アコムの審査が通る人・通らない人の特徴と傾向とは?

アコムといえば、もっとも有名な消費者金融の一つです。
そんなアコムですから借入の申込みをしてみようかな、と考える人も多いのではないでしょうか。
あるいは既にアコムに申込みをしてみて利用している人もいるはずです。

ですが、アコムの審査には通る人と通らない人がいます。
果たして、その違いはどこからくるのでしょうか。

今回は、アコムの審査基準・難易度について解説します。

アコムの審査基準・難易度が分かれば、これから申込む人は審査時にどんなところに気を付ければ良いのか、どうすると審査に落ちてしまうのかが分かりますよね。

また、既にアコムを利用している人も、惜しくもアコムの審査に落ちた人も、自分がアコムの審査に通った理由や、反対に落ちてしまった原因が分かるのではないでしょうか。

大人気アコム!

アコムの魅力

■急いでいる人も安心!最短1時間キャッシング!!
■土日・祝日も借入OK♪
■楽天銀行の口座があれば24時間いつでも振込!
■初回なら30日間無利息♪
■プライバシー厳守なので安心♪
■最低返済額は1000円から。返済もマイペース♪
■アルバイトから正社員まで、安定収入があれば幅広く借りれる
■借り入れが初めての人から経験者まで利用できる
■最高800万円まで借りれる♪

アコムの↓公式サイト↓
http://www.acom.co.jp/index.html

アコムの審査に落ちる人はどんな人?なぜ落ちたの?

アコムは、とても魅力的な消費者金融です。
なので、毎日、たくさんの人がアコムに借り入れの申し込みをしています。

でも、不幸にも、アコムの審査に落ちる人もいます。
アコムは、アルバイトやパートの人も借りれるので、たくさんの人に開かれた金融機関ですが、それでも審査に通過することができない人もいるのです。

アコムの審査に落ちる理由は何でしょうか?

それを知るには、まず、アコムの審査基準を知る必要があります。
アコムの公式ホームページを確認してみると、アコムの審査基準は以下のようになっています。

【アコムの審査基準】

■20歳以上の人
■安定した収入と返済能力がある人
■アコムの基準を満たす人

アコムの申込みをする条件として、↑のような審査基準が定められているので注意しましょう。
(と言っても、かなりシンプルですが(^_^;))

だからこそ、この基準を満たしていない人は、申込みの段階で門前払いを喰らってしまうことになるでしょう。
たとえば、20歳未満の人は、アコムで借り入れをすることができません。
安定した収入がない人も同様です。

でも、3つめのアコムの基準を満たすお客さま、という点は、ぼんやりとしていて分かりにくくありませんか。
ここでは、アコムの審査基準とは何なのかを、明らかにしていきますね。

アコム審査の目次へ戻る

アコムの審査基準、まず大切なのは安定収入

やはり、アコムの基準として大切なことは安定収入があることです。

では、安定収入とはどの程度の安定があればいいのか。

それは、毎月安定した収入があるのかどうか、ということに尽きます。

アコムの審査を通過するためには、1カ月に一度安定した収入があることが条件です。

1カ月に一度ということは、普通の企業にお勤めしていて、毎月お給料を貰っている方ならば、審査に通る可能性があるということですよね。

ですが、自営業(個人事業主)の方の場合だと、多い月は100万円くらい稼いでいるときもありますが、少ない月だと10万円も稼げない時期があったりしますよね。

このような場合、アコムでお金を借りることは難しいかもしれません。

自営業(個人事業主)の方は、1カ月に一度ではなく、2カ月に一度だったり、半年に一度だったりしかお金が入ってこない場合もあります。

それが完全にダメだというわけではありませんが、収入が入るまでの間隔がある程度空く場合、それはアコムにとって安定した収入ではないと見做され、審査に落ちてしまう可能性もないとは言えないでしょう。

ただし、1カ月に一度、きちんと収入がある場合、それが固定給や歩合給、時給制であろうとなかろうと、その収入の形態はアコムは気にしません。

給料が多いこと、少ないことも、アコムは気にせず、あくまで安定して収入を得ているかどうかが重要視されます。

なので、正社員でなくても、アルバイト、パート、派遣社員でも、借入できる可能性は十分にあると言えるでしょう。

アコムが認める安定収入の種類

アコムは収入ならどんなものでも認めているのでしょうか。

結論から言えば、労働による収入であれば大丈夫です。

アコムは以下の収入であれば、収入と認めています。

■給与収入
■事業収入
■投資による収入
■不動産収入

ただし、給与収入ではない場合は、収入と事業の関係を確認するため、確定申告書の提出が必要となる場合もあるので気をつけましょう。

また、確かに収入ではあるのだけれど、アコムの審査に通過するための収入として認められないタイプの収入はあります。

それが以下の

・年金
・生活保護費

の2つです。

年金や生活保護費などは、労働による収入ではなく、国や地方公共団体から受給している給付金ですので、それ以外にアルバイトやパートなどでいいので別の安定収入が必要となります。

金融事故を起こしたブラックは審査落ち

これはアコムだけでなく、他の消費者金融や銀行のカードローン審査でも言えることですが、審査の際は必ず信用情報を照会されることになります。

信用情報とは、個人のキャッシングやクレジットカードの利用歴のことです。

信用情報は、CIC(株式会社シー・アイ・シー)やJICC(株式会社日本信用情報機構)、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)といった信用情報機関によって管理されています。

アコムに申込みをした場合、アコムは自社が加盟している信用情報機関から、その顧客の過去の信用情報をチェックすることになります。

アコムの場合ならば、CIC(株式会社シー・アイ・シー)とJICC(株式会社日本信用情報機構)で信用情報を確認することになります。

そこで、その顧客の信用情報が何の問題もないものであれば、カードローン審査に通過し、キャッシングをすることができますが、もし、信用情報に不安があった場合は審査に落ちてしまうことになるでしょう。

信用情報に不安があるとは以下のようなケースを指します。

■過去に長期で借入の延滞をしたことがある(2~3カ月以上の延滞)
■債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)
■強制解約
■代位弁済
■協会停止

これらの情報が一度記録されてしまうと、最長1年~10年間は記録が消えず、長い期間、カードローン審査に通過できないといった事態も考えられるでしょう。

しかし、長期延滞は、既に延滞が解消されている場合、即審査落ちにならないこともあります。

長期延滞の場合、無事に滞納分を支払うことができれば、それは延滞解消記録として信用情報が記録されるので、アコムは、延滞解消記録があるのであれば、そのまま審査をしてくれることもあります。

金融事故情報が消えても審査に落ちるケース

信用情報機関に記録された金融事故の情報は最長10年間記録が残り続けます。

信用情報機関はそれでも10年経過すれば、記録が消えるのですが、アコムの社内の場合は、過去に金融事故を起こした顧客の記録は、半永久的に残ることになります。

なので、過去にアコムでお金を借りたことがある人で、13年間延滞している場合、信用情報機関の長期延滞記録は消えても、アコムの社内では記録が残り続けることになるでしょう。

延滞を解消していないことは、アコムからはすぐに分かるので、このような場合、その人がアコムの審査に通過してお金を借りるのはとても難しいでしょう。

延滞し返済を肩代わりしてもらった場合審査落ち

アコムでは、過去の利用者で、返済を延滞したことがあり、それの延滞分のお金を親や配偶者などの家族や自分以外の第三者に返してもらい、しかも、それがアコム社内で記録に残っている場合、審査に落ちる可能性が高いです。

確かに、私たちも、自分で借りたお金を自分で返済することができなかった人に、再び、お金を貸したいとは思いませんよね。

他社で借り過ぎていると審査に落ちる

信用情報機関は、顧客の借入状況の記録も管理しているため、審査のときはアコムは当然、こちらもチェックします。

もし、既に他の会社からお金を借りている場合、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

具体的には、

・既に他の業者から5件以上借入がある
・年収の3分の1を超える金額を借りている

このような場合は審査に落ちてしまうことになります。

特に後者は、貸金業法の総量規制という決まりであり、消費者金融や信販会社は、顧客の年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないことが定められています。

本審査の在籍確認で落ちる場合

本審査では在籍確認をすることになります。

仮審査で通過しても、結局、本審査の在籍確認が上手くいかず審査落ちしてしまうケースもあります。

在籍確認は、申込みフォームに記入した勤務先に実際に顧客が在籍していることを確かめるために行い、通常、カードローン審査で在籍確認を避けることはできません。

ちなみに在籍確認は、どのようなやり方で行われるのでしょうか。

具体的に説明すると、アコムでは、アコムの担当者が顧客の勤務先へ電話連絡をして『〇〇ですが、■■さん(顧客の名前)はいらっしゃいますか?』と尋ねるのです。

このとき、アコムの担当者は顧客のプライバシー保護のため、消費者金融アコムの社名は出さず、個人名を名乗るため、よほど勘の鋭い方が電話に出ない限り、電話を取り次いでくれた相手に借入がバレるということはないでしょう。

そのときに、無事に顧客が会社に在籍していることを確認できれば
、在籍確認は完了となり、後はキャッシング契約をアコムと締結するだけとなります。

しかし、このとき、申告していた勤務先で顧客が働いていないことを発覚したり、そもそも、そんな勤務先は存在しないことがバレてしまうと、在籍確認が原因で審査に落ちてしまうことになります。

あるいは、産休や育児休暇などで、現在、休職状態だった場合なども同様に、審査に落ちてしまうことになります。

アコムに審査に落ちる職業

安定収入を貰っていても、審査に落ちてしまう職業もあります。

■過去に犯罪行為(詐欺、集団名義貸しなど)を行っていた会社
■暴力団、準暴力団(半グレ)などの反社会勢力
■水商売で働く女性(男性スタッフは問題なし)

審査に通過できるが少額融資

アコムの審査に通っても、希望額いっぱいにお金を借りることができるとは限りません。

利用者にはそれぞれ利用限度額があり、その額は審査によって決定されます。

利用限度額の下限は10万円

アコムでは、顧客の最低利用限度額が決まっており、その下限は10万円です。

顧客の信用状況によっては10万円以下となる場合もあります。

その理由としては貸金業法における総量規制が挙げられます。

総量規制は、個人の年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

例を挙げると、年収420万円の人は、その3分の1である140万円までなら借りることが可能だということになります。

140万円のうち、既にアコム以外の消費者金融から100万円を借りていたとすれば、アコムでお金を借りることができるのは40万円までです。

ちなみに、年収とは、税金などを差っ引かれた後の手取りなのか、それとも控除前の総支給額なのかを疑問に思う方もいらっしゃいますが、総量規制における年収とは、ボーナスなどを一切すべてを含めた控除前の年間総支給額となります。

総量規制の他にも10万円以下の借入となる人がいますが、それを順番に紹介していきますね。

高齢者(65歳以上)

65歳以上の年金受給者である高齢者は、利用限度額が10万円以下となる可能性が高いかもしれません。

65歳以上の場合、既に年金を受給しており、収入もアルバイトやパートとなどになり収入が落ちてしまうことが多いからです。

ただし、他の会社から借入をしておらず、年収も多い人の場合はこの限りではありません。

年収が60万円以下

年収が少な目の場合、審査自体は通過するものの利用限度額は10万円以下になる可能性が高いです。

利用限度額を少な目に設定されるのは、初回の借り入れの場合、その顧客の返済能力を測るために少な目に設定されるという理由もあります。

勤続年数が少ない

勤続年数が短い場合、審査に通らないか、審査を通過することができても、利用限度額は10万円以下に設定されるでしょう。

やはり、たくさん借りたい場合は、勤続年数は1年以上あることが望ましいです。

アコムの審査Q&A

インターネット上の口コミなどで、アコムの審査に関する憶測や意見が飛び交っていますが、実際のところ、その真偽のほどはどうなのでしょうか。

これらの疑問について、一つずつ答えていきますね。

年収が低いと審査に落ちる?

年収が低いから審査に落ちる、ということはありません。

年収の多さよりも、借入額が年収と比較してバランスが取れているか、が大切です。

月収が数万円のアルバイトの方でも、アコムの審査は通過できます。

ただし、総量規制があるため、利用限度額が低めで設定されることになるでしょう。

外国人は審査に通らない?

外国人も借入は可能です。

外国人の場合在留カードで永住権を証明することはできれば、申込みをすることができます。

ただし、外国人の場合、日本語が理解できることが条件です。

日本語が分からない場合、いくらい審査条件を満たしていても契約不可能です。

住宅ローンを組むと審査に落ちる?

住宅ローンやマイカーローンなどを銀行で組んでいても、それが原因でカードローン審査には落ちないです。

しかしながら、その利用額が多くて、返済能力に疑問がある場合は、利用限度額は低めに設定されます。

これは、住宅ローンだけでなく、クレジットカードのショッピング利用についても同じことが言えます。

同時複数申込みは審査に落ちる?

アコムへ申込みをした方は、自分の情報を信用情報機関によって照会されていることを知りましょう。

もし、アコム以外に複数の金融機関にキャッシングの申込みをした場合、その情報は、アコムにも筒抜けとなっているため、審査に落ちる可能性が高くなります。

複数同時申込みをしてしまうと、お金に切羽詰っている印象を受け、警戒されてしまい、結果、審査に通過したとしても利用限度額を低く設定されてしまうでしょう。

嘘を申告すると審査に落ちる?

当然の話かもしれませんが、審査を受ける際は嘘や虚偽の申告をせず、ありのままの真実を告げましょう。

嘘をついても、審査ではそれが事実かどうかをアコムの担当者は調べるため、ほとんど確実に嘘はバレてしまいます。

嘘や虚偽の記載をしていたことがバレたからと言って、絶対に審査落ちすることはありませんが、担当者の心証は悪くなるので、利用限度額が低くなってしまう危険があるでしょう。

一度審査に落ちると申込み通らない?

アコムの審査に落ちた場合、その情報はアコムの社内で記録されます。

とはいえ、過去に審査で落ちたとしても、次に申込みをしたときにそれが影響を与えることはありません。

なので、前回落ちたからといって、次もアコムでお金を借りれないということはないでしょう。

ただし、審査落ちした原因は明らかにしてから申込みをしないと、次の審査でも落ちてしまうかもしれませんね。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です