、3.4%もアイフルのキャッシングローンの方が高いため、金利を第一に考えた場合は、より金利が低い
銀行カードローンを利用した方が良いでしょう。

返済時に手数料が発生する

アイフルの返済方法は5種類あります。

アイフルの返済方法
■提携コンビニ・銀行ATM
■コンビニ
■振込
■アイフル店舗・アイフルATM
■口座振替

アイフルは、提携コンビニ・銀行ATMで返済する場合、毎回返済手数料が取られます。

アイフルATMを利用して返済すれば手数料は無料ですが、全国に700台ほど(2016年現在)しかないので、都市圏にお住まいの方はともかく地方に住んでいる方の場合は、アイフルATMを利用して手数料を無料でお金を借りたり返済したりするのは難しいかもしれませんね。

また、アイフルにはインターネットバンキングを利用した返済ができないので、そちらについても不便と言えるでしょう。

Pay-easy(ペイジー)についても、アイフルは非加盟なので手数料がかかってしまいます。

なので、提携コンビニ・銀行ATM、振込、口座振替と、アイフルは借入・返済では基本的に手数料がかかってしまうと考えてよさそうです。

アイフルの金利

続いて、アイフルの金利についての話題に移ります。

やはり、金融機関からお金を借りるにあたって、一番気になるのは金利ですよね。

審査によって利用者の借入限度額は決定し、借入限度額によって金利は決定されます。一般的に
、借入限度額が大きければ大きいほど金利は低くなります。

限度額200万円で金利が10%になった場合、10万円借りても10%となります。

とはいえ、いきなり低い金利が適用されることはありませんし、借入限度額もいきなり高い金額を貸してもらえるわけではありません。

どんなに大きくても最初は100万円以下、新規の借入の場合は数万から10万円くらいの限度額が設定されるケースがほとんどであり、アイフルの場合なら金利は上限金利である18.0%が適用されることになるでしょう。

もし、アイフルの金利である4.5~18.0%が高いと感じるならば、アイフルよりも更に低金利である銀行カードローンを契約してキャッシングした方がおすすめです。

アイフルの限度額

アイフルは1,000~500万円が借入限度額となります。

最高限度額である500万円というのは、消費者金融としては最高水準にあたります。(SMBCモビットは借入限度額が800万円なので、消費者金融ではSMBCモビットが一番多く借りれます)

しかしながら、アイフルは総量規制の対象なので、収入の3分の1を超える金額の借入はできません。

したがって、アイフルは専業主婦(主夫)は申込みをすることができません。

もし、収入の持たない専業主婦(主夫)の方で、お金を借りる必要があるという場合は、銀行カードローンの申込みをしましょう。

銀行カードローンは、総量規制の対象外なので配偶者に安定した収入があれば利用することができますよ。

安定した収入を持っている方なら、アイフルに申込みをすることは十分できますし、限度額が500万円であれば、日本の給与所得者の平均年収は、国税庁によれば2014年(平成26年)の時点で415万円であるため、

415万円÷3=約138万円となります。なので、お金を借りれる限度額として500万円までという設定は、十分な金額であると言えるでしょう。

アイフルで即日融資

アイフルの即日融資のスピードは、公式ホームページあるいは電話で申込みをした場合、審査時間が30分から1時間程度となります。

最短なら30分以内で回答があることもありますが、当日の審査の混雑状況によってはそれ以上の時間がかかることもあります。

確実に即日融資をしてもらいたい方は早めに申込みをした方が良いでしょう。

審査回答は、原則、当日です。

土日や祝日など休日に申込みをしても、21時までに申込みをすれば当日中に回答が届きます。

実際に申込みをする前に、自分が融資してもらえるのかの
目安を知ることもできます。

それはアイフルのお試し審査です。

お試し審査は公式ホームページ上にあり、こちらを利用すれば、すぐに融資が可能か否かを判断してもらうことができます。

なので、お急ぎの方はお試し審査を利用してみるのが良いかと思います。

アイフルで即日融資をする方法については、以下のページにさらに詳しくまとめましたので、もし興味がある方は参考にしてみてくださいね。

アイフル即日融資!休日・土日でも今日中にお金を借りる方法

アイフルの審査

アイフルの審査は、審査時間は即日融資も可能なことから早いことは分かるかと思います。

けれど、アイフルの審査基準については意外と知らない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

アイフルの審査基準は、公式ホームページによれば、アイフルは貸付対象者を満20歳以上で、定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフル基準を満たす方、と定められています

また、『お取引き中に満70歳になられた時点で、新たな融資を停止する』とあるので、実際にアイフルでお金を借りることができる人の対象年齢は20歳~69歳となります。

勤務形態に関しては、アイフルは特に記載されていません。

なので、パートやアルバイト、自営業(個人事業主)も申込み可能、借入可能と考えて良いでしょう。

実際に、パートやアルバイト、自営業(個人事業主)の方でも借りれたという報告が多数寄せられています。

ここまで、アイフルの審査について概要をまとめましたが、アイフルの審査がどのようなことが行われるのか、アイフルの審査に通るコツなどを知りたい方もいらっしゃるかと思います。

なので、アイフルの審査については、別のページを設けて更に詳しく解説することにしました。

もし、興味があればこちらも併せて参考にしてみてくださいね。

アイフルの審査時間・基準を解説【落ちた理由は何?】

アイフルの在籍確認

審査で気になる項目といえば、在籍確認があると思います。

在籍確認では、アイフルに限らず、どこの消費者金融も銀行も、顧客の職場へ確認の電話が行われます。

顧客の返済能力を見るために、申込み者が実際にその会社で働いているかどうかを確認する必要があるためです。

しかしながら、その在籍確認で会社の同僚や上司にお金を借りることがバレるのかといえばそうではありません。

アイフルの在籍確認における会社電話連絡は、担当者が個人名を名乗って会社に電話連絡をするので、一回の電話連絡で職場にバレるということはないでしょう。

アイフルの在籍確認で、周りの人間に借入がバレやしないか、それでも心配という方もいらっしゃると思います。

このような方のために、アイフルの在籍確認について更に詳しくまとめてみましたので、興味のある方はご参照ください。

アイフルの増額

アイフルの増額について、ざっと概要を述べたいと思います。

アイフルはもちろん増額が可能な消費者金融です。

なので、現在、借りているお金以上にもっと融資をして欲しい場合、アイフルに増額の申込みをすれば、さらに限度額をアップしてもらえる可能性があります。

アイフルの増額はとても簡単です。

増額をしたいことをインターネットや電話で伝えれば良いだけです。

増額をしたい、なんて申し出ると変に思われるんじゃないか、と審査する方もいらっしゃいますが、それについては心配をする必要はありません。

金融機関としても、きちんと返済してくれる方には、いくらでもお金を借りて欲しいと考えているため、アイフルも増額は積極的に行っています。

とはいえ、増額するためには増額の審査を受けて通過する必要はあります。

以下に、アイフルの増額審査に合格する秘訣を解説しておきましたので、興味のある方はこちらを参照頂ければ幸いです。

アイフルの返済

アイフルの返済については、5種類の返済方法があります。

■提携ATM
■コンビニ
■振込
■店舗・アイフルATM
■口座振替

一番返しやすい返済方法は、おそらく提携ATMを使った返済かと思います。

しかし、提携ATMを利用した返済は、手数料が1万円以下は108円(税込み)、1万円超の場合は216円(税込み)でかかってしまいます。

手数料がかかるのを防ぎたい人は、アイフル店舗、ATMを利用して返済するか、あるいは口座振替によって返済することがおすすめです。

他にも、アイフルの返済について、返済日や返済額、返済方式についても知りたい方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、アイフルの返済について詳しくまとめました。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です