アコムの返済まとめ。方法、返済額、返済日まで

アコムの返済についてご説明します。

アコムといえば、もっとも知名度の高い消費者金融の大手ですから、利用している方もたくさんいらっしゃいますよね。

そんなアコムですが、借入について説明しているサイトはあるけれど、なかなか、返済について説明しているところがなくて困っているのではないでしょうか。

なので、当ページではアコムの返済について解説します。

アコムの返済は、手数料がかからない方法があるので知っておくと断然お得です。

同じお金を借りるのだとしても、返済のときに手数料がかからない方が良いですよね。

うっかり、手数料がかかる方法を取ってしまっている人も必見です!

アコムの返済で大切なこと

アコムの返済をする上で、提携ATMを使ってお金を返している人はいませんか。

実は、この返済方法は損な返し方なんです。

セブンイレブンやローソン、ミニストップやファミリーマートなどのATMで返済をしていると、手数料がかかります。

しかも、これが意外とバカになりません。

1万円以下の借入、返済は108円(消費税込み)、1万円を超える場合は216円(消費税込み)がかかることになり、1万円を超える借入と返済が1年以上続いた場合、5000円以上の手数料を支払ってしまうことになるんです。

自分の借りたお金と利息以外に手数料を支払うというのは損ですよね。

なので、返済をする際は、アコムだけでなく他の消費者金融でも、その返済方法を良く知っておく必要があるかと思います。

今回は、アコムの返済で手数料をかけずに返済する方法や、返済日が遅れた場合はどうするか、返済額を減らすことが可能なのか、など、アコムでキャッシングをする際のお役立ち情報を紹介しますね。

アコムの返済の目次
■返済時に手数料が0円になる方法
■返済時に手数料がかかる方法
■30日間無利息キャッシングなら利息0円も可能
■返済日は毎月指定日と35日ごとの2種類
■追加入金でよりお得
■返済日の延期や返済額の減額は可能か

返済時に手数料が0円になる方法

アコムの返済の手数料を0円にする方法を紹介する前にまずは、アコムの返済方法をまとめてみましょう。

アコムの返済は以下の6通りになります。

アコムの返済方法
■口座振替
■ネット返済
■アコムATM
■店頭窓口
■コンビニや銀行など提携ATM
■銀行振込

口座振替

口座振替の場合、毎月6日に自動引き落としとなります。もし、6日が土日祝日など休日の場合は返済は翌営業日となります。

口座振替の場合、手数料は無料です。ただし、事前に口座振替の手続きが必要となるので注意しましょう。

口座振替の手続きのやり方ですが、アコムのコールセンターに電話をかけて、まずは口座振替の用紙を送ってもらいましょう。

郵送されてきた用紙に必要事項を記入し、返済すれば口座振替の手続きは完了となります。

口座振替の場合は、口座振替に切り替わる時期の通知がないことは心にとめておいた方が良いかもしれません。

正確に口座振替になる時期が知りたいのであれば、自分でコールセンターに問い合わせて確認をしましょう。

口座振替は切り替わるまで、通常、2~3カ月かかるので、口座振替となるまでは他の方法で返済する必要はありますが、口座振替に変わった後は、毎月、自分で返済をするという手間はカットできるので労力は節約できます。

ネット返済

インターネットで返済することも可能です。

インターネット返済の場合、24時間年中無休で利用できます。

インターネット返済は手数料が無料です。

インターネット返済をする場合の注意点は、口座振替と同様に事前にインターネットバンキングの申込みを済ませることが条件となります。

また、毎週月曜日の1時~5時、毎月第3日曜日の0時~5時半は利用ができないので注意しましょう。

アコムのインターネット返済の操作方法

1、アコムの会員ページにログインする
2、インターネットによる返済手続き開始を選択
3、返済金額などを入力し、支払いに使う金融機関の口座を選ぶ
4、金融機関のインターネットバンキングにログインして口座を選ぶ
5、送金して返済する

ただし、アコムでインターネット返済をする場合、返済のために使う金融機関の口座がインターネットバンキングに対応している必要があります。

2016年現在、88の銀行、252の信用金庫、24の信用組合がアコムでインターネット返済をすることができます。

もし、アコムのインターネット返済を利用してお金を返す予定があるのなら、自分の持つ銀行口座がアコムのインターネット返済に対応できているかを確認しておくことが必要です。

といっても、三菱UFJ銀行や三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行などメジャーな銀行は、アコムのインターネット返済に対応しているので、多くの方が快適な返済をするこちができるでしょう。

※銀行によっては特定のブラウザやパソコンからしか操作できず、スマホ(スマートフォン)では返済できない場合があるので注意が必要です。

アコムのATM

アコムのATMを利用して返済する場合、24時間年中無休なので便利です。

アコムは全国に店舗を展開している消費者金融なので、アコム店舗や無人契約機(むじんくん)に併設されているATMでも返済をすることができます。

アコムのATMは、手数料が無料なのでお得ですよ。

ただし、原則、アコムのATMは24時間営業ではありますが、地域や店舗によっては一部異なるATMがあるので注意しましょう。

また、毎週月曜日1時~5時の間は利用ができないので、こちらも注意が必要です。

ATMを利用する際にデメリットとして、ATMは硬貨を取り扱っていないことが挙げられます。

したがって、アコムATMや提携コンビニ・銀行ATMを利用する場合、1000円単位で入金することは必要となります。

ATMの機械操作が苦手という人も、アコムのATMは取り扱いが簡単なので安心して利用ができます。

位置が分からないという方も、アコムのATMは公式ホームページから気軽に調べることが可能なので、ATM手数料無料で返済したい人は最寄りのATMの位置を調べてみましょう。

アコムのATMの位置の調べ方
1、アコムの公式ホームページのメニューバーから『店舗・ATM検索』を選ぶ
2『条件で検索』で、『ATMで借入・返済ができる』を選び、検索を開始しましょう。深夜に返済する場合は、ATM24時間をチェックしておけば、希望に合うATMをピックアップしてくれるでしょう。

店頭窓口

アコムは店頭窓口でも返済が可能です。店頭窓口は無料で返済ができるので、こちらもお得ですよ。

店頭窓口の場合、平日の9時半から18時(一部の店頭窓口は19時)までとなるので、店頭窓口を使ってお金を返す場合は、営業時間については気をつけましょう。

アコムの店舗の位置が分からないという方も、アコムの公式ホームページから気軽に探し出すことができるので、店頭窓口で無料返済したいならば使ってみてくださいね。

アコムの店舗の位置の調べ方
1、アコムの公式ホームページのメニューバー『店舗・ATM検索』を選ぶ
2、『条件で検索』を選び、『エリアの選択』で都道府県を選び、絞り込み検索で店頭窓口で申込みがでくるという項目をチェックすれば、後は検索を開始するだけです。

返済時に手数料がかかる方法

続いて、返済で手数料がかかる方法を紹介します。

口座振替、ネット返済、アコムATM、店頭窓口と、アコムの返済手数料がかからない方法を4つ紹介してきましたが、手数料がかかる方法も覚えておきましょう。

手数料がかかる方法は手続きが簡単で便利ですが、その代わりにお金がかさみます。

手数料がかかるのは以下の2つです。

■提携コンビニ・銀行ATM
■銀行振込

コンビニや銀行など提携ATM

アコムはセブン銀行やローソン、ミニストップやファミリーマートなどのEnetATMでも返済が可能です。

また、コンビニだけでなく、三菱UFJ銀行やイオン銀行、三井住友銀行などでも返済ができます。

ただし、アコムの場合、提携ATMによる返済は手数料がかかるので注意しましょう。

具体的には、取引額が1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかることになります。

なので、手数料を返済のときに支払うのが勿体ないと感じるなら、上記の返済方法を選んだ方が得です

コンビニATMは基本的に24時間営業していますが、一部の店舗は深夜に営業していないお店もあります。

また、銀行ATMは、場所によって利用可能時間が異なるので、最寄りのATMに行く場合は事前に営業時間を調べておいた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、コンビニATMの方も毎週月曜日1時~5時の間は利用ができません。

銀行振込

銀行振込も、提携コンビニ・銀行ATMと同様手数料がかかります。

手数料がどのくらいかかるのかというと、それは金融機関によってさまざまです。

注意点としては、アコムの返済を銀行振込で行う場合、振込先が三菱UFJ銀行となることです。また、振込先の口座番号は、きちんと返済した人を識別できるように利用者によって異なっています。

振込先の口座番号は、アコムの公式ホームページの会員ページにログインすれば確認することができます。

会員ページのメニューにある『返済時の振込入金口座照会』を選ぶだけで表示されますから、とても簡単です。

口座振替は従来通りのやり方で、返済は簡単ですが、振込手数料がかかるのが難点です。

具体的には振込手数料がいくらかかるのか紹介してみますね。

たとえば、アコムの振込先の口座である三菱UFJ銀行の口座を利用して振込を行なう場合、

・振込金額は3万円未満であれば216円(税込み)
・振込金額が3万円以上であれば432円(税込み)

となります。

アコムの振込先口座の金融機関とは異なるみずほ銀行を利用した場合、

・振込金額が3万円未満であれば432円(税込み)
・振込金額は3万円以上であれば648円(税込み)

となります。

したがって、提携コンビニ・銀行ATMで返済するよりも銀行振込の方が高い手数料を取られることになります。

できるだけ返済の手数料を抑えたいのなら、銀行振込はもっともおすすめできない返済方法です。

また、振込の時間も手続きを行った時間帯によっては翌営業日に振込が行われるになるので注意しましょう。

銀行振込をしている方で、返済手数料をなるべくかけたくない方は、返済方法の見直しを行ってみるのが良いかと思います。

いかがでしょうか。

一回の返済手数料は100円から数百円程度ではありますが、これが毎月続くと塵も積もれば山となるので、あっという間に数千円になり、返済が長引けば1万円を超える場合もあるでしょう。

1年間、提携コンビニ・銀行ATMで返済をすることを選択した場合、毎回216円の手数料を支払うこと
にあった場合、

216円×12カ月なので、2592円となります。

また、借入を提携コンビニ・銀行ATMで行うとすれば、その2倍のお金が1年間でかかると考えても良いわけです。

返済方法を変えるだけで、数千円分が浮くのに変更しないのは勿体ないとは思いませんか。

30日間無利息キャッシングなら利息0円も可能

消費者金融からのお借入で、なるべく返済で支払う利息を減らしたい、少なくしたいのならば、アコムはかなりお得な消費者金融です。

というのも、アコムには30日間無利息キャッシングという、他の消費者金融にはないお得なキャッシングサービスがあるからです。

アコムは、初回の借入ならば契約の翌日から30日間金利がゼロとなります。

無利息キャッシングの条件

無利息キャッシングを利用する条件としては以下を満たす必要があります。

■アコムの利用が初めて
■返済期日を『35日』ごとに設定する

残念ではありますが、既にアコムを利用している、あるいは過去に利用したことがある方は、無利息キャッシングサービスは適用外となります。

無利息キャッシングを最大限活用する方法

無利息キャッシングを最大限活用したい。

無利息キャッシングサービスの30日間金利ゼロをまるまる活用したいのであれば、契約したらできるだけ早く借入をしましょう。

たとえば、5月1日に借入をした場合、5月31日まで金利ゼロが適用されることになります。

しかし、このとき、5月15日に借入をした場合も、無利息期間は5月31日までです。

なので、契約日から借入日の期間が開いてしまえばしまうほど、無利息キャッシングの期間は減ってしまうことになります。

もし、無利息キャッシングを最大限使いたいのならば、契約の翌日までには絶対に借入をしましょう。

金利ゼロでお得になる金額

金利ゼロで、実際にどれくらいお得になるのでしょうか。

気になったので、以下の条件で計算してみました。

借入金額:20万円
金利:18%(アコムの上限金利)
返済期間・回数:2年(24回)

この場合、

通常の返済金額は毎月11649円
30日金利ゼロが適用された場合の初月の支払い額 8691円

よって、11649円-8691円=2958円が金利ゼロ期間中に減らすことができる利息となります。

また、金利ゼロ期間中に全額返済してしまえば、元金の支払いのみでOKです。

利息をできるだけ支払いたくない人や、借りてもすぐに完済してしまう予定がある方は、アコムの金利ゼロサービスはとてもおすすめですよ。

返済日は毎月指定日と35日ごとの2種類

アコムは返済日を選ぶことができます。

返済日は2種類あり、毎月指定日に返済するか、35日ごとの返済となります。

しかし、毎月指定日の返済と35日ごとの返済ってどう違うのでしょうか。

ちなみに、返済方法を口座振替にした場合は、自動的に毎月6日が返済期日となり、他の日は選ぶことは不可能です。

また、先ほども説明しましたが、30日間無利息キャッシングを利用する場合、返済期日を『35日ごと』に設定する必要があります。(後日、毎月指定期日に返済に変えることは可能です)

それでは、毎月指定日返済と35日ごとの返済の2つの違うについて説明していきましょうか。

毎月指定日

毎月指定期日の返済は、利用者が返済期日を決めて返済します。

指定日当日に必ず返済しなければいけないのではなく、返済期日の14日前から当日までに返済すればOKです。

たとえば、返済期日を20日に指定したなら、毎月6日から20日の間に返済することになります。

ただし、返済期日の15日以上前に返済すると、前月分の返済の追加入金となるので、もう一度、新たに返済する必要があります。

当月分の支払いを前月分の返済と見做された場合、お金がピンチのときの返済は困難になりますよね。

35日ごと

35日ごとの返済の場合は、文字通り、35日ごとに返済することになります。

35日ごとの返済は、初回は翌日から数えて35日までに返済する必要があります。

たとえば、9月10日に借入をした場合、9月10日から10月15日までに返済することになります。

次回以降は、返済日の翌日から数えて35日以内に返済が必要です。

なので、10月の14日に返済した場合、次の返済は10月15日から11月18日に返済すれば良いことになりますよね。

35日ごとの返済は、返済の間隔を早めたり、期日を35日ギリギリにしたりもできるので、自分のペースで安心して返済することができるため便利です。

とはいえ、返済期日が毎月変わるという難点あるので返済期日を忘れないようにすることが重要です。

毎月指定日、35日ごと返済、利息が少ないのはどっち?

毎月指定日と35日ごと返済、利息が少ないのはどっちでしょうか。

具体的に借入額と金利、返済額を設定して調べてみました。

借入額:10万円
金利:18%(アコムの上限金利)
毎月の返済額:5000円

すると、35日ごとの返済期日は、30日間無利息キャッシングサービスを適用したにも関わらず、毎月指定日の方が数千円安くなりました。

ただし、35日ごとの返済期日で返済した場合は、返済期日のギリギリになるまで返済をしない想定でシミュレーションをしたため、実際は必ず毎月指定日がお得になるとは限りません。

無利息キャッシングは35日ごとで返済期日を設定しないと利用できないわけですし、なるべく早く完済する予定があるのなら、無利息キャッシングを使った方がお得になるかと思います。

また、35日ごとに返済する場合、自分のペースでゆっくりと返済したり、返済ペースを速めたりすることも簡単だというメリットもあります。

逆に、規則正しく毎月決まったペースで返済したい場合は、毎月指定期日に返済した方が良いでしょう。

途中で返済期日の変更が可能

35日ごとに返済期日を設定した場合も、返済期日の変更は可能です。

返済中も変えることができるため、変更希望の方は、店頭窓口や無人契約機(むじんくん)、電話で手続きをするのが良いでしょう。

追加入金でよりお得

当たり前の話ですが、追加入金で返せるときにできるだけ借入額を返済してしまえば、その分、支払うことになる利息が少なくなるためお得です。

追加入金があるのとないのとでは、かなり利息の返済金額が違ってきます。

余裕のあるときに2万円でも3万円でも入金して返済に回しておくと、後で支払うことになった利息額が数千円から数万円ほど節約することができますよ。

借りる期間や金額によって、浮く利息は変わってきますが、余裕がある人はどんどん追加入金をして返済していくのが賢明です。

追加入金の方法

追加入金の方法は簡単です。

約定返済(毎月の返済)もある中で、別の日に入金手続きをするのは面倒に思えるかもしれませんが、実は、約定返済の時に最低返済金額よりも多く返済すれば、その差額はすべて追加入金と見做されます。

最低返済額は、名前の通り、返済しなければいけない最小の返済金額なので、5000円が最低返済額ならば、8000円返済すれば、その差額である3000円が追加入金扱いとなります。

このとき、その月の利息が2000円だった場合、最低返済額5000円の場合、2000円を利息の支払いに回し、残りの3000円が元金の支払いにあてられますが、8000円を返した場合、6000円が元金の支払いに回せることになります。

多めに入金することを繰り返せば、毎月最低返済額だけを返済していくよりも元金の減りが早くなるため、結果的に支払う利息額を大幅に減らすことも可能です。

約定返済以外で追加入金する方法

毎月指定期日に返済の場合、約定返済とは別で追加入金も可能です。

やり方は、前回の返済日以降に発生した利息以上のお金を入れることが必要となります。

なので、入金額と前回の返済日以降に生じた利息との差額が元金にあてられます。

このケースでは、追加入金は通常の返済方法と同じとなります。

※提携ATMと銀行振込み手数料がかかります。

一括返済も可能

アコムは指定期日返済や35日ごとに少しずつ返済していくだけでなく、一括返済もできます。

一括返済の場合、ぴったりの金額を返済しないといけないので、公式ホームページの会員ページにログインしたり、コールセンターで問い合わせたりして正確な金額を把握しましょう。

返済日の延期や返済額の減額は可能か

どうしてもお金がない場合、返済ができないので、返済日の延期や返済額の減額をすることができたらいいんな……と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際にアコムでは返済日の延期や返済額の減額を認めてもらえるのでしょうか。

返済日を遅れさせることは可能か

結論から言えば、返済期日より前の段階ならば、返済日は延期が可能です。

返済期日を遅らせて欲しい場合、

■アコムプッシュホンサービス24時間365日(音声自動応答)
■アコム公式ホームページの会員ページにログイン

ただし、返済日を延期してもらう手続きをしても、もともとの返済期日を過ぎてしまった時点で遅延損害金(年率20%)が発生するので注意が必要です。

例えば、返済期日を8月10日から8月20日に遅らせてもらった場合は、10日分の遅延損害金を上乗せして支払うことになります。

返済額の減額

アコムの場合、返済が苦しい場合は、返済額にも応じてくれる場合があります。

ただし、返済実績が悪い顧客の場合、返済日を延期したり、返済額を減額したりしても支払ってくれないリスクがありますので、この場合は応じてくれないでしょう。

返済額の減額をしたい場合、最低限、それまでの支払いを延滞することなく期日通りに返済していることが必要です。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です