60代、高齢者お金がない!お金を借りる方法は?

60代、高齢者の方のためにこちらの記事は書かれています。
もし、60代、高齢者で、いま、お金がないという人は参考にしてみてください。

60代、高齢者はお金がないときお金を借りれるのか

まず、60代、高齢者はお金がないときにお金を借りることはできるのでしょうか?

答えはイエスでありノーです。
たとえば、銀行や消費者金融で借りる場合、60代、高齢者の人でも特定のある条件を満たす人は、お金を借りることができます。
その一方で、金融機関が定めた審査条件を満たすことができなければ、審査に通過できないので、借入はできません。

では、銀行や消費者のような金融機関でお金を借りるためには、どのような条件を満たす必要があるのでしょうか。
まずは、簡単に年齢別でまとめたいと思います。

60代がお金を借りる場合

結論からいえば、60代の男女がお金を借りるという場合、60代前半で正社員やアルバイト、あるいは賃貸収入など、毎月、まとまった収入が懐に入っている人なら借りることができます。

安定した収入がある人は、返済能力があるということですので、金融機関も快く貸してくれるというわけです。

日本全国、多くの銀行や消費者金融が、貸付条件に60代前半までを入れているので、借りれる可能性はあります。

ただし、やはり、銀行のカードローンやフリーローンは、安定した収入がある30代~50代の男女の借入を想定していることが多いです。

また、大手の消費者金融も、実のところ、アルバイトやパートも借入可能であると謳っているところが多いのですが、その対象となる年齢は20代~40代など、比較的若い人を対象としていることが多いです。

私自身も、大手消費者に60代の方は、お金を借りれるのか訊ねてみたのですが、あまり歓迎する感じのお返事はいただけませんでした。

60代男性、女性がお金を借りるための条件とは

60代というと、2017年の日本社会の中では、まだまだ若いと思いますし、もう、60代は高齢者というくくりは日本の今の価値観には合わないと思いますが、多くの金融機関の借入の制限は、69歳までとしていることが多いです。

70歳や80歳を超えても、まだまだ現役で働いている人がいるなかで、70歳を超える人はお金を貸してもらえない、というのはおかしい気がしますよね。

しかし、60代の方なら、金融機関でお金を借りることができるので、その条件を簡単に記載してみることにしました。

【60代がお金を借りるための条件】

・70歳未満である
・年金をもらっていても、それ以外にアルバイトや家賃収入などの安定した収入がある
・本人確認書類が用意できる(所得証明書が必要な場合もある)
・返済する能力がある

基本的に、60代の方も、20代の方も、お金を借りる場合、必要になる条件は同じです。
なので、↑の条件さえ満たしていれば、カードローンなどの審査に通ることも可能だと考えて良いでしょう。

60代は大手より中堅消費者金融に申し込みした方が良い?

結局、銀行や大手消費者よりも中堅消費者金融に申し込みした方が良いのか? と聞かれれば、それは状況によるかと思います。

中堅の消費者金融も頼りになりますが、やはり、自動契約機の数や提携コンビニATMの数は、銀行や大手消費者金融には敵いません。
また、大手消費者金融には、無利息キャッシングというサービスがあります。
なので、最初は、銀行や大手消費者金融に借入の申し込みをした方が良いかもしれませんね。

ただ、どうしても、今すぐにお金を貸して欲しいという場合は、大手よりも中堅消費者金融にお願いした方が良いと思います。
なぜなら、大手は、きっちりとしたマニュアルに従って審査を行う側面が強く、あまり柔軟性がないという側面も少なからずあるからです。

中堅消費者の場合、そのあたりを臨機応変に対応してくれるため、困ったときも力になってくれる可能性が高いですね。やはり、中堅消費者は、巨大な企業よりも、より親密・密接に私たちと関わっているので、その分、親身になって相談に乗ってくれるためなのだと私は思います。

ただし、中小の消費者金融の中には、悪質な金融業者(いわゆる闇金融と呼ばれる存在)がいるため、良く知りもしない消費者金融にむやみに借りるのはよくないです。
特に、公式のホームページを持っていなかったり、持っていても、『審査なし』とか『無職でも借りれる』とか『多重債務者でも歓迎』とか、このような返済能力を持たない人でも借りれるような広告や宣伝をしている業者は、かなり闇金融の可能性が高いです。
見つけても、危険ですので絶対に借入しないようにしましょう。

当サイトでは、大手だけでなく、安全な中堅消費者金融についても詳しく記載しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

70代がお金を借りる場合

70代の方が、お金を借りることはできるのでしょうか。

それは、現状だと難しいです。
というのも、多くの銀行カードローン、消費者金融の貸付条件の年齢は、69歳まで、というものが多く、審査に通過するかしないか、というよりは、そもそも申し込みをすることができません。

なので、70代の方で、生活費やそのほかの出費でお金に困っているという人は、金融機関でお金を借りるよりは、別の方法を考えてみるのが良いかもしれません。

【70代でお金を借りる方法】

・家族に援助してもらう
・生活保護など国に頼る

一般的に70代は、金融機関はお金を貸すことはあまりありませんから、それでも『融資してもいいよ』と近寄ってくる金融機関は怪しいです。最悪、闇金融である可能性もあるので、借入をしないことをおすすめします。
闇金融から一度でもお金を借りてしまうと、高額の利息を支払わせたり、深夜に自宅に押し掛け、大声で返済を迫ってきたり、家族に利息を支払わせたり、ありとあらゆる嫌がらせをされます。
闇金融にかかわると、大切な家族まで巻き込んでしまう恐れがあるため、決して近づかないようにしましょう。

※SMBCモビットは最短即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いになる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングの利用は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※J.Score(ジェイスコア)の貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です